栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 10月 13日

346) 資料館 「第18回 ボワ・パレット水彩会」  10月10日(火)~10月14日(日)

○ 第18回 ボワ・パレット水彩会

 会場:札幌市資料館2Fミニギャラリー1・2室
    大通西13 (旧札幌控訴院)
    電話(011)251-0731
 会期:2007年10月10日(火)~10月14日(日)
 時間:10:00~18:00(最終日は18:00まで)

 水彩の教室展です。講師は森木偉雄。
 画題は風景、人物、静物とオーソドックスです。具象表現の中に、会員のそれぞれの表現の違いを見れて楽しめました。教室展を記事にする場合は目安があります。自分に気に入った作品に出会えた時に、写真撮影とブログ掲載のお願いをしています。幸いにも、今展は他の作品の掲載を許して頂いたので、僕の好きな作品を中心に写真紹介をします。

346) 資料館 「第18回 ボワ・パレット水彩会」  10月10日(火)~10月14日(日)_f0126829_214899.jpg
 ↑:佐藤富子、「余市で」・4号。
 最も気に入った作品です。小さな可愛い作品です。緑の表現が良いと思います。水彩特有の緑のベッタッとした質感が、視点をそこに集中させ、二次元世界に遠近感を産んでいます。作家の小さい願望の故郷を共に見る思いです。

346) 資料館 「第18回 ボワ・パレット水彩会」  10月10日(火)~10月14日(日)_f0126829_21565319.jpg
 ↑:劔持弘子、「K嬢」・20号。
 清楚で綺麗な絵です。それにも増して、白い背景にくっきリ浮かんだ全身、体をねじった動きが、女性の心の動きを微妙に顕わにしていると思います。見ていて、ハッとします。「今この女性は何を考えて体を動かしたのだろう」、文学的な感情移入をしてしまいました。

346) 資料館 「第18回 ボワ・パレット水彩会」  10月10日(火)~10月14日(日)_f0126829_2235183.jpg
 ↑:太田静恵、「紫陽花」・10号。
 紫陽花の白色が目に飛び込んできます。綿のようです。おそらく、紫陽花の色の変化は時の流れを表現したのでしょう。初めは白く、だんだんと色鮮やかになって、美の変化の全てを美しく描いたのでしょう。それにしても白が印象的です。水彩の白、輪郭線の無い白、何も描かない白を同時に思いました。

346) 資料館 「第18回 ボワ・パレット水彩会」  10月10日(火)~10月14日(日)_f0126829_2211346.jpg ←:金山郁、「花」・3号。
 小さい絵に、全体をしっかり描きながらも、赤い花に焦点を当てた絵です。なんでもない普通の静物画ですが、赤い花を少し大振りにしただけで、全体が生き生きと見えました。








346) 資料館 「第18回 ボワ・パレット水彩会」  10月10日(火)~10月14日(日)_f0126829_22184035.jpg

346) 資料館 「第18回 ボワ・パレット水彩会」  10月10日(火)~10月14日(日)_f0126829_22192674.jpg


by sakaidoori | 2007-10-13 22:25 | 資料館


<< 347) 資料館 「林武・色鉛...      345)洞爺、函館へ >>