栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 05月 28日

632) 時計台 ③「第23回 北の日本画展」 5月26日(月)~5月31日(土)

○ 第23回 北の日本画展  C~G室
○ 第2回 企画展  A・B室
     「日本画、ニホンガ?にほんが。」

 会場:時計台ギャラリー  2・3階全室
    中央区北1西3 札幌時計台文化会館・(中通り南向き)
    電話(011)241-1831
 会期:2008年5月26日(月)~5月31日(土)
 時間:10:00~18:00 (最終日17:00迄)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

f0126829_23264412.jpg
 ↑:中野邦昭、「?」。


f0126829_23284428.jpg
f0126829_23321624.jpg














 ↑:左から、古瀬真弓・「待つ」、笠嶋咲好・「遠雷」。


f0126829_2338687.jpg
 ↑:千葉晃世・「冬」。
 組み木の詰め合わせかと思った。面白い試みだと思う。

f0126829_23522466.jpgf0126829_23434160.jpg















 ↑左から、百野道子・「leaf shower」、駒澤千波・「夏至」。
 百野さんと会場で多くを喋った。大半は彼女に対する将来の期待と、今展の不満だ。
 彼女の学生時代(教育大学)は、若者をやや暗めの画面にリアルに描いていた。描写力は優れていて、やや描き込みすぎは少しオーバーなのだが、かえって若者の悩みを伝えていて好感が持たれた。最近は色に目覚めたというのか、明るい中での女性を多く描いている。そして背景はあまり描かない。きっと画面(画布)から何かを立ち上げたいという動機だからと思う。
 そういう気持ちが今作では葉の乱舞になっているのだろう。だが、安易な伝統的美の表現、花鳥風月と似た結果になっている。人物もそうだが、パターン化してきて面白くない。いや、背景や人物の安易さも不満なのだが、それ以上に絵に対するチャレンジ精神の不足なのが一番の不満だ。最近の作品は、何かをつかむ為の過渡期だと思う。それに、僕の百野道子に対する期待は彼女自身の方向性と一致していないかもしれない。お門違いの願望を彼女に求め過ぎているのかもしれない。
 彼女は描写力もある。色もこなせる。だから、ついそこそこの所で落ち着く、自分の力量の範囲内で悶えている。20歳代は今しかない。今しかできないあっぱれな失敗作を見てみたい。

 
f0126829_9381732.jpg
 ↑:佐久間敏夫・「椿」。


f0126829_9402694.jpg
 ↑:小林文夫・「夜明け」。

by sakaidoori | 2008-05-28 23:34 |    (時計台) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/8224724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 631) 時計台 ②「第23回...      630)時計台 ①「第23回 ... >>