栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 08月 10日

720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)

○ 中原宣孝(のぶたか)・展 2008
   上階にて同時開催:「ミナオ展 2008」(中原美奈)

 会場:ギャラリー・門馬 
     中央区旭ヶ丘2丁目3-38・(バス停旭ヶ丘高校前近く) 
     電話(011)562ー1055
 日程:2008年8月1日(金)~8月7日(木)
 休み:日曜日
 時間:11:00~19:00
    (最終日は~19:00まで)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・7)

720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_2314974.jpg

720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_2332447.jpg


 象徴的な平面背景の中で、女性をリアルに細密に描いた世界です。
 描かれた女性像に生身の女を超えたものを感じた人が多かったことでしょう。その「美」に感応したり、「象徴」に思いをはせたり、あるいは作家の細密にこだわる執着力に「描くということはどういうことなのか?」と驚く人もいるでしょう。

 僕が一番感心したのは、女性の皮膚の描写が一定でないことです。悩んだ結果というよりも、自分の表現の可能性を確かめようとしているみたいです。
 
 「美、そのものの探究者」と、この画家を呼べるかもしれない。一方で今展の女性は美しいがエロスが控えめです。裸婦がなくて、強い白黒表現を避けて色自体を楽しんでいる感じです。なぜだか、あごが上向きで、どこか挑発的です。女性をあまり象徴的に描こうとしていないからでしょうか?男一般が安易に抱いている女性の美や象徴性を、現時点では過度に表現することを拒んでいるみたいです。

 作家の表現したい「美」や「エロス」や「象徴性」というものが、一方向に定まらずに螺旋的に上昇している感じで、そん辺が僕は感心して中原・美学を楽しんだ。

 ところで、作家は寡作家だと思う。そのことは悪いことではないのですが、絵の愛好家としては何とも寂しい。大作の個展を毎年とはいいません。それは4年毎でも構わない。今展で出品した鉛筆の小品や版画などを適当な間隔で出品して欲しい。たとえ小品でも定期的に目に収めておくと、大作を見た時の印象が随分と違うと思う。新たな発見や気付きがあると思う。是非是非、お願いします。

720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_2324582.jpg
720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_2326388.jpg















 ↑:「私たちがいつかみた空のように」・1940×1303 油彩、日本画顔料。


720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_23303936.jpg
720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_2332775.jpg















 ↑:「私たちのつよさについて」・同上。


720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_23415052.jpg
720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_23434141.jpg















 ↑:「オルフェイスの忘れ物」・同上。


720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_2346830.jpg
720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_2348734.jpg















 ↑:「私たちをささえているものについて」・同上。


720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_23504665.jpg














720) 門馬 ①「『中原宣孝展 2008』 & 『ミナオ展 2008』」 終了・8月1日(金)~8月7日(木)_f0126829_23541767.jpg

 ↑→:「私たちにとっての天動説について」・1303×1303 同上。



 タイトルはやさしい言葉ですが哲学的で暗示的な響きがあります。サインは背景の模様の一部を構成したりしています。装飾的でもある。遊び心と同時に普通とは逆の意味で固いメッセージを感じました。


 小品と2階の奥さんの微笑ましいイラスト絵画は②に続く。

by sakaidoori | 2008-08-10 23:33 | 門馬・ANNEX


<< 721) 門馬 ②「『中原宣孝...      719) 市民ギャラリー 「第... >>