栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 28日

542)資料館 ①「妖怪展」  2月26日(火)~3月2日(日)

○ 「妖怪展」

 会場:札幌市資料館2Fミニギャラリー5・6室
    中央区大通西13丁目 (旧札幌控訴院)
    電話(011)251-0731
 会期:2008年2月26日(火)~3月2日(日)
 時間:9:00~19:00(最終日は18:00迄)

 【出品作家】
 斉藤枝里 丁稚 伊藤都 タラ 石井誠 鶴田亀吉 Hangedman 山谷美由紀 中村香苗 橋本真理栄 麻野史枝 湯浅祐介 阿部拡 森居梓・・・以上、14名。
---------------------(2・27)
 (②はこの記事の下に続けてあります)

 若い人達が「妖怪」というテーマでいろんなことをしています。とはいっても以外にオーソドックスで、怖いというよりも楽しんでいるユーモア展といった感じです。

 妖怪、それは現代人には飼いならされて、「わー怖い、楽しい、かわいい」と女の子の黄色い声が聞こえてきそうです。中年オジサンにとっては薀蓄(うんちく)の披露するところと気合が入るかもしれません。
 ですが妖怪というのは一筋縄ではいきません。人の心には名伏しがたい物が棲んでいるものです。社会も十人十色で構成されている以上、全体の合意では収まりきれない何かが居場所を求めてさ迷っているでしょう。自然を昼も夜も明るく人工的に「見える」世界ににしたもの、なかなか全部は光に晒すことは出来なくて、光と光の隙間の不明という部分を残しているでしょう。カメレオンのように普段は何食わぬ顔でそこにいて、満月の夜ではないですが、ある時何かに反応していっせいに妖しげな姿を曝け出す・・・
 妖怪とは人の心が作った幻影でしょう。ですが、かなりの人が大枠でそれを信じているのならば、それは実在するのです。普段は目に見えない何かとして。画家や視覚芸術に携わる人は名々の感受能力で僕達の前にそれらの目に見えない物(妖怪)を視覚化しようとします。
 僕は見えないものを見る能力は落ちると自覚しています。その代わりに見える物は見たい、その全てを見て人生を駆け抜けたらと思っている。平家物語で平家の武士が「見るものは全て見た。今はこれまで」と言って壇ノ浦で入水してこの世を終えた。彼は当時の永劫栄華を極めた人間が全てを見れたという誇りと喜びとして、平家は敗れても悔いは無いという壮絶な自覚の上で、時世の言葉を残してこの世を去った。かくありたいものです。


 たわごとを長々と書いてしまいました。「妖怪」を考えること、これもこの展示会の主旨でしょう。まんまとはまったという事でお許しを。
 以下、写真を載せながらの感想記です。3月2日まで、他にも資料館の展示会は面白いと思いました。

f0126829_1653138.jpg
 f0126829_16572946.jpg
 左の茶色い紙に書かれた絵、会場に上の句と下の句のクジがあって、それを引いてお題を関係者が絵にするのです。僕が選んだのは「毛糸」と「袋」です。右側の作品がそれです。何だか「たまねぎお化け」みたいです。



f0126829_1701058.jpg


f0126829_1725167.jpg
 ↑:阿部拡、左から「暖雪と豕親(ノウセツとシシン)」、「豕親の子どもと饗源(シシンのこどもとサンゲン)」
 タイトルが凝っている。食べるということで妖怪を考えているようです。


f0126829_17111840.jpg

 一番左の作品はタラ、「渇き」・シルクスクりーン。
 酒呑童子です。彼は渇いているのです。飢えているのです。それは作家・タラ君の思いでもあるのでしょう。なかなかの迫力です。版画の濃淡の質感に苦労の跡を滲ませています。
 ですが、まだ渇きを表現しているとは思えない。ただ一杯の酒の為に、万人を殺してでもありつきたい、というには少し綺麗に収まっているようだ。おそらくタラ君の心の中に絵画は綺麗でありたいという思いが強いのだろう。
 黄金分割など構成美を追求してエネルギーを表現するのか、敢えて約束事を壊して破調の中に溢れる思いを表現するのか、タラ君の「渇き」は始まったばかりです。別室のムカデのテキスタイルといい、細かな丹念な仕事をする人だ。
 本名は書かないが、道都大学の中島展では見てあげて下さい。

 (②に続く。②はこの下に続けて書きます。)

by sakaidoori | 2008-02-28 17:59 | 資料館 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/7565021
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 栄通の案内板  1月~2月(2...      545)資料館 ②「妖怪展」 ... >>