栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 11月 01日

382)①創(ソウ) 「ギャラリー・創の紹介(吉田一雄・展)」 終了・10月24日(水)~10月29日(月)

○ 吉田一雄・展  
    
 会場:ギャラリー創(ソウ)
    南9西6 U-STAGE1F・南9条通り沿いの南側、北向き入り口
    電話(011)562ー7762
 会期:2007年10月24日(水)~10月29日(月)
 時間:11:00~19:00(最終日17:00)

 初めて取り上げるギャラリーです。
 ①でギャラリー・創のことを、②で吉田一雄・個展を写真を中心にして紹介したいと思います。

382)①創(ソウ) 「ギャラリー・創の紹介(吉田一雄・展)」 終了・10月24日(水)~10月29日(月) _f0126829_2064065.jpg
 ↑:入り口は幅の広い歩道に面しています。歩道からは中の展示の様子が窺われます。片側2車線の南9条・菊水旭山通りを北側にして、地下鉄中島公園駅まではほんの僅かです。

382)①創(ソウ) 「ギャラリー・創の紹介(吉田一雄・展)」 終了・10月24日(水)~10月29日(月) _f0126829_20131984.jpg

382)①創(ソウ) 「ギャラリー・創の紹介(吉田一雄・展)」 終了・10月24日(水)~10月29日(月) _f0126829_20203421.jpg

382)①創(ソウ) 「ギャラリー・創の紹介(吉田一雄・展)」 終了・10月24日(水)~10月29日(月) _f0126829_20141242.jpg

382)①創(ソウ) 「ギャラリー・創の紹介(吉田一雄・展)」 終了・10月24日(水)~10月29日(月) _f0126829_2016420.jpg

382)①創(ソウ) 「ギャラリー・創の紹介(吉田一雄・展)」 終了・10月24日(水)~10月29日(月) _f0126829_20172062.jpg
382)①創(ソウ) 「ギャラリー・創の紹介(吉田一雄・展)」 終了・10月24日(水)~10月29日(月) _f0126829_20192396.jpg

 ざっとですが、会場の様子です。
 女房の写真は入って直ぐ左側です。その隣に今回はテーブルが用意されていました。関係者や訪問客の憩いの場ですね。創のH.P.によると、そのテーブルの奥がバック・ヤードで、ブロック壁の裏側にあたります。展示会場としても使えるみたいです。その辺は、別の機会にでも個展報告の時に詳しく分かることでしょう。

 奥のすりガラスには上からは作品を吊り下げるフックが見当たりませんでした。大作は立てかけるのですね。映像の為のスクリーンでしょう、上の方に在りました。担当の本庄さんにいろいと質問すればよかった。その本庄さんからですが、「一人でも多くの方に訪れてもらいたいですね」との伝言です。

 外の様子が見える開放感がいいですね。(ということは、外からも丸見え!)吉田さんの個展は親族の方がレンタルされたのですが、この開放感が気に入って決めたそうです。「一日中ここにいる日があるのですから、密閉されたギャラリーではちょっと・・」と、言っていました。

 都会的なおしゃれなギャラリーというのが第一印象です。ガラスと窓もここのキー・ポイントでしょう。壁からはみ出たブロックが曲者ですね。どう作家達に認知され、展開していくのでしょう。
 札幌の作品発表の場は盛衰があるのでしょうが、暫時増加傾向だと思います。一方で、レンタル・ギャラリーは経営が大変な時期でもあります。新しいギャラリー空間は、ただそれだけで僕には嬉しい。今後も鑑賞者ということで訪問したいです。

【簡単な使用規約】
・使用期限:原則として水曜から月曜の6日間を1単位。(ということは火曜日は休み。)
・使用時間:10:00~19:00(月曜は17:00まで)。時間延長は可。
・使用料金:1単位=7万円。(税別)。学生は半額
・担当者:本庄千晶。普段は二階の事務所に居られるようです。とても若い気さくな方です。電話(011)562-7762

 ギャラリー・創のH.P.⇒こちら

※学生(学生証をお持ちの方)は使用料金が半額です。若い方を支援したいのでしょう。来年の2月に北海学園大4年生の伊藤也寸志君の写真展があります。期待してください。

 伊藤也寸志君の栄通記の記事⇒こちら

by sakaidoori | 2007-11-01 21:30 | 創(そう)


<< 383)②創(ソウ) 「吉田一...      381) af 「藤山由香 絵... >>