栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 01日

583)CAI②「CAIアートワークス12期生卒業制作展」 終了・3月23日(日)~3月29日(土)

○ CAIアートワークス12期生卒業制作展

 会場:CAI現代研究所
     中央区北1条西28丁目2-5・(中小路・東側)
     電話(011)643-2404
 会期:2008年3月23日(日)~3月29日(土)
 時間:13:00~19:00 

 【出品予定作家】
 秋田英貴 石倉美萌菜 haruka 泉尚子 今島花恵 加集麻奈美 柏倉一統 喜多香織 工藤航 國枝絵美 小林由佳 齋藤傑 (竹澤伸一) 内藤日奈 中嶋幸治 (古田知里) まつおなおみ 丸山悠 横山亜季 吉田千草 米森ヒデキ ワタナベカズミ・・・以上、20名出品。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(3・28)

f0126829_21183444.jpg
 ↑:小林由佳、「2008.3.13」(映像は柏倉一統)。
 コメントを頂いた小林さんの写真作品。
 かなりのセルフ・ポートレイトとおぼしき写真が下の方に貼られている。彼女の「栄通記」のコメントで分かったのだが、それらの写真は友人達との写真の撮り合いっこだった。

 「撮り合い」それは行為や交換のパフォーマンスでもあり、一回性という場のエネルギーやリアリティーを一瞬に取り込むことでもあろう。それらの展示の方法によって、作家の意識無意識の意図が反映される。
 写真は若き女性の笑顔が中心で微笑ましい。「撮り合い」という方法は、結果的には発表者自身の「顔」がかなりを占めることになる。「版」とは違った間接的方法で自己の表情を晒すことになる。「自分自身を見る自分の顔」、「他人が見る自分の顔」、「見られることを意識した自分の顔」、「演技としての顔」、「それらが記録として残る自分の顔」・・・自分自分自分・・・顔顔顔・・・(果てしなく続く永久循環運動)・・・・自分自分自分・・・顔顔顔・・・。
 笑顔に満ちた発表者の顔を見ることが、どれだけ見る側に「見るー見られる」という枠を揺さぶることが出来たか、そんなことを考えた。

f0126829_23332495.jpg
 ↑:CHIGU(吉田千草)、「内側」。
 絵画です。あまりにオーソッドクスなのでアピール感は少ないのですが、色合い、形のリズム感やおかしさと魅力的なところがあります。書き溜めて、まとめて発表したのを見たいです。

f0126829_21513783.jpg
 ↑:國枝絵美、「aluhi aluhi aluhi・・・」
 次の米森君の作品が並んでいたので、妙に落ち着いて見えました。

f0126829_21561283.jpg
 ↑:米森ヒデキ。(特にタイトルは無し。)
 アクリル絵画でしょうか?土に還るユーモア画といった感じです。作品の良し悪しというのではなくて、全体のムードから浮いた感じが却って良かったです。

f0126829_2215742.jpg
 ↑:泉尚子、「絶望の虚妄なること まさに希望に相同じい」
 実に難しいタイトルです。何かの借り物でしょうか?作品は実にシンプルです。誰かを人形に託して呪い殺そうとしているのでしょうか?それにしてもテンポラリーでシンプルな「風」や「自然」の擬似再現をしていた同じ作家とは思えません。共通項は「刺す」ぐらいでしょうか。


 中嶋幸治、「往来、なけなし」
 紙に何かを押し当て線猫したもの。色は白一色。綺麗です。ドローイングが街の航空写真のような上空からの模様になっています。少し「美的」過ぎるのが、見る僕にはジェラシーを感じてしまいました。なかなか出来そうで出来ない「白の世界」です。北海道の雪の白のボリューム感とは違った、白の中に歴史などの時間軸を食い込ますような感じです。

f0126829_22404633.jpgf0126829_223926100.jpg














 ↑:左から、アキタヒデキ・「肉体後の影響力」、マスコカズミ・「木曜日Ⅰ」鉛筆・板・石膏。


f0126829_22455672.jpg
 ↑:石倉美萌菜・「デッサンしたよ」・木炭紙・木炭・鉛筆。
 タイトルの可愛さに反して、力強く挑発的な絵です。帽子のように被るパンティー、右指はどこを触ろうとしているのでしょうか。何とも太い顔、唇。開いた股。優しさとは無縁なのが好きですね。

f0126829_22531633.jpg
 ↑:haruka、「記憶」・映像。
 展示会場としてはあまり使わない部屋を、物置のようにしての映像作品。 何かが映像として流れているのですが、スクリーン以外にも走る車窓の風景のように辺りの壁や物に雑然と映し出されて、見る・記憶するということを拒否しているような作品です。スクリーンの前に吊り下げられた物体や何やかやが表現者の手足のように上手く流れる映像を引き立たせたと思う。写真は暗室の一齣ですが、時間を切り取られた写真はあまりに空疎で、作家の意図からは遠い写真になりました。ゴメン!

f0126829_2351549.jpg
 ↑:柏倉一統。
 会場の中央に置かれた作品。テーブルの上にはスケッチや植物標本の素材のような物がスクラップしてある。
 流れる紙が机の隙間に落ちて重なり、流れてはまた落ちて重なり、他の仲間の作品と一緒にいるという感じ。柏倉君はこの紙の重なりウエーブのようにサンドイッチになって会場に鎮座しているのでしょう。

by sakaidoori | 2008-04-01 23:37 | CAI(円山) | Trackback | Comments(8)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/7772402
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 泉 尚子 at 2008-04-06 16:56 x
 はじめまして。昨年の展覧会時にはお越しいただき、また、取り上げて頂きましたのにお礼もせずにいましたことお詫び致します。
 今回の展示ではご指摘の通り、前回とは全く異なる作品となりました。
自身の中では呪詛ではなく、人間の生きる中での痛みの象徴として人形をどうしても使いたく思いました。オープニングの時に簡単に説明させて頂きましたが、日常の中に潜む心理的な暴力や言葉の暴力とも言えるものが現代社会には蔓延していることで様々な関係性の破壊が行われているように思います。私たちの生活は飛躍的に便利に、瞬時に様々な情報をやり取りすることができるようになりましたが、その一方でその便利な手段を使って限りなく卑怯な方法で人間の尊厳を踏みにじることができるようになっています。その現実を顧みることなく、簡単に手に入れた(或は違法な手段であることを知っていながら)情報を操作することで個人の人間関係や信頼関係、社会的評価をおとしめることができる世の中になっているのではないのでしょうか。
 全ての補足にはなっていませんが、今後作品をつくる上で日常の中にある力に寄らない人間の暴力や攻撃性をしばらくはテーマにしたいと考えています。
Commented by sakaidoori at 2008-04-06 22:15
>泉 尚子 さんへ

 今展の詳しいメッセージを含めて、熱いコメント有難うございます。

 始めに「刺す」ということから。
 テンポラリーの個展、植物の枯れ枝が立っていました。その立ち姿、僕には「刺されて」立っている、というイメージが強いのです。生け花に使う「オアシス」のように発砲スチロールを使っていたと思います。作品を立たせる為の道具なのでしょうが、「刺す・刺される」ということと、「立つ」ということがドッキングして作品を見ていました。今展も人形に棒が「刺されて」いる、しかも人形が「刺されて」立っている、と見てしまいました。泉さんの意図とは別に「刺す」、「立つ」という表現様式の共通性を感じました。
 同時に、「刺す」という言葉の持つ強さ、きつさはそれほど泉・作品には感じません。言葉の強さよりも、刺すという「行為」を強く感じます。
 今展、発したいメッセージはタイトルを読むととても激しい。作品も呪詛として見られる面があると思います。ですが、ぬいぐるみのペットが打ちひしがれて街の路傍に捨てられている、作家がいとおしんでいる様にも感じます。女性的優しさがあるようです。(次に続く)


Commented by sakaidoori at 2008-04-06 22:16
(続き)
 「日常の中にある力に寄らない人間の暴力や攻撃性をしばらくはテーマにしたいと考えています」とても意欲的なテーマですね。
 「刺す・刺される」は同じ現象だと思います。視点の相違だと思います。結果的には作品イメージは随分と変わるものだと思います。僕は作品は作家の産物であり、思想の結果だと思っていますが、作家そのものとは思っていません。作る側の投影と、見る側の投影がぶつかる場だと思っています。「人間の暴力や攻撃性」を主張したい泉さんの意思はストレートには見る側には伝わらない、それでも伝えるという強い意思が大事でしょう。次作を拝見できるのを楽しみにしています。

Commented by sakaidoori at 2008-04-06 22:24
>泉さんへ

 申し訳ありません。自分の投稿文章を書き直すのに、いったん削除したのですが、間違って泉さんの二回目の文章も同時に削除してしまいました。本当にすいませんでした。もし、同様の文章を送っていただければ嬉しいのですが、無理ですね・・・。本当にすいませんでした。
Commented by 泉 尚子 at 2008-04-06 22:49 x
 早速のお返事ありがとうございます。
 質問に答えて頂きありがとうございます。ですが、私の質問に不適切な内容があったのかわかりませんが、質問そのものを削除なさっては折角の対話の流れがわからず、他に読まれる方に私が質問したことの意図が伝わらずフェアな流れではないように感じます。
 誤解されている箇所がありますので、指摘させて頂きます。前回の展示では発砲スチロールは使っていません。木の板を使用し、「刺す」という表現方法もそれらを示唆する何ものもなかったはずです。なので、なぜ「刺す」という「行為」を強く感じるのか疑問に感じます。そのことの理由がお聞きしたいのです。
 また、私の作品のもう一つの重要なテーマだったのが「晒し者」ということです。いくつかの足跡がついていたのはお気づきになりませんでしたか? タイトルの意味は否定的なものとしてではなく、未来につながるものとして選んでいます。私としては激しいどころか、とても勇気づけられるものです。呪詛については見る側の内面の反映ともいえると思います。ご指摘の通り伝えきれていない部分がたくさんありますので次回にその点を反映させたいです。どうもありがとうございます。
 
Commented by sakaidoori at 2008-04-06 22:50
(以下の文章は泉さんの投稿の続きです。間違って削除しましたので、写しを載せます。すいませんでした。)

お聞きしたいことが一点ありましたので、追記させていただきます。

 昨年の作品との共通項として「刺す」と言うことを指摘されていましたが、昨年の作品では「刺す」という行為やそれらを思慮するものはなかったはずですが何か想起されるものがお有りのように思いますのでよろしければお聞かせ下さい。
 自身としては「刺す」というよりかは「刺される」もの、(言葉によるもの、具体的な行為によるもの、目にみえるもの)日常生活での思いがけない他者からの攻撃性をイメージしました。ですので、私自身が特定の誰かを呪詛しようとしたり、非難するべく造ったものではないことを申し添えます。どんな人間にも優しさがあるように同じく攻撃性をもっていていつでもさまざまな方法でそれらを現すことができるのではないかと思います。ただ異なるのは、持っている情報量によって相手にダメージを与える攻撃の内容が大きく違うということではないでしょうか。
Commented by 泉 尚子 at 2008-04-06 22:58 x
 削除の件、行き違いになり申し訳ありません。けれども、web上の対話ではフェアなやりとりがなされることを強く願っています。
Commented by sakaidoori at 2008-04-06 23:20
>泉 尚子さんへ

 早いコメント、どうもです。間違って消した文章がコピーが出来ない状態で残っていたので、それを見ながら書いていたので遅くなりました。後10分後に投稿していただいたら、僕の文章も後ろに回して読みやすくなったのですが、こちらの不手際でご迷惑をかけて申し訳ありませんでした。削除は全くの手違いで、他意はありませんので重ねてお詫び申しあげます。

 「発砲スチロール」ではなかったのですね。
 作家の意図は「立つ」にあったと思います。ですが、見る僕は「刺されて立つ」として見たのです。作品への無理解者と思われて結構です。そうやって見る人もいるんだな、そんな程度で理解して下さい。今展の僕の泉作品理解も誤解だらけみたいですね。次回もきっと誤解だらけで見るかもしれません。作家にとっては不満でしょうが、お許し下さい。


<< 584) ミヤシタ 「秋田智江...      582)CAI「CAIアートワ... >>