栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 12月 14日

431)① さいとう 「三猿展ー柚原一仁・犬養康太・松本直也」 終了・12月4日(火)~12月9日(日)

○ 三猿展ー柚原一仁・犬養康太・松本直也(道都大学中島ゼミ所属) 

  会場:さいとうギャラリー
     南1西3 ラ・ガレリア5F室
     電話(011)222-3698
 会期:2007年12月4日(火)~12月9日(日)
 時間:10:30~18:30(最終日は17:00)

 何と最終日の終了15分前の訪問。聞けば隣室も道都大学関係だという。ここは終了後も見れそうなので、見渡した後、先に隣室を見た(IZUMIKU展)。それから、おもむろに男3人展を見たわけだ。両方とも載せるのだが、少ない時間で作品を見、話を聞き、話もし、写真も撮る。ろくな報告は書けない。それでも一向に構わないとの関係者の好意で、「栄通記」掲載となったわけであります。考えてみれば、たかだか個人的に発信している情報だ。時にはそういう足早なフット・ワークも良いではないか。ここに書けば、僕はその次、更に真剣に彼らの作品を見るわけであるから。そんな訳で、いろいろと不備です。

f0126829_1824957.jpg

f0126829_17574346.jpg

 松本直也君だ。全員三年生と聞いたが?

 (記事の続きが遅れてすいません。その間に、ご当人にお礼のコメントを頂いてしまいました。話が逆になって、へんなことになりました。これも、個人の発する情報ですから、許されるでしょう。さて・・・)

 非常に好感の持てる青年達だった。作品・風貌は三者三様。だが、対応の仕方、話しぶりと淡々としているが、静かな喜びが伝わってくる。その素直さが何とも心地良い。女性の場合は喜びが体に溢れ、そのオーラが眩しくなる時がある。男性の場合、苦悩と言ったらオーバーだが遠慮がちでなかなか話が弾まない時がある。彼らの場合は最後の最後の時間帯であったので、一仕事終えようとしている安堵感があったのかもしれない。

 道都大中島ゼミといえばシルクスクリーンだ。

 松本君の場合は何と言っても「人間」だ。本人の左側の中国の山水画のような作品、いい意味でのリラックスの為のもので本筋ではない。それでは「人間」の何に興味があるのか。当然彼は若いから「心の襞」にも強い関心があるだろう。だが、話を聞いて作品を見直すと、そういうこととは距離を置いて、人の人で無いような動き表情をユーモラスに描いている様だ。始めに「人の形ありき」、そこからイメージをどんどん膨らませていって、漫画のような物語を作っていくみたいだ。その物語を作家の初発のイメージとは無関係に鑑賞者は楽しむわけだ。作家は、「こうすれば見る人は喜ぶかな」という創作姿勢があるかもしれない。ユーモアは余り本人が喜ぶと失敗する時がある。次はどんな「人間」が登場するのだろう。

by sakaidoori | 2007-12-14 13:27 | さいとう | Trackback | Comments(3)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/7031772
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented at 2007-12-11 22:50 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by 松本 直也 at 2007-12-14 00:25 x
この度はグループ展にお越し頂きありがとうございました
三猿展の代表としてお礼申し上げます
また機会があったらよろしくお願いします

それと「犬館」ではなく「犬養」ですので
そこを訂正して頂けるとありがたいです
Commented by sakaidoori at 2007-12-14 01:04
>松本さんへ

誤字、すいません。実は「柚」の字が出せなくて、他の方からコピーしたのです。まさか、そこが間違っているとは思いませんでした。続けて、記事を書けば直ぐに気が付いたのですが、申し訳なかったです。

本編、中途半端なところで文章を中断してすいません。明日中には他の方の感想記も書きたいと思っています。

有難うございました。



<< 432)② さいとう 「三猿展...      430)②コンチネンタル「三人... >>