栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 12月 01日

827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)

○ 中嶋幸治と國枝エミ
      ALGILLN’NE展 「モーラ」

 会場:テンポラリー・スペース
     北区北16条西5丁目1-8
     (北大斜め通りの東側、隣はテーラー岩澤)
     電話(011)737-5503
 会期:2008年11月18日(火)~11月30日(日)
 休み:月曜日(定休日)
 時間:11:00~19:00
ーーーーーーーーーーーーーー(11・29)

827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)_f0126829_21524285.jpg


 不思議な共作展だ。個と個がいろんな形で融合している。

 融合。
 札幌駅から別方向に帰省する二人は、簡単な約束をして一時の別れを演じた。フイルム9本を買い、
 ①10分毎にシャッターを切る。
 ②ファインダーを覗かずに胸の心臓の位置で撮る。

 約束は守られ二人の絆は強くなったことであろう。その作品化が今展である。
 正面に並べられた150枚以上のプラスチック版、それらには写真が転写されている。その写真は何かを撮るためのものでなく、10分という時間の規則的な感覚、心拍の転写でもある。モーラである。(タイトルの「モーラ」とは音楽用語で、一定の時間的長さをもった音の文節単位とのこと。)同時に約束が成就された喜びの結晶でもある。
 他の作品も二人の作品は平等に並べられている。

 私的な約束事は他者には微笑ましくもある。
 今展の為に二人は議論を重ね、意見を闘ったかもしれない。だが、コンセプトの合意に至るせめぎ合いは微塵も見せる事も無く、淡々と二人の蜜月を見ることになる。

 蜜月ではあるが不確かで不鮮明な作品の姿だ。写真も不鮮明だ。
 だが、二人は点描画(國枝エミ)と線画(中島幸治)という、画家の生理(エネルギー)がストレートに出る画法の持ち主だ。
 あたかも二人のエネルギーを互いに制御し合い、どこまで制御できるか今は制御されることを楽しもう、次は二人の合意で別々の方角に飛んでみよう、とにかく今はエネルギーを蓄えよう、互いを鏡にしよう・・・あえて平等主義を貫いた姿勢に信頼の為の確認を見る。


827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)_f0126829_21543579.jpg

827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)_f0126829_21562437.jpg

827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)_f0126829_21591670.jpg


 プラスチック版には穴が開けられ、遠くのポストの中の切手が見えるようになっている。
 祭壇に供えられたような数千枚の茶封筒ーーそれらには全て中島幸治と國枝エミと連署されているーーたった1枚だけ宛名があり、ポストの切手が貼られることになる。
 緻密な計算とユーモラスな展示構成だ。そして常に押さえ込まれたエネルギーを感じる。冷ややかな部屋の空気と重なりきつい圧迫感もある。軽さときつさ、はみ出ようとするエネルギーと押さえ込もうとするエネルギー。
 茶封筒がぞんざいに積まれてある。プラスチック版も正面は不規則な間隔で直線が並んでいる。それは制御するには不可能な世界であり、その自然な姿に安堵する。

827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)_f0126829_2211048.jpg


827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)_f0126829_2223565.jpg827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)_f0126829_224318.jpg










 國枝エミの点描画をまじまじと見れて良かった。(右側の作品。)カラス口で画かれたものだ。かなり細かい作業で根気と時間が必要だろう。純粋に個展として見てみたい。のた打ち回るような大きな絵も見たいが、それよりも小品でも量多く見てみたい。来年、あるいは再来年お願いします。発散型というよりも丸みを帯びた求心型の作風に思えた。


827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)_f0126829_23282735.jpg
 ↑:中島幸治君の鉄筆による線描画。札幌の地図だろう。
 僕のカメラではいつものように全然判読不明です。
 やはりこういうビシッとした作品が会場になければ寂しい。隠れたバックボーンだ。
 もっとも、白い壁模様が中島君の鉄筆画の世界にダブっていたので、本物の作品は指摘されるまで分からなかった。展示面積は少ないのだが、白壁と板塀の雰囲気が作品と妙な一体感があるのです。
 以下部分図を載せます。ひび割れがしているので作家に聞いてみた。安価な紙を使用しているので、時間と共にこうなったとのことだ。緻密な作業と自然の悪戯、押さえ込まれた人の力とはみ出る自然の力。どこまでも美しい。

827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)_f0126829_23394394.jpg827)テンポラリー 「中嶋&國枝 ALGILLN’NE展『モーラ』」 終了・11月18日(火)~11月30日(日)_f0126829_2341875.jpg












 他の展示物もそれぞれの作品の後ろに地図などをダブらせていて、それらと重ねて見ることになる。非常に見にくくて、鑑賞者の意識を集中させる。そんな焦点を定めさせないような展示作品が殆んどだった。

 どこまでも知的できつくユーモラスな展覧会であった。

by sakaidoori | 2008-12-01 22:04 | テンポラリー


<< 828) 小樽・ダラスペース ...      826) ①アイボリー 「藤谷... >>