栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 08月 19日

735) 時計台 「渡辺和弘・塗装工芸展」 終了・8月11日(月)~8月16日(土)

○ 渡辺和弘・塗装工芸展

 会場:札幌時計台ギャラリー・3階G室
    中央区北1条西3丁目 札幌時計台文化会館
    (仲通り南向き)
    電話(011)241-1831
 会期:2008年8月11日(月)~8月16日(土)
 時間:10:00~18:00 (最終日は~17:00まで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・16)

 1975年 札幌生まれ。
 1997年 北海道教育大学札幌校卒業
         現在、道展会員

f0126829_00365.jpg
 ↑:2007年度制作の大作。
f0126829_012098.jpg
 ↑:2008年度制作の大作。

f0126829_0391.jpg
 ↑:小品群。


f0126829_062327.jpg
 ↑:「悠」・2006年。
f0126829_08617.jpg
 ↑:「征」・2008年。

 赤が眩しい作家です。当然、黒を魅せたい作家だと思います。「塗り」の特徴である色の艶、それは内に閉じ込められているのですが、グイッグイッと後ろから押し出されるようにして輝いています。作家はまだ35歳です。才長けたシャープさや勢いの代わりに、円やかな華やいだ雰囲気を出しています。

 前回紹介した浜口さんは全体の「形」・「量塊」に意を注いでいるみたい。そのボリュームに黒を基調にして少ない色が装飾性を高めているのでは。
 渡辺さんは自分自身の内側のな美を、一枚一枚表面を削ぎ落として表に出そうという感じ。華やかですが驕り高ぶらずに、リズミカルに進もうという感じです。


 以下、小品。切り絵のようです。

f0126829_1341964.jpgf0126829_13423061.jpg












 ↑:「胡蝶 Ⅰ・Ⅱ」・2007年。


f0126829_1344293.jpgf0126829_13471171.jpg












 ↑:左から、「跳」・2006年。「醒」・2006年。


f0126829_13493737.jpg →:「積」・2006年。


 

by sakaidoori | 2008-08-19 23:54 |    (時計台)


<< 736) 山の手 「ダム・ダン...      734) 時計台 「浜口秀樹・... >>