栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 08月 04日

712) 画家のアトリエ 「第6回 富樫正雄・アトリエ展」 7月30日(水)~8月6日(水)

○ 2008年 第6回  富樫正雄・アトリエ展
    ー山の見える風景ー

 会場:富樫正雄アトリエ・ギャラリー
     手稲区富丘2条7丁目2-13  
     (JR手稲駅より徒歩約10分・国道5号線沿いのバス停より徒歩約3分。)
     電話(694)4218  担当・富樫耕
 会期:2008年7月30日(水)~8月6日(水)
 時間:10:00~17:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(8・1)

f0126829_10224055.jpg

f0126829_10235240.jpg


f0126829_1026722.jpg

f0126829_10273175.jpg

f0126829_1030036.jpg


 富樫正雄(1913~1990 享年78歳)

 富樫アトリエには3回目の訪問。
 それはいつも暑い時期だ。夏らしいどしゃ降りの日もあれば、光燦々とまばゆく目を刺す日もあった。見終わった後で、テントの下で親族の方と絵のことや、それにまつわる思いでの団らん、別次元の時の流れを感じる。
 絵を交えての会話、不思議な物だ。画家・富樫正雄氏とは一面識もなく、その作品を知ったのも6年ほど前というのに、既に氏は亡くなられて幾歳月が過ぎているというのに。

 僕は絶筆に代表される晩年の作品が好きだ。
 点描のように筆を粗く押し当てて色を重ねていく。光の通る空を空気をその手法で埋めていく。そこに葉の付いていない枝がせわしげに伸びていく。それは老人の肉体のように、生きる上での一切の無駄を削ぎ落としたような姿だ。この枝振りと、粗いタッチの空気が呼応しあっている。画布は平面なのだ。なのにその粗いタッチの重なりの隙間に枝の末端が入り込み、裏の影を作り、深みと立体を呈して僕の眼に飛び込む。
 枝の先々、枝が空気と触れる瞬間に画家は言い知れぬ「何か」を見出したのだろうか?生きとし生きるものへの賛歌かもしれない。全ての物への畏敬かもしれない。

 僕はただただ、その何の変哲も無い枝振りが空気と触れる瞬間の震えにいつも驚く。

f0126829_11172315.jpg

f0126829_11185296.jpg



 今展は「山」がテーマですが、厳密には「山とその周辺展」と言えましょう。作品は小中品が中心です。縦長の狭い会場ですから、手ごろな大きさの展示だと思います。
 古い作品もありますが、晩年の作品の比率が高い。おそらく所蔵作品の都合上だと思います。全部を「山」で埋めれなかったのも同じ理由だと思います。
 ところが、僕個人にとっては実に都合の良い展示なのです。上掲の作品群、全てこれ僕好みの羅列ですからたまりません。始めの文章に「葉のない樹」のことを書きましたが、葉があってもなくても同じ文意です。

f0126829_11311378.jpg
 ↑:「昼下がりの栗の木」・1988年11月制作(75歳)。

f0126829_11361122.jpg
 ↑:「栗の木の秋」・1988年制作(75歳)。


 展示後半ばかりを紹介してしまいました。失礼。前半部分の作品です。

f0126829_11404051.jpg
 ↑:「コスモスのゆれる富丘」・1984年制作(70歳)。
 右側後方に緑に見える部分は暑寒別の産軍です。

f0126829_11461817.jpg
 ↑:「秋、富丘の夕映え」・1984年制作(70歳)。

f0126829_1149258.jpg
 ↑:「石狩」・1962年制作(48歳)。


f0126829_1151289.jpg


 
f0126829_1153587.jpg
 ↑:付近から北の風景。
 昇り勾配の向こうには手稲山が見えます。この近辺が丘であること、手稲山が目と鼻の先なのがよく分かります。今はビルの合間から顔を覗かしています。


f0126829_1157594.jpg

by sakaidoori | 2008-08-04 10:51 | 富樫アトリエ | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/8769619
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 713) 挨拶・暑中お見舞い申...      711) 夕張市美術館 ③「夕... >>