栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 04月 01日

582)CAI「CAIアートワークス12期生卒業制作展」 3月23日(日)~3月29日(土)

○ CAIアートワークス12期生卒業制作展

 会場:CAI現代研究所
     中央区北1条西28丁目2-5・(中小路・東側)
     電話(011)643-2404
 会期:2008年3月23日(日)~3月29日(土)
 時間:13:00~19:00 

 【出品予定作家】
 秋田英貴 石倉美萌菜 haruka 泉尚子 今島花恵 加集麻奈美 柏倉一統 喜多香織 工藤航 國枝絵美 小林由佳 齋藤傑 (竹澤伸一) 内藤日奈 中嶋幸治 (古田知里) まつおなおみ 丸山悠 横山亜季 吉田千草 米森ヒデキ ワタナベカズミ・・・以上、20名出品。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(3・28)

f0126829_21433782.jpg

f0126829_21463881.jpg

f0126829_21474796.jpg


 20名という多数の出品。なかなか見応えのある卒業展だ。強く印象に残る作品もあった。いつになく多い卒業生だが、全体的に密度の高さを感じた。学生同士の相互研鑽もうまくいったのだろう。それと、この1年間に個展を開いた学生も多数いるようだ。僕の知っているだけで、泉尚子 中嶋幸治・柏倉一統・小林由佳(以上、テンポラリー)、米森ヒデキ(オリジナル画廊)と。他にもいるかもしれない。彼らの意識の高さの表れだろう。
 そうはいっても、表現者の一里塚としてのCAIだ。彼等が質を高めて僕らの前に再登場する保障など何もない。5年後、10年後、前途洋々とした海原になるのか、峻厳な山並に打ちひしがれうなだれて、別の世界に進むのか。あー、何て楽しみな学生達だろう。健闘を期待しています。

 個人的に興味深かった人を何人か載せます。(3・28)

 (②に続く

 明日の29日(土)までです。

by sakaidoori | 2008-04-01 21:24 | CAI(円山) | Trackback | Comments(7)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/7746575
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2008-03-29 12:04 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by sakaidoori at 2008-03-29 23:29
>非公開さんへ①

 情熱的なコメント、有難うございます。

二つの質問?ですね。

 一つ目、「高い評価の学生がいましたか?」と言う点。
 全体として質の高い展覧会だとおもっています。近々個別学生を本記で語ります。以前に個展で見た作家を、どうしても親しく見ました。彼・彼女等のことは「栄通記」にも書いているので、主観的に好きな作品作家になってしまいます。質問の、「将来の客観的評価」では無く、強く印象に残った人という意味では、白い世界の中嶋幸治、デッサンの石倉美萌菜、映像のharuka、写真の小林由佳です。
 学生に共通点があれば嬉しくなります。一方で、僕にはほとんど関心が無かったのに違う意見を聞けば、もう一度見直して、新たな気付きがあったりします。  意見交換、それは違う人の見る姿勢を信じて、その違う意見と交換できることが一番ベストだと思います。僕の意見に関係なく非公開さんの意見を聞きたいですね。

Commented by sakaidoori at 2008-03-29 23:41
続き②

 二つ目の点。質問が非公開なので直接には答えにくいです。こういう風に置き換えます。「CAIと言う組織の問題性」と。
 教育機関として見たとき、学費納入だけで実地試験も無くて、「現代美術」に関わる場が地元に有ることは良いことだと思っています。技能の伝授はほとんどせずに、各分野の専門家のモチベーション、エッセンスを体感・吸収し、「表現者とは何か?」「「表現とは何か?」を問いつつ、各自が自分の道を切り開いていく場だと思っています。組織として問題はいろいろ抱えていると思います。その点は大学でも、専門学校でも問題のない組織は無いと思っていますから、学生が選んだ組織を信じて進むしかないのではないでしょうか。限界を感じたら、離脱すれば良いことです。
 この展覧会が他者からどういう評価を得られるかは分かりません。卒展とは基本的に自己到達の自己評価の場だと思っています。気に入った学生を見つけたら、何かと気にかけて、小さな応援をしましょう。僕等に出来ることはしれています。最大の支援は「作品を見る」ことです。作品について意見交換できれば最高でしょう。
 全ては表現者自身の問題だと思っています。


Commented by kazutokashiwakura at 2008-03-30 23:46
 記事にして頂き、ありがとうございました。
 また、僕のリンクも置いて頂きありがたい次第です。
 栄通さんとは、在廊がすれ違いになってしまったようでして、会場でお会いすることが出来なく残念でした。
Commented by sakaidoori at 2008-03-31 08:58
> kazutokashiwakura(柏倉一統)君へ

 コメント有難うございます。

 個別紹介が遅くてすいません。少し待ってください。

 なかなか刺激的な展覧会でした。一週間とはもったない感じです。特に予定が無ければ、10日~2週間くらい開いて欲しいですね。
卒業生も今後、個展なりグループなり継続して発表していただきたいですね。切に望みます。

 柏倉君の場合は静かなり・スタートという感じででしたね。(これは私信なんですが、僕は君の彼女の名前を知らなかったのです。この日に知りました。彼女に宜しくお伝え下さい。)
 リンク、こちらこそ有難うございます。最近、何人か僕のリンクを発見して嬉しいことです。今後ともよろしくお願いします。
Commented by 小林由佳。 at 2008-03-31 23:36 x
こんばんは。
見に来ていただきありがとうございました!
本来は、個展の記事を書いていただいた時にコメントを残すべき
だったのですが、個展後に思うところがあり、うまく自分の思いを
言葉にできずにいました。申し訳ありません。
卒業制作展では、楽しく制作することができました。
私の写真の撮りあいっこは、始まったばかりです。
今度、お会いした際には私の作品の一部になってくださいね。
あと、リンクさせてください。よろしくお願いいたします!
(柏倉一統の彼女より。笑。)
Commented by sakaidoori at 2008-04-01 23:48
>小林由佳さんへ

コメント有難うございます。返事が遅くなってすいませんでした。

写真作品、本当に小林さんの表情は生き生きしていますね。どうして女性はあんなに天真爛漫に振舞えるのか羨ましくて仕方がありません。

「撮りあいっこ」、おもしろそうですね。「人をみつめる」という難しい作業がありますが、発展性のある取り組みになりそうですね。期待しています。

リンク、有難うございます。僕のほうはエキサイトしか貼る予定がないのですいません。

それにしても、貴女が「小林由佳」とは全然知りませんでした。次に会えるのを楽しみにしています。


<< 583)CAI②「CAIアート...      581)さいとう「八子晋嗣・八... >>