栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 13日

847) ②大通美術館 「いけばなからのメッセージ  ~颭」 終了・11月25日(火)~11月30日(日)

○ いけばなからのメッセージ Vol.Ⅵ
     ~颭(うごかす)

 会場:大通美術館・全室
    大通西5丁目11・大五ビル
    (南北に走る道路の西側)
    電話(011)231-1071
 会期:2008年11月25日(火)~11月30日(日)
 時間:10:00~19:00
    (最終日は ~18:00まで)

 【参加作家】
 池上理圃 藤谷道代 斎藤道子 増川佳ず子 島田晴風 村中道子 中川和萩 山本美翠 沼部理汀 横井景・・・以上、10名。

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(11・25)

f0126829_11441142.jpg
     ↑:池上理圃

f0126829_11455433.jpg 印刷物を丸めて繋ぎ合わせ、作品の骨組みと形にしたもの。
 全体の構図が「いける」世界を彷彿させる。細かい作業だ。舞い上がるというよりも、しっかりそこにあるという感じ。素材が骨・枝であり、印刷の色が花なのだろう。









f0126829_11551188.jpg
     ↑:島田晴風

f0126829_11563195.jpg
     ↑:藤谷道代

f0126829_11582976.jpg
     ↑:沼部理汀

f0126829_1202143.jpgf0126829_121868.jpg













f0126829_122256.jpgf0126829_124057.jpg














 ↑:横井景


f0126829_1255884.jpg


f0126829_12102745.jpgf0126829_121368.jpg
f0126829_12115167.jpg

 ↑:斎藤道子

 この作品が「いけばな」とどういう関係だかはわからない。強いて言えば大地や壁を這い回っているツタ類で、その形を現代的に「いけた」ということだろうか。そんな理由よりも、何かが部屋の装飾に沿ってにょきにょきと生えて、動きそうなのが新鮮だ。「いけばな」の形や倫理観、精神性にこだわっていないのが良い。個人の感性だけを主張しているのが良い。
 線の細さがこの人の特徴だろうか?隙間(線)から湧出する者達である。


f0126829_1543233.jpg
     ↑:増川佳ず子

 わたすげのような面白い試みだ。増殖する凄みではなく、白く繰り返されるミクロの世界。
 「いけばな」という言葉があるから、どこかひっかかる。普通の美術展だったら手放しで好きなのだが、なぜだろう?「いけばな」の持つ伝統的精神性や美意識を引きずり過ぎている感じ。作者の個という意識が不鮮明だからか?違う場なら、作家の優しさと細やかな作業が、より良く見えると思う。

f0126829_15453072.jpg
     ↑:山本美翠

f0126829_1547599.jpgf0126829_1548512.jpg














f0126829_161398.jpg
     ↑:中川和萩

by sakaidoori | 2008-12-13 16:12 | 大通美術館 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/9891821
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 848) ①HOKUBU記念絵...      846) ①大通美術館 「いけ... >>