栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 20日

610)モエレ沼公園 「ウリュウ ユウキ写真展  chapter2ーそして春は」  終了・4月20日(日)

○ ウリュウ ユウキ写真展・「春を迎えに行く」
     chapter2ーそして春は  

 会場:モエレ沼公園・ガラスのピラミッド内2階・アトリウム2
   東区モエレ沼公園1-1
   電話(011)790-1231
 会期:2008年4月20日(日)
 時間:13:00~17:00
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(4・20)

 半日限りの写真展。
 その中に公開展示風景と、公開撤去風景も入っている。階段状ではあるが単に写真を並べた風変わりの写真展ともいえるし、展示過程を公開するという意味ではパフォーマンス展ともいえるし、この日この時間の一回限りという意味ではインスタレーションともいえる。
 定義は定義として、好天に恵まれ初夏のような雰囲気、多くのお客さんに恵まれ、充実した展示会だったと思う。
 開始から1時間程いたので、紹介と雑感です。

f0126829_22282618.jpgf0126829_22292784.jpg










f0126829_22372810.jpg


f0126829_22342875.jpgf0126829_10362153.jpg










 先日まで琴似のカヘェバー「ラジオ&レコード」の展示会作品と、未発表を合わせた30点ほどの展示会。あらかじめシュミレーションしているはずだから、展示は順調にすすみ30分ほどで終わった。準備していたとはいっても、ウリュウ君は汗をかきかき、相当緊張していた。

 被写体はモノクロで雪と雪景色がほとんどだ。
 会場には撮影者の言葉があった。それには信州生まれということ、新潟育ちということ、東京に少し住んだが雪がなくて寂しかったこと、札幌に住んで北国の雪に会えたこと、その白い景色は春を迎える雪(冬)だと謳っていた。
 今日の天気は春真っ盛りで、光が燦々と作品に当たっていた。冬を懐かしむ感じの作品展にもなっていた。その分、普段の展示会とは違った、雪への撮影者の暖かい声が聞こえてきそうだった。

 階段状に作品が置かれているから、なんとも手にとって作品に接する感じで見ることになる。
 雪のある風景の空気感、それが表現の大きな柱だと思う。雪と背景、雪と物との関係で表現されたり、直線に区切られた窓からの覗きとして表現されたりする。雪景色全体のボリューム感や、表面の雪質感にどことなく人間臭い暖かさを保っている。
 雪の表面だけを撮った作品が多数あった。空気感や質感を超えて、雪(対象)そのものに迫ろうとしている。線の構成美やロマンとは一線を画した、強い撮影者の「目」を感じた。撮影者自身のストレートな主張ともとれる。今までとは違った新鮮な驚きだった。


f0126829_2317097.jpg
 ↑:単作としては最も愛情溢れる作品だと思う。人間を撮っているからだろうが、寒い冬なのに雪質感と人の歩みが辺りの風景の密度に変化を与えている。

f0126829_23215452.jpgf0126829_23225996.jpg










 ↑:僕はウリュウ作品の直線的構図に惹かれる。右の電信柱、左の作品と一緒になって見るのが良い。どこが良いかというと・・・。

f0126829_2327858.jpgf0126829_23292671.jpg 















f0126829_23304222.jpg


 鑑賞の後にモエレ山に登った。沢山の人がいた。ウリュウ君の展示会場のピラミッドの館を眺めた。不思議なものだ。たかだかそこには30枚ほどの写真が並べているだけなのだ。なのに、作品達の真ん中にウリュウ君が真っ直ぐに立っていて、その彼が作品を睨み返している様子が想像される。
 藤谷康晴ドローイングに、ウリュウ ユウキは触発されての展示会だ。藤谷君はエネルギーを会場の窪んだところに充満させて、爆発点を見つけるようにもがいていた。ウリュウ君はその目が作品に注ぎ、館のガラスを真っ直ぐに突き抜けてモエレ山の僕をも睨みながら微笑んでいるようだった。
 それは春の陽気の妄想のような一時だった。

by sakaidoori | 2008-04-20 22:34 | ☆モエレ沼公園 | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/7887911
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 肖像権まで侵害された写真家 at 2008-04-24 22:16 x
当ブログへの閉鎖命令です。4月20日モエレ沼の展示の写真に私が写されています。心の底から腹が立ちます。肖像権も著作権も知らない当ブログ主は写真を撮る資格もブログをやる資格もありません。私は激怒しています。即刻閉鎖しなさい。これは命令です。
Commented by sakaidoori at 2008-04-25 00:14
>肖像権まで侵害された写真家さんへ

 小さく写っていましたね。失礼しました。削除しました。
Commented by まりも at 2008-04-27 18:08 x
写されているっていうか…写っていたって事ですよね。
「私が写されている」という日本語も微妙にヘンな気が…「撮られている」の方が良いと思いました(笑)
こんな事で激怒するのは何で?よほど後ろめたい事があるのか、よっぽど有名な方なんでしょうかね。イヤなら直接メールすればいいと思いますし、命令ですって書き方も、嫌な感じ…ここぞとばかりに正義を振りかざして断罪しようとする姿勢がわざとらしい、というかイヤらしい。
こういう過剰な人は、あっさりかわすのが1番でしょうね。
Commented by sakaidoori at 2008-04-28 11:05
>まりも さんへ

 コメント、有難うございます。

 もう少し穏当な言葉で指摘していただけるといいのですけどね。残念ですが、仕方がありません。

 命令されましたが、もう少しブログは続けようと思っています。今後ともよろしくお願いします。コメント、本当に有難うございました。
Commented by まりも at 2008-04-28 12:31 x
ブログは継続しなさい。これは命令です(笑)

↑スミマセン…ちょっとやりすぎですね。

補足として

やはり
「写真に私が写っている」
「私が撮られている」        
が良いと思います。文脈が不自然だと、全体的な信憑性に欠ける事になりますね。あ、でも激怒した為に、客観性に欠けたんでしょうか。どんな時も冷静さを持つ事は大事だと感じました。

何度もスミマセン…これからもブログ楽しみにしています。
Commented by sakaidoori at 2008-04-28 15:44
>まりも さんへ

 再度のコメント、どうもどうもです。
 こういう命令には頬が緩んでしまいます。気になる記事がありましたら、時々遊びに来て下さい。
Commented by sorami at 2008-04-29 00:07 x
お越し下さいまして、そしてレビューをありがとうございました!
期せずして20℃に届かんとする陽射しの中での開催となりましたが、それ故に、通り過ぎてきたこの冬、そして私たちが迎えに行ったこの春というものを、私自身よりはっきりと感じることができましたし、見てくださった皆さまにもその感覚をおすそわけできたかな、と思っているところです。

この空間から、私は何度も刺激をもらってきました。その空間でこうして展示できたこと、そして密度の濃い4時間を作れたことを誇りに、これからも作り続けていきます。
Commented by sakaidoori at 2008-04-29 17:08
> sorami さんへ

 いつも快く写真掲載の許可、有難うございます。
 こんな写真展もあるのだなー、と感心しました。「見せる写真展」の可能性を、これからも期待しています。

 次は「ウリュウ ユウキ 個展『南11条西13丁目停留所』」(会場:プラハ・ツー+ディープ・サッポロ 内1階『9J』、会期:公開制作=4月23日(水)〜5月22日(木)、本展=5月23日(金)〜25日(日) 11:00〜19:00)ですね。この会場の特徴である、公開制作ですね。写真展でのこの方法が興味をそそります。




<< 611)市民ギャラリー ④「’...      609) 定山渓・夕日岳(594m) >>