栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 06月 08日

650) 市民ギャラリー 「第26回 一線美術協会北海道支部展(一部)」 終了・5月14日(水)~5月18日(日)

○ 第26回 一線美術協会北海道支部展(絵画)

 会場:札幌市民ギャラリー 
     中央区南2東6(北西角地)
     電話(011)271-5471
 会期:2008年5月14日(水)~5月18日(日)
 時間:10:00?~17:00?(最終日は~16:00迄)
ーーーーーーーーーーーーーーーー(5・18)

 作品の写真掲載許可も頂かなかったので、川上直樹作品で考えたことと、竹津昇作品の写真の紹介だけにします。


f0126829_17162913.jpg


f0126829_17192231.jpg
 ↑:川上直樹、左から「風韻の碑」、「柘榴と燈明」、「星置川の堆雪」。

f0126829_17213450.jpg
 ↑:「風韻の碑」

 川上直樹は一昨年から道展の公募作品の為に大作を描いている。一昨年の出品作が「星置川の堆雪」で、昨年は上の「風韻の碑」。残念だが共に落選した。新たな発表の機会と研鑽・交流の場として、この全国公募団体の一線美術協会を選んだようだ。

 「風韻の碑」、本人のブログ写真で概容を知ってはいるが、初見だ。
 その時の印象は風景の立体表現を避け、意図的に平面化すること、そして水辺(小樽運河?)に写るという表現で、それはマチエール(画質)の深みにも支えられているのだが、絵の深みや精神性を表現しているのではと理解した。

 画質感はそれほどでもない。当然、深い精神性は実現されていない。むしろ、この絵の魅力は、個々の表現、全体を包むムードが何とも言えない可笑しさやヒューマニティーが感じられることだ。それは作家が意図したものではないだろう。あまりにタイトルの緊張感とは反しているから。

 中品の「柘榴と燈明」など、昨年来見てきた中品はやや誇張気味なところはあるが、静寂の中での精神性を求めていたと思う。その密度のままに大きな作品を作ることは至難だから、小物の配置、全体の構成や色のバランス、線の力などを借りながら、深みのある世界を使っていかなければならないだろう。
 ところが、この大きな絵になると、川上直樹自身の性格が正直に出ているような気がする。師の理知的な緊張ある空間を自己のものにすべき闘っているかもしれないが、でてきたものは相反したものになっている。
 この絵には静かな物語が詰まっている。小人達が群れて語らいながら、箒に向かっているようだ。水面にはひょっこりと波を立たせて尻尾が出てきそう。ギギギーと、戸が半開きして、汚れた顔の少年が覗きかけている。慈愛ということばは誇張かもしれないが、ヒューマニティーを感じる。
 緊張感よりも、静かな可笑しさに満ちた絵だ。描きたいことよりも、川上直樹自身が素直にでてきた世界だ。
 「描きたい事」は技量不足によって出てこなかったのか?願望が過ぎて出てこなかったのか?僕にはこの絵は魅力的だ。


f0126829_2014446.jpg
 ↑:竹津昇

f0126829_20153017.jpg
 ↑:「窓の風景」

f0126829_2062022.jpg
 ↑:「彼の領分」

f0126829_201678.jpg
 ↑:「納屋の中」


 毎年スペインに絵画取材に行かれる竹津さんです。今年はあいにくのパス。自分ごとのように残念です。今回は写真だけです。今後も、出品の折にはコメントはともかくとして、写真だけは載せるつもりです。

by sakaidoori | 2008-06-08 20:13 | 市民ギャラリー | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/8326736
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kotendesky at 2008-06-09 21:25
栄通さんこんばんは。
友人としては意図しない解説ですねえ。
すこしはほめてくれても良いぞ。
まあ、去年の個人的状況では良く自分で投げ出さなかったと思いましたねえ。
長くやっているとこういうこともあるでしょう。
だから、低級な作品で良いというモンでもないけれど、絵を描かない人はおそらく深い部分は分からないと思います。
非難しているわけではないですが、作家でなければ理解できない、作家としての『その時』の限界が見えるわけです。
時間がなかったのだな。カネがなかったのだな。迷いがあるのだな。というようなことが手に取るように伝わってくる。それが作家同士の理解度だと思うのです。
もちろん内輪だけで理解していれば良いというものでもありませんが…

あ、道展はまだ続けますよ。ただ中央の公募展の作家評価とねじれ現象が起きているということは言えます。

Commented by sakaidoori at 2008-06-09 22:09
> kotendeskyさんへ

 全くの勘違いです。低級などと思っていません。僕はあの絵が好きです。作家が伝えたかったことが理解したかといわれれば、なんとも言えません。僕の理解度は静かな暖かみのある絵だということです。子供や小人達が静かな夕闇の中で、遊び始めるように感じたのです。それは、作家の意図したことではないのかもしれないなー、と思ったのです。それが、作家の意図とは別ににじみ出てきたこの絵の魅力だと思っているのです。

絵の描かない人間に絵の理解度は分からない、きっとそうでしょう。それに関しては何も言うことはありません。

以前、ある展覧会を意を尽くして書いたことがあります。その時、言いたいこととは全く逆に受け取られました。今回も、表現の拙さで誤解を与えたかもしれません。失礼しました。僕自身はこの絵は好きです。
Commented by kotendesky at 2008-06-09 23:21
昨年は、自分で言うのも何ですが駄目だったなあと思いますよ。
結局、30号作家というところかなあ。
自分の特質というか自分らしさを表現しきれなかった。
だから川上らしさと言う点ではクエスチョンなわけです。
本当はね、からくり時計のような意外性のあるものが内包されている
絵の方が自分らしいと思われているのかも知れませんが、
本人としては真髄をとらえられていないという反省点にもなるわけです。
見る人がみんな作家ではありませんから、鑑賞者の心に届くような面も備えていなければならないのでしょうが、そんなことは作家は考えていませんねえ(笑)。
多かれ少なかれ傲慢で鼻持ちならない人種というのが作家だと思います。
今後も、栄通さんと僕とは本音で言い合いましょう。

話は変わりますが、ギャラリー山の手の湯淺美恵展は今日搬入でしたが必見です。僕はまだ観ていません。観たい! 30日まで。
Commented by sakaidoori at 2008-06-10 13:07
>kotendeskyさんへ

 連続のコメント、どうもです。

>多かれ少なかれ傲慢で鼻持ちならない人種というのが作家だと思います。
 ↑
 そういう気持ちがないと、絵とか、活動を続けていくのは大変だと思っています。その人の持っている非日常的・非社会的な何かがエネルギーになっていると思うのです。


 湯浅美恵・展、DMが手に入らなくて「案内板」に載せないままになっています。30日までですね。期間が長いと、勘違いしてしまって、会期終了という経験が多々あります。早めに行きます。


 大いに語り合いましょう。今後とも、何かと宜しくお願いします!





<< 651) STVエントランス・...      649) 門馬 ③「上條陽子・... >>