栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 14日

432)② さいとう 「三猿展ー柚原一仁・犬養康太・松本直也」 終了・12月4日(火)~12月9日(日)

○ 三猿展ー柚原一仁・犬養康太・松本直也(道都大学中島ゼミ所属)

 犬養康太君。

f0126829_18493486.jpgf0126829_1851262.jpg
















 ↑:左側、「茜」。右側、「それでは みなさん さようなら」。

f0126829_1853991.jpgf0126829_1854117.jpg















 ↑:左側、「焼けた妻か子か」。右側、「ツイン オブ ドラゴン」。

f0126829_18571652.jpgf0126829_18583447.jpg















 犬養君も漫画的といえるかも知れないが、更に進んで童画風と言ったほうがいいかもしれない。鉛筆で落書きをするように、カリカリ描き進んで、それをそのまんま版画にしたみたい。だから、「雑だな~」という点もある。画面一杯のワイルド感はないが、この滑稽な美学・発散精神は捨て難い。現在のところはアンバランスな点が拙さに見えるが、表現力が身に付いて、不可思議な魅力になればと思う。
表現力、構成力、デッサン力・・・シルクスクリーンは簡易だと聞くが、煎じ詰めれば全ては同じだろう。


 柚原一仁君。

f0126829_1917406.jpg

f0126829_19165297.jpgf0126829_20215722.jpg















 ↑:左側、「生きる力を・・・」。右側、「あなたへ・・・」。

 柚原君はタイトルから想像すれば、心象的抽象画といえるのだろうか。心象と言っても絵の色や構成に託す願望といった方がいいかもしれない。ゆったりと明るく、伝統美に通じそうだ。
f0126829_2041598.jpg 左の作品は30刷だ。黒い色の深みに拘ったというよりも、作業過程で生じる紙(支持体)の凸凹が気に入って、壁面作品を立体作品のようにするためだ。話を聞かなければ、銅版画などに特有な凸凹としてしか見えない。作り手はいろんな拘りがあるものだ。どうという話ではないが、意外にこういう会話は後々まで残るものだ。職人的な作業・・・これはその道を経験しないと、なかなか分からないものだ。


 学生のグループ展なのに話が長過ぎたようだ。今年は中島ゼミの作品を意識的に見ているので、思い入れが強くなったのだろう。また作品とお会いしましょう。楽しめた展覧会であった。

by sakaidoori | 2007-12-14 20:44 | さいとう | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/7058957
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by bi_sui at 2007-12-16 13:26
お隣のIZUMIKU展を観たあと、大幅に時間は過ぎていましたが、
ゆっくり観させて頂きました。三者三様で面白かったですね。
こちらでまた作品を観ることができて嬉しいです。

あまり展覧会を観には歩けませんので、
こちらでいろいろな作品を観ることを楽しみにしています。
Commented by sakaidoori at 2007-12-16 14:52
>美翠さんへ

最近は記も滞りがちですが、お許しを。長い目で見てください。今回は美翠さんの記事と「栄通記」と随分かさなりそうです。僕もIZUMIKU展と中村友三・展を書く予定です。ですが、そちらに先を越されてしまいました。「栄通さん、何をしているの」という声が聞こえるようです。

木村環・展あたりでお会いできそうですね。楽しみにしています。


<< 栄通の案内板      431)① さいとう 「三猿展... >>