栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 13日

654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土)

○ SATOH YUKA(サトウ・ユカ)個展
     Yura/maman ・私を包むもの・

 会場:ギャラリーたぴお
    中央区北2西2・道特会館1F (中通り・東向き)
    電話(011)251-6584
 会期:2008年6月2日(月)~6月7日(土)
 時間:11:00~19:00

 ※オープニング・パーティー&ライブ
  6月2日 18:00~、
  太田ヒロ・ライブ→19:00~ 
ーーーーーーーーーーーーーーーー(6・7)

654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_0552282.jpg

654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_0574938.jpg

654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_0593158.jpg654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_115357.jpg











 とても勇気のある個展と思う。
 極端な言い方をすると、一冊の絵付き詩集、あるいは大人の絵本を見せる為だけの個展なのです。部屋を暗くして、中央のスポットライトに照らされた部分で本をめくって作品を見る、それだけなのです。

 30枚弱のバックの物語、言葉から生まれたyuraのイラスト風のバックの絵に散文詩が添えてあります。女の子っぽいバックの絵と三十路の女の歯切れ良い言葉書きです。絵も詩も、凄く上手いとかいうものではありません。暗がりの中で、立ったままで一枚一枚めくって読み進めていくと、書き手の決意とか、夢とか、日々の生活の中で、バックを友にしての語らいの世界が等身大に感じてきて、自然に読み進むことが出来るのです。読んでいる人や、他の人の影を見ていると一人でここにいるのではないのだと、妙な安心感を持ってしまいます。

 ポップな等身大の自己表現です。慈しみたくなるような、愛らしい個展です。腕白バックの絵が、なぜだか忘れがたくなって、もう一度見たくなります。すると、ボーイッシュな三十路の女の決意を再び読むことになるのです。

 壁面にはyuraのキャッチフレーズのようなキャラクター作品が、ほんの少し飾られています。彼女は定期的に発表したいと語っていた。次はこのキャラクターの物語が始まるかもしれない。

 四隅にはやはり光に当たって、スクラップ写真集や手帳がが添えてある。


 決して、個々の作品の質は高いとは思わない。
 ひとつの自己表現だ。見る人と作品の共有の場を、光と影に助けられて作っていた。
 勇気のある個展だ。


654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_14917.jpg

654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_1513577.jpg

654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_1495657.jpg

654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_1544294.jpg


654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_1571643.jpg654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_1583269.jpg











654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_202811.jpg



654) たぴお 「SATOH YUKA個展 私を包むもの」 6月2日(月)~6月7日(土) _f0126829_215242.jpg

by sakaidoori | 2008-06-13 01:31 |    (たぴお)


<< 655) 芸森 ②「ホールの富...      653) 芸森 ①「屋外作品ー... >>