栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 08月 21日

737) 市民ギャラリー ②「七月展」 終了・8月13日(水)~8月17日(日)

○ 七月展
    (北海道教育大学札幌校 岩見沢校・学生展)

 会場:札幌市民ギャラリー ・1館全室
     中央区南2条東6丁目
     (北西角地)
     電話(011)271-5471
 会期:2008年8月13日(水)~8月17日(日)
 時間:10:00~18:00(最終日は、~16:00まで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・17)

 ここでは比較的高学年の学生作品を載せます。

f0126829_115971.jpg
 ↑:2年(空間造形)・森本めぐみ、「さよならをいう」・古着 種子。
 先日の紀伊國屋・グループ展と同じテーマです。こちらの方が引き締まっていて好きです。そして、前回は自然光にさらされていましたが、今回は光沢のある黒い床での人口光。やはり、自分自身の過去に「さよならをいう」決意は暗い自室での内省から生まれるものです。いたましくも破られた古着が少女への決別の意思でしょう。
 皿の中の種子は、乳房の乳首に見えてしまう。当然、エロスよりも生命の誕生を小さくても叫びたいのです。微笑ましい!この辺に僕との年齢差、性差を感じます。可愛らしさもありますが、大きく花開いてもらいたい。

f0126829_11534825.jpg
 ↑:4年(油彩)・中里麻沙子、「Beautiful sunday」・油彩 キャンバス。
 写真で見れば緑深き樹林ということが直ぐにわかります。
 しかし、原画の瞬間印象は、分かりにくい抽象画でした。大きな画面にいろんな緑色がのた打ち回っているという感じ。けっして、殴り描きではなく、濃いい緑が画面が深い。
 中里さんは以前にも見ていて知っています。勢いが過ぎて勇み足のところがあり、それはそれで若さだから良いのですが、どういう具合に深めていくのかが気になっていました。今作は技術的なことは分かりませんが、迫力・凄みがあり、気に入った作品です。


f0126829_1291777.jpg
f0126829_12163130.jpg













 ↑:左側、院1年(油彩)・久山春美、「green」。
 さわやかな綺麗な絵です。メルヘン調で色のもこもこ感、線路の円と線が印象的でした。
 
 ↑:右側、2年(油彩画)・三戸唯、「そこから」・油彩。
 ノスタルジックな色合い。どうして若い人が想い出をノスタルジックに描くのかはわかりません。でも、「フフフッ」と微笑んでしまいました。


f0126829_12214076.jpg
f0126829_12234380.jpg










 ↑:4年(油彩画)・白瀬このみ、「やすらぎ」。
 この絵には困っています。
 というのは、写真をブログに貼る為にファイルを開くのですが、その度にこの若い女性の横顔が真っ先に目に入るのです。頭に焼き付いてしまいました。
 自分好みは丸ぽちゃな顔の輪郭の方が好きなのです。見るだけとなると、顎のとがった楚々とした顔に惹かれるのですね。僕の場合は。
 絵は少し古風な感じですが、人物顔に惹かれての紹介です。


f0126829_12364496.jpg
f0126829_12383175.jpg











 ↑:3年(油彩画)・湯田慶子、「Distilled Green」・油彩。
 手前を極端に大きくしているのと、いろんなトリックが関心を呼びました。タイトルは「搾り出された緑」で良いのでしょうか?緑や画面がうねっています。

f0126829_12455325.jpg
 ↑:3年(版画)・舩橋(ふなはし?)渚美子、「色」油彩。


f0126829_12543088.jpg
 ↑:院1年(油彩画)・齊藤由貴、「目覚め」・油彩 キャンバス。
 いつも印象的なムードです。ぼやけた世界に裸婦と青。


f0126829_12583295.jpg
 ↑:院2年(油彩画)・今里東子、「それから、ふと思い出した。」油彩 キャンバス。
 心象風景です。海をピンクとして見る!僕には出来ない。空をピンクに見る。山をピンクに見る。全てをピンクで見る。時々訓練することにしよう。


f0126829_13925.jpgf0126829_13451474.jpg















 ↑:左側、3年(日本画)・須藤陽子、「montsuki」・日本画 紙本彩色。
 教育大学の日本画の伝統は一度は途切れました。関係者が、「これでは遺憾」と思ったのですね。こうして学生の日本画を楽しむことが出来るのです。
 日本画指導は単に日本画を描く人を育てるに止まらないと思う。日本画の持つデザイン性、装飾性、輪郭線の強調、空間感覚は彼らが何らかの美術の指導者になった時には有益でしょう。他の分野の表現者にも刺激を与えるでしょう。それに、日本画を描く人の絶対数が減れば、画材の供給の面でも不便をきたすでしょう。
 と云うわけで、齊藤陽子さん!期待を一身に背負って下さい。

 ↑:右側、3年(油彩画)・高木瑛、「しがらみ」。


f0126829_1348131.jpg
 ↑:4年(油彩画)・門間真貴子、「四十日と四十夜」・ゼラチンシルバープリント。


 だらだらと、記事と作品を載せました。もっと載せたいのですが、今年はこれまでということで。作品掲載は一応関係者の承諾は得ましたが、クレームは個別対応したいと思います。
 それと、目録はしっかりしているのですが、作品のサイズも明記して欲しい。
 それでは。

by sakaidoori | 2008-08-21 14:04 | 市民ギャラリー | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/8883250
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 738)セントラル ③「200...      736) 山の手 「ダム・ダン... >>