栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 02月 21日

532)市民ギャラリー「道都大学建築学科・卒業制作展 古寺齋乃の場合」・終了 2月5日(火)~2月11日(月)

○ 道都大学美術学部建築学科・卒業制作展
   古寺齋乃
    「aha」  ―art×heart×animateー

 会場:札幌市民ギャラリー 
     中央区南2東6
     電話(011)271-5471
 会期:2008年2月5日(火)~2月11日(月)
 時間:10:00~10:80(最終日17:00迄)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(2・9)
 (報告したい記事が沢山残っています。少しずつ書いていきましょう。文章よりも写真中心になるかもしれません。)


 市民ギャラリーの1階では道都大学美術部の卒業展。3分の2がデザイン学科で残りが建築学科です。入り口も別枠で、建築学科は奥のほうです。

 基本的に図面と模型の展示。僕は建築そのものの展示にはあまり興味が湧かなくて、学生のアイデアというのか、視点というのか、僕にとって大事な何かを気付かせてくれる出会いを求めて、この種の展覧会を見ています。
 この日はあまりに時間がなくて細かく見ることができませんでした。

 一番気になったのは会場の手前の通路に貼っていた齋藤さんの作品です。作品の前に受付があって、全体とは気分を異にして展示されていました。

532)市民ギャラリー「道都大学建築学科・卒業制作展 古寺齋乃の場合」・終了 2月5日(火)~2月11日(月)_f0126829_13425055.jpg
 

532)市民ギャラリー「道都大学建築学科・卒業制作展 古寺齋乃の場合」・終了 2月5日(火)~2月11日(月)_f0126829_13434565.jpg


 何が気になったかと言うと、絵本のように平面図や側面図をイラストとして見せていることです。テーマが「aha・・art×heart×animate」(芸術・心・活き活きとした活動)ということです。
 説明文には・・・自然や芸術などには境界や差別はない、現実のぎすぎすしたハザマを消し去って、ヒューマンな関係を造りたい・・・そういう思いが、建築図面を絵本風にしたのでしょう。人間関係重視の近代建築思想を暖かく優しく実現したいという学生の意思です。描かれた図面の細部は見ていません。気分だけでで張り合わせられた模様を眺めてきました。
 イラスト家から見ればこういう作品は見慣れていて特に新鮮味はないかも知れないが、建築を学んだ人間が学んだことを前面に出さないで、ムード・感覚を引っさげて建築制作展に出品したことに興味が湧きました。


532)市民ギャラリー「道都大学建築学科・卒業制作展 古寺齋乃の場合」・終了 2月5日(火)~2月11日(月)_f0126829_14402992.jpg


532)市民ギャラリー「道都大学建築学科・卒業制作展 古寺齋乃の場合」・終了 2月5日(火)~2月11日(月)_f0126829_14414459.jpg532)市民ギャラリー「道都大学建築学科・卒業制作展 古寺齋乃の場合」・終了 2月5日(火)~2月11日(月)_f0126829_14424512.jpg

by sakaidoori | 2008-02-21 14:28 | 市民ギャラリー


<< 533) 市民ギャラリー ①「...      531) 雑記(ブログ再開) >>