栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 09月 16日

759) たぴお 「TEN展 Ⅱ」  9月8日(月)~9月20日(土)

○ TEN展 Ⅱ

 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2条西2丁目・道特会館1F
    (中通り・東向き)
    電話(011)251-6584
 会期:2008年9月8日(月)~9月20日(土)
 休み:14日(日)
 時間:11:00~19:00

 【参加作家】
 阿部啓八 加賀谷智子 工藤エリコ 栗城陽子 佐々木俊二 鈴木悠高 名畑美由紀 西澤宏生 林教司 八木野蓉子
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(9・)

 アンジェで四人展をされている内海さん、コメントに「ボーとしている」とのこと。実は「ボー」としているのは僕の方で、感想記が途絶えがちです。困ったときの「たぴお」頼み、今週の土曜日までのグループ展を語ることにします。

f0126829_912193.jpg
 今展、「悪くはないぜ!」、「なかなか良いぜ」っていう感じです。
 一人一人の作品の質が凄く高いとか、この作品は一押しだっていうのは少ない。作品の関連性も一部を除いて少ない。でもなんていうのかな、グループ展を見る楽しみっていうのは充分あると思う。名々が普段の創作スタイルで出品し、軽く「私を見てよ」と主張し、お隣の作品にバトンタッチをしているだけ。「不ぞろいの大人達」展です。

f0126829_993238.jpg

f0126829_9105993.jpg


 以下、入り口から右回りで個別作品を載せます。

f0126829_9141375.jpg

f0126829_918496.jpgf0126829_9214828.jpg













 ↑:左側、加賀谷智子・、「窓辺の花」。
   右側、栗城陽子、「雫」。

f0126829_9244044.jpg ←:八木野蓉子、「飛散」・(コラージュ)。

 上の3人、画家仲間です。以前にもここのグループ展に参加していましたが、二度目と云うことで場慣れ?しています。中年女性(シツレイ!)の絵に取り組む楽しみが伝わってきます。彼女達の参加は今展に花を添えています。







f0126829_9332715.jpg
 ↑:佐々木俊二。

f0126829_9352381.jpg 今展の出色作品です。
 仮にタイトルをつけるとするならば、「青きテーブル」でしょうか。「1981」と作品には描かれています。現在の佐々木さんのお年は知りません。若き頃のギラギラする思い、嘔吐する思いがキャンバスに染み付いている。





f0126829_9443946.jpg
 ↑:阿部啓八。
 右の作品の方が抜群に好きです。金属板をコラージュしているのですが、啓八流の「箱部屋の男」を連想してしまいます。「俺の体が入る金属箱があればそれでいいのだ。そこでタバコが吸えればそれでいいのだ。光なんていらない。しかし、しかし・・・」阿部さんの独白が聞こえるようです。


f0126829_1072895.jpg
 ↑:林教司、「shirube」。
 「シルベ・標・導」、「道標・墓標」、果たしてどんな言葉が連想されるのだろう。林氏得意の鉄と錆の色、朽ち果てたような正逆の花、沈鬱に人を記憶の迷路に誘う。下の作品、どこか抜ける感じで黄泉への旅の出口に立っているかもしれない。
 口元に薄笑いを残して次の作品を見ることにしよう。


f0126829_10213384.jpg
 ↑:西澤宏生。
 風景と裸婦。林作品とのギャップがたぴおらしい。


f0126829_11215033.jpg

f0126829_10352638.jpg
 ↑:名畑美由紀。
 増殖と反復を右に左に揺れる名畑さんです。あまり「美しさ」に捉われないのが女性としては不思議なところです。

f0126829_10391759.jpg
 ↑:鈴木悠高。
 ご存知の「黄色の鈴木」です。西洋美術史と四つに取り組んでいる。色の明るさとは別に方法としての古風さはありますが、ここの通過が次のドアに至るのでしょう。興味を持って見ています。


f0126829_10461913.jpg
 ↑:工藤エリカ。(貼り絵)
 (すいません。他の写真が失敗していたので、いつもの女房殿の登場になりました。)
 他の作品から切り離されての展示。
 まだ彼女の作品をまとまっては見ていません。いずれ機会があるでしょう。楽しみにしています。

by sakaidoori | 2008-09-16 09:55 |    (たぴお) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/9084049
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< ※ 栄通の案内板  9月(20...      758)カフェ・アンジェ 「8... >>