栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 09月 08日

752) 市民ギャラリー ②「第53回 新道展」 8月27日(水)~9月7日(日)

○ 第53回/2008 新道展

 会場:札幌市民ギャラリー ・全館
     中央区南2条東6丁目
     (北西角地)
     電話(011)271-5471
 会期:2008年8月27日(水)~9月7日(日)
 休み:月曜日(9月1日)
 時間:10:00~17:30(最終日、~16:30まで)
 料金:一般・?円 大学生・?円 高校生・?円

 主催:新北海道美術協会 
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(9・3)

 気になる個別作品を載せます。

f0126829_0332571.jpg
 ↑:鈴木悠高(一般・初出品)、「YELLOW BIG 2008」・油彩 126.1×486.3。
 無料で見れる玄関ホールには2点だけの展示。そのうちの1点。
 新道展という団体の心地良い悩みを見る思いだ。
 出品規定には大きさの制限があると思うが、受賞もしていない作品を5m弱で展示するとは破格の扱いだ。そして、受賞作は全部具象作品だ。この作品は完全抽象作品だ。しかも、描き殴り的表現主義を排している。筆跡も残ってはいない。古風で練達な仕事ぶりだ。だが、黄色の中にこもっている色の世界は若い。「下手であっても意欲的な作品を待ち望む」という新道展にとっては、扱いに窮した作品なのだろう。その戸惑いが受賞を見送り、破格の特大展示になったのでは。


 目を引くなと思われる作品の多くは会友会員推挙や賞を取っていました。この②に記事は現・会友以下の紹介にします。

f0126829_9302552.jpg
 ↑:新道展賞・磯雄法秀(新会員)、「震天」・油彩 F200。
 今回の最高賞です。写真以上に暗くうごめいてぶきみです。迫力があります。海賊船に襲われた世界というイメージで見ました。
 ただ、全体のムードが会員(審査部長)・鈴木秀明に近いものがあるので、この賞をきっかけにして、今以上の「磯野らしさ」が求めらるのでは。


f0126829_9405749.jpg
 ↑:佳作賞・宮本市子(一般)、「ある夢」・ミクストメディア 90×120×3。
 ニンジン?人体?翼?・・・ハート型をあしらった全体像は細くしなやかにのびています。高さ2m70cmという大作です。見上げるだけでただただ眺めてきました。木屑を柔肌のように取り付ける作業に感心しました。


f0126829_955524.jpg
 佳作賞・櫻井亮(新会友)、「空想的社会難民」・アクリル 200×274。
 「難民」とありますから、どうしてもチベットを連想してしまいます。昨年までの回顧調とは違った、絵自体のたくましさを感じました。
 楕円を基調にした縦長の人体、牛はこちらを向き男女は見合っているのでしょうか?空中を横に広がる建物、金箔模様の縦線斜線のからみ、印象深い作品です。


f0126829_12174395.jpg
 ↑:高橋孝(新会員)、「平成20年8月9日、今日」・F100。
 なかなか賑々しくてハッピーな感じのする絵です。何と言ってもセミの抜け殻?が印象的です。
 「8月9日」、どういう意味でしょう?長崎原爆投下日?かぼちゃの生る白砂での生き物達のうごめき合う世界。ことさら思想性は感じませんが、画家の集中力を好ましく思いました。白が生き生きと見えました。


f0126829_12424630.jpg
 ↑:島広子(一般)、「踊(よう)」・F100。
 伸びやかで健康的な明るさが好きです。太い線描もお気に入り。


f0126829_1314545.jpg
 ↑:東原雅樹(一般・帯広)、「平成の妖怪ドモ!」・油彩&アクリル F100。
 「らしさ」があります。決してうまい絵ではないですが、「へたうま」と呼ばれる画家になって欲しい。


f0126829_139160.jpg
 ↑:高田みち子(一般・札幌)、「緑陰」・水彩 F80。
 太い樹の幹、壁のでっぱった部分がこれまた太く縦に伸びている、白色が目に迫る。画面の切り取りといい全体のワイルド感が良い。
 他の風景作品も見てみたい。


f0126829_13172815.jpg
 ↑:戸出麗子(新会友)、「大地に生きる」・油彩 F120。
 何とも残念なのは左手と子供の関係が不自然なのです。絵は嘘だから不自然で構わないのですが、その不自然さが味わいにならなければ。そういう意味では未熟な絵です。が、シンプルな裸体に目一杯取り組んでいる画家を感じて実に好ましくすがすがしい絵です。


f0126829_13263836.jpg
 ↑:左。竹本利郎(一般・札幌)、「乱れ」・油彩 F100。
   右。高橋美千子(一般・恵庭)、「ISU Ⅲ」・油彩 F100。


f0126829_13325696.jpg
 ↑:宮崎亨(新会友)、「道 Ⅰ」・油彩 F100。
 手前の黒があまり大仰にならずに主張している。今回はタイトルもシンプルで分かり易い。
 宮崎さんの場合は理知的な主張(説明)と絵としての主張(瞬間性)の整合性が課題だと思っています。絵になんともいえない不可解性がでればと思っています。



 (③で会友・会員を載せます。

by sakaidoori | 2008-09-08 12:57 | 市民ギャラリー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/8995457
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 高橋 龍弥 at 2008-09-17 12:48 x
こんにちは、会場でお会いした高橋龍弥というものです。妖怪展で、ムカデのステンシルを出展してた者です。「ホームページに感想を書きます」と約束したので、遅くればせながら書かせていただきます。
自分が一番印象に残ったのは、亀井由利さんの「冥い川」という作品です。
会場にいた当時の、自分の気持がそう思わせたのかもしれませんが、糸口の見えない暗い川からなんとかして抜け出そうと、もがき苦しんでいる姿がそのときの自分に重なったって見えて、なんともいえない共感を得ました。
作者がどんな気持ちで描いたのか、それを読み取れたのかはわかりませんが、少なくとも、その時の自分にはそんな風に見えました。
つたない文章で申し訳ないですが、これで感想とさせていただきます。
Commented by sakaidoori at 2008-09-17 15:05
>高橋 龍弥 さんへ

先日は会場で「こんにちは」さんでした。

亀井由利作・「冥い川」、よく覚えています。(本編に③で紹介する予定でしたが、遅れています。)

閉塞状況、なるほど。僕自身はそういうものを踏まえつつ、人生の流れのようなものを感じました。「悶え」と「諦め」と「美しく残したい」、そんな複合的な感じで見ました。川からはみ出た手が印象的でしたね。

それにしても、高橋君の感想を読んだ時に、僕自身が若い情念からいつのまにか遠くに来てしまった、と思い知らされました。

率直な感想、ありがとう。また、意見を聞かせて下さい。
発表の折は連絡下さい。


<< 753) 札信ギャラリー 「川...      751) アバウトの写真 15... >>