栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 25日

571) レジデンス情報&お詫び



 以下、NPO法人S-AIR 小田井さんからのレジデンス情報です。原文をそのまま転載します。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 海外派遣アーティスト、クリエーター募集のお知らせ。

 今年一発目の募集は、北アイルランド(ベルファスト)QSSスタジオへの三ヶ月間:1名です。詳細は、S-AIRホームページでご覧下さい。

http://www.s-air.org/award/index.html

 応募に際し年齢の制限はありません。ただし札幌圏で活動を行っている方を対象にしています。

 最終選考は、QSSスタジオのディレクターが来日して行います。

 申請書類の〆切:2008年6月2日(月)必着

 08年度の海外派遣は、もう1枠の募集を予定しています。内容に関して現在検討中です。情報公開は4月中旬を予定しています。
また、ポートフォリオ作成講座(有料)複数回実施を5月に開催予定です。

 海外のアーティストを対象にしたレジデンス・プログラムの募集も、同じく4月中旬を予定しております。

 転送歓迎・・・

 NPO法人S-AIR 小田井
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 以前、S-AIR関係者との連絡で当方のメールを間違って知らせていました。情報が来ないのを不思議に思っていたのです。
 昨夜、ふとしたことで自分のメール確認をしていたところ、使っていないと思ったアドレスにS-AIR関係の通知が沢山来ていました。全然使っていないアドレスを知らせていたのです。本当に関係者の方には失礼しました。お詫びをすると同時に、レジデンス関係の記事は今後積極的に取り上げたいと思います。(通知を読むと、最近某所・ICCでの久野さん達若手三名の帰国報告会&作品発表会があったとのこと。トークの夕べもあったとのこと。そこは豊平区とはいえ、我が家からは遠いところではない。残念なことをした。)

 レジデンスは北海道人が外国に行く場合、反対に外国人が札幌周辺に来る場合があります。彼らとのトークとか接近の機会はいろいろ考えられますが、作品発表が最大のイベントだと思います。自分がミスしてこういうのは何ですが、それらの情報が巷に流布されているとはとても思えません。マンパワーや金銭的不足などいろいろと原因はあるのでしょうが、残念なことです。
 今後は私自身がしっかり通知を咀嚼して中継ぎとしてでも情報伝達の役割を果たせればと思います。


 冒頭の記事、転載という形式をとりました。事務的情報が主だからです。今後はなるべく転載だけでなく、何らかのコメントを付記していきたいと思います。連絡先はH.P.をご覧になって、そちらからして下さい。

by sakaidoori | 2008-03-25 14:16 | S-AIR


<< 572)ADPギャラリー ①「...      570)ニュー・スター「ハルナ... >>