栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 08月 27日

300)テンポラリー 「佐々木恒雄展」 終了・8月19日まで

○ 佐々木恒雄展  「crickers」

 会場:テンポラリー スペース
     北16西5 北大斜め通り・西向き 隣はテーラー岩澤
     電話(011)737-5503
 会期:2007年8月14日(火)~8月19日(日)
 時間:11:00~19:00

 23歳の絵画展。
 自分の感情をストレートに表現していてわかり易い。青年らしく胸の底にたまっている悶々とする思いを描き殴っている。けっして雑には描いていない。震えてはいない。力強く、画面全体にエネルギーを感じる。だが、あくまでも自己のエネルギーの表白であって、自分を見つめ過ぎるあまりに、怖さ、狂気がにじみ出ているという作品群ではない。絵画制作が自己の内面のドロドロしたものを吐き出す行為なのか、更に進んで自分でもつかみかねていない深部の探索なのか・・・。もし嘔吐ならば出し尽くした後に治癒されて清く明るい世界を表現するかもしれない。出しても出しても尽きることのないヘドロの恥部ならば絵画の質が変わるかもしれない。

 絵画・イラスト・線描画が今展の要素だ。ここ数年の作品を一同に集めて、自己表現の整理ともいえる。
 大半が絵画で主に人物が主題になっている。絵画の肉声の直球とは違って、イラストもある。イラストは肉声から距離を置いたところに成立するものだと思っている。佐々木君は絵画とイラストを振り子のように使い分けて視覚表現を広げているのだろう。エネルギーの溜め込みと吐き出しに具合が良いのだろう。もっとも、佐々木イラストのモチーフはメジャーだとかスコップだとか手に纏わり付くものを選びがちだが。線描画(デッサン)は表現の根っこである。今展は今までの描きだめだからまとまった主張をなしてはいない。線は感情や認識がストレートに出る。直球派の佐々木君のことだ、線描画展を独立して開くことだろう。

300)テンポラリー 「佐々木恒雄展」 終了・8月19日まで_f0126829_13392773.jpg
300)テンポラリー 「佐々木恒雄展」 終了・8月19日まで_f0126829_13402553.jpg
300)テンポラリー 「佐々木恒雄展」 終了・8月19日まで_f0126829_13413023.jpg
300)テンポラリー 「佐々木恒雄展」 終了・8月19日まで_f0126829_13435471.jpg

300)テンポラリー 「佐々木恒雄展」 終了・8月19日まで_f0126829_1345078.jpg300)テンポラリー 「佐々木恒雄展」 終了・8月19日まで_f0126829_13455523.jpg

by sakaidoori | 2007-08-27 13:48 | テンポラリー


<< 301) 門馬 「森 美千代・...      申し訳ありませんでした >>