栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 03月 09日

552)さいとう 「Dala Space展  in Sapporo」  終了・3月4日(火)~3月9日(日)

○ Dala Space展  in Sapporo

 会場:さいとうギャラリー
     南1西3 ラ・ガレリア5階B室
     電話(011)222-3698
 会期:2008年3月4日(火)~3月9日(日)
 時間:10:30~18:30(最終日は17:30迄)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(3・7)

※ 1973年 ベトナムに生まれ
  2002年 来日

 ダム・ダン・ライ君の個展だ。彼はベトナム人だ。何が縁で日本に、北海道に来たのかはよくは知らない。来日何年になるのだろう?来道何年になるのだろう?いろいろ聞いたが忘れてしまった。
 いずれにせよ、南の国の人間が雪多き北海道に住んで芸術に精進、研鑽しているのだ。俄然僕は応援したくなる。


f0126829_20591065.jpg

f0126829_2122578.jpg


f0126829_2153685.jpgf0126829_2174916.jpg















f0126829_219186.jpg

f0126829_21115680.jpg


 ライ君は素材にジャンルにこだわらない。鉄、木、絵画と。
今回初めて焼き物を見た。カップなど左利き用、右利き用と一対になっての制作だ。形も彼独自の工夫があるのかもしれないが、日用雑貨として楽しんでの鑑賞だ。柄も彼の遊び心が反映されていた。

 絵画(抽象絵画のタイトルは全て「リバー」)、今回は以前とかなり気分が違っていた。微妙な差なのだが、たいそう気に入った。以前は画面を埋め尽くすという感じで、うるささが目だって良く分からないし好きになれなかった。角ばった赤味の多い作品だった。今回、白が多くなり、優しくてリズミカルだ。その辺をライ君に尋ねると、生活環境の変化だろうと言っていた。都会のマンションから小樽の春香町という自然多き郊外への転居が影響しているのではと。「冬、窓を開けるとそこは白い雪だらけ。良いね~」と大分上達した日本語で楽しく語っていた。
 そこがDala Space(ダラ・スペース)だ。私設ギャラリー兼アトリエだ。民家を改造した建物だという。自然に囲まれ、仲間と語らい感性を研ぎ澄ましているのだろう。冬は休みで5月からオープン。是非訪問して栄通記に書かねばならない。


f0126829_21433534.jpg


f0126829_21455729.jpg


by sakaidoori | 2008-03-09 21:50 | さいとう


<< 553)アートマン 「NUKI...      551)テンポラリー 「小林由... >>