栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2008年 01月 05日

458)①CAI「絵画の場合ー渋谷俊彦展」・インスタレーション 終了・2006年9月23日~10月7日(土) 

○ 渋谷俊彦展
     -瞑想の森ー

 会場:CAI現代研究所
     北1西28
     電話(011)643-2404
 会期:2006年9月23日~10月7日(土)
 休み:会期中無休
 時間:13:00~19:00 


 (以下、渋谷展以前の話を中心にして。)

 「絵画の場合・展」(2007・10・18~11・18)は『絵画とは何か?』を個々の作品、個々の作家を通じて具体的に考える展覧会だ。解を求めるというよりも、何であるかを考え、その考えを公開し、個々の関係をより広い関係で検証し確認しようとするものだと思う。参加作家にとっては始めから作家同士、発表の場、鑑賞者などとの関係性、社会性を意識し、そのことが自己の作品化にどういうことになるかを確認する場でもあろう。

 議論はどこから始まっても可能である。
 この展覧会を成り立たせている札幌という風土から、2007年10月という有機質な時間から、訪れる鑑賞者の風情から、などなど。その全体性は美術から発信された社会的メッセージに及ぶものである。
 もちろん、社会に響くだけの力があったかどうかは不明である。微弱と言った方が正しいかもしれない。10年後には単なる展覧会だったと言われるかもしれない。それは他の個展や企画展とて同じ運命だろう。それ以上に「問われるだけの展覧会にはなっていない」という無視に等しい返事が返ってくるかもしれない。それは現在においては仕方の無いことでもあろう。逆に、皆が面白いと言われる現象(展覧会)には斜に構えて時間の経過を待ったほうがいいかもしれない。
 他者の反応は大事だが、他者の反応を無視する態度も大事かもしれない。最大公約数を求めれば自我の叫びという現代病がのた打ち回る。最小公倍数を求めれば、他者との関係性が危うくなる。作品と言う「自己発表」は研ぎ澄ませば澄ますほど、出来映えという結果以上の危うさが返ってくる。

 「絵画の場合」と言う言葉に触発されて、取り留めの無いお喋りをしてしまった。
 昨秋に終わった企画展覧会だ。だいぶ書き残した。中途半端な記事もあり、申し訳ない気分だ。それはそれで仕方が無い。次回の作品に出会った時に吐き出すだろう。期間中にある程度は書いたので、関係者の方も許してくれるだろう。
 以下、何回か記録や確認という思いを込めて記しておきます。


 何はさておいて、渋谷俊彦の作品。
 氏は一昨年の秋にCAIでインスタレーションを発表した。今展はその時の作品群が場を変えたらどう響くかを作家自身が確認したいという気持ちが強かったと思う。その為にもその時の展覧会をここで紹介するのは意義があると思う。既に他のブログでも写真紹介されているので、新鮮味には欠けるが、間歇的に何度見ても刺激に満ちている。(2006・9・25)

②に続く

by sakaidoori | 2008-01-05 11:56 | CAI(円山) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/7205238
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 渋谷 俊彦 at 2008-01-05 19:12 x
あけましておめでとうございます。
本年もよろしくお願いいたします。テキスト面白く読ませていただきました。08年は3月に2本個展が予定されております。1本は大阪乙画廊ですが、その前に3月4日~9日の会期で札幌、ギャラリーエッセ(北9西3)での個展です。柱状オブジェのインスタレーションをリクエストされておりますが、新しい展開も発表予定です。楽しみにしていて下さい。

PS:来週からの時計台ギャラリー「木路毛五郎回顧展」は私も実行委員であります。(大学の大先輩であり、職場での上司だった関係です。一緒に展覧会も企画しました。)今日会場セッティングを終えました。よろしかったらご観覧下さい。
Commented by sakaidoori at 2008-01-06 09:14
>渋谷俊彦さんへ

あけましておめでとうございます。コメント有難う御座います。③(ポルト)と④(エスキス)を書く前にコメントをいただき、恐縮です。続けて一気に書く予定でしたが、ちょっと無理でした。拙い感想記ですが、早速読んでいただき嬉しいです。「絵画の場合」、大きな企画展ですから何かと大変だったと思います。ご苦労さんでした。

3月に2ヵ所の個展ですか。気合の入る新年ですね。
渡辺さんの大阪乙画廊ですね。懐かしい人です。少し遠いので見れそうにありませんね。そこは一度も行ったことがないので、作品ともども、会場風景の写真だけでも見たいものですね。渡辺さんによろしくお伝え下さい。

ギャラリーエッセ(北9西3)、初耳の場所です。ここは是非行かねばなりませんね。「新しい展開」、興味深深ですね。

「木路毛五郎(きじ・けごろう)回顧展」、女房と一緒に見に行きます。2階全室を使った展覧会ですね、楽しみにしています。

PS:②の文中、「渋谷」を「澁谷」と書いてある箇所がありました。訂正しました。申し訳ありませんでした。
Commented by 渋谷 俊彦→澁谷俊彦 at 2008-01-06 10:53 x
誤記ではあったのですが、実は08年から戸籍上の旧字体で作家名を名乗ろうとしていた矢先の誤記だったので笑ってしまいました。
08年より澁谷俊彦でお願い致します。
Commented by sakaidoori at 2008-01-08 22:21
>澁谷俊彦さんへ

木路さんの回顧展。見てきました。新年を飾るにふさわしい展覧会だと思います。部屋ごとの関係や、各部屋の展示といい、素晴らしいレイアウトだと思います。

作品はシンプルであれやこれや連想されて飽きなかったです。幸い、奥さんとの会話の中で澁谷さんの名前を出したところ、室内風景の写真掲載もスムーズに快諾を得ました。有難うございました。


<< 459)①CAI「絵画の場合ー...      456)②ミヤシタ 「藤田真理... >>