栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 10日

468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) 

468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) _f0126829_184567.jpg468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) _f0126829_1862783.jpg









 ↑:駒澤千波(’04・3)、「柔らかな種」。
 昨年の個展の時に動物達が姿を変えていくアニメーションを制作していた。今回も目的は同じで、絵画のコマ送りで、エンドレスになるような展示にしていた。種から生まれては変身していく動物物語だ。大作とは違った、小品による連作物語作品も悪くはない。彼女自身はモチーフを温めているのだろう。見るほうはレパートリーに広がりを期待している。

468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) _f0126829_18184317.jpg468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) _f0126829_18203774.jpg












 ↑:左側、富樫はるか(’04・3)、「楽楽楽楽跳跳昇天」。
 右側、池田さやか(’05・3)、「夏衣」。
 富樫さん、タイトルで遊んでいますね。
 それはそうとして、今展参加作家の中で物語り作家といえば富樫さんでしょう。彼女は青色を得意としている。同時に、小品で二双一対にしたり、連作で物語を描く事も多い。キャラクター物のアニメは得意分野だ。「にかわえ展」は小品中心になりがちで、そういう意味では富樫スタイルに近くなっているような気がする。
 ならば、富樫さんには本格的連作を次回は期待したい。

468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) _f0126829_18324230.jpg468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) _f0126829_1834066.jpg














↑:左側、桝本士乃(’05・3)、「空」。右側、今橋香奈子、「語りかけるもの」。

468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) _f0126829_18445368.jpg468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) _f0126829_18464795.jpg










 ↑:左側、内藤まゆ、「花模様」。右側、熊崎みどり(’04・3)、「つたう」。

468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) _f0126829_18523456.jpg468)②時計台 「第2回 にかわえ展」・日本画  1月7日(月)~1月12日(土) _f0126829_18535416.jpg










↑:左側、宮町舞子(’06・3)、「no title」。右側、村木愛(’05・3)、「ばら」。

by sakaidoori | 2008-01-10 18:48 |    (時計台)


<< 369)「栄通の案内板」・アバ...      467)時計台 「第2回 にか... >>