栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 14日

658) たぴお 「小沢安博・個展  ーなつかしき情景・子供の四季ー」 6月9日(月)~6月14日(土)

○ 小沢安博・個展
     ーなつかしき情景ー
       子供の四季

 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2西2・道特会館1F (中通り・東向き)
    電話(011)251-6584
 会期:2008年6月9日(月)~6月14日(土)
 時間:11:00~18:00

 ※ オープニング・パーティー:6月8日(月)、18:00~
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(6・13)

 (写真をクリックして下さい。大きくなります。)

 小沢さんは言葉の本当の意味での素人です。絵を描いて、こうして発表しているのですから、「画家」と呼称しても間違いないのですが、「絵の好きなオジさん」、あるいは「絵を描くときだけの絵描きさん」と呼んだほうが正しいでしょう。そして、「栄通記」への感想記の実現も、ここ「たぴお」での個展だから実現したと思います。そのことを、とても嬉しく思っています。「たぴおー小沢安博とその作品ー栄通・丸島」この三角関係に何とも言えない笑みがこみ上げてきます。


658) たぴお 「小沢安博・個展  ーなつかしき情景・子供の四季ー」 6月9日(月)~6月14日(土)_f0126829_1273517.jpg


658) たぴお 「小沢安博・個展  ーなつかしき情景・子供の四季ー」 6月9日(月)~6月14日(土)_f0126829_1285957.jpg658) たぴお 「小沢安博・個展  ーなつかしき情景・子供の四季ー」 6月9日(月)~6月14日(土)_f0126829_12101184.jpg











658) たぴお 「小沢安博・個展  ーなつかしき情景・子供の四季ー」 6月9日(月)~6月14日(土)_f0126829_12115356.jpg658) たぴお 「小沢安博・個展  ーなつかしき情景・子供の四季ー」 6月9日(月)~6月14日(土)_f0126829_12132024.jpg











 小沢さんは由仁町の出身。そこで長く生活し、18歳で現在お住まいの室蘭に移住されました。おそらく、就職の関係だと思います。
 今展の絵を描き始めたのは30歳台だそうです。子供の頃から落書きや絵を描くのが好きだったので、おそらく何となく小さい頃の思い出を意味も無く描き始めたのでしょう、以来20数年、およそ400枚ほど描き貯めたそうです。
 上手くなろうとか、記録として残しておきたいとか、日記のように描き続けようとか、誰かに見せたいとか、そんな気持ちは全然なくて、余暇に楽しみの一つとして自然に生活化していったのでしょう。保存もかなりいい加減で、描いた日にちも記していないので、さっぱり分かりません。作品がファイルされていたので、目を通しましたが、全体を大きく描くとか、背景を塗りつぶすとか、全体の流れはやはりあります。でも、制作順に並んでいるわけでないので、想像の域をでません。
 展示もかなりファージーな順番です。四季に分かれているわけで無し、画題にも、色としての配置にもそんなに気を配っていません。大半の作品は小学生の低学年で、小沢さんの頭の中では、その頃のことがランダムに記憶の箱にしまいこまれていて、適当に引き出しを開けては絵を描き続けているのでしょう。

 私の妻は60歳で上川支庁・風連町(現・名寄市)の農家の育ち、小沢さんは58歳で由仁町という田舎育ちで4kmの通学距離、私は56歳で南の炭住出身。「風景」に共感し、「おもちゃ」に会話し、「テレビ」にその頃のことを懐かしむ。小沢さんにとってテレビとは「プロレス」とのこと、僕の場合は集会所で放映していた「相撲」だ。

658) たぴお 「小沢安博・個展  ーなつかしき情景・子供の四季ー」 6月9日(月)~6月14日(土)_f0126829_13403284.jpg 一枚一枚の作品は決して上手ではありません。自分の少年時代のことを倦まずたゆまず描き続け、ヒョンなことがきっかけになってお目見えされた作品達。
 右の作品は吹雪の通学風景。今振り返れば楽しい思い出だが、よくも歩いたものだと、小さい体をくねらせながら、方言交じりに楽しく語っていた。




658) たぴお 「小沢安博・個展  ーなつかしき情景・子供の四季ー」 6月9日(月)~6月14日(土)_f0126829_13543086.jpg


by sakaidoori | 2008-06-14 13:55 | たぴお


<< 659) 登山とベニ(バナ)ヤ...      657) アトリエ・ユー(ケー... >>