栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 07月 01日

242) 資料館 「染織展」 終了(7月1日まで)

○ web koko 染織教室展「花あかり」 第16回

 会場:札幌市資料館2Fミニギャラリー1・2室
    大通西13 (旧札幌控訴院)
    電話(011)251-0731
 会期:2007年6月26日~7月1日(日)
 時間:9:00~19:00(最終日は18:00まで)

 ギャラリー1室が下村好子(こうこ)さんの生徒さんの教室展、2室が個展です。下村さんの個展の写真紹介です。

242) 資料館 「染織展」 終了(7月1日まで)_f0126829_23115381.jpg
 ↑:A壁面の作品群。1枚が50cm四方?。 
242) 資料館 「染織展」 終了(7月1日まで)_f0126829_23132987.jpg
 ↑:A壁面の拡大図。
242) 資料館 「染織展」 終了(7月1日まで)_f0126829_23151495.jpg
 ↑:C壁面の作品群、A面と同じく10枚の連作。
242) 資料館 「染織展」 終了(7月1日まで)_f0126829_2316406.jpg
 ↑:B壁面の単作。幅1m?

 フェルトを小さく裁断して染色し、写真でわかるようにそれを縫いこんだ作品です。フェルト地のやや厚ぼったくて、ふんわりした感触が波打って見えます。四角い狭い部屋、無駄なものは一つも無く、美術館のようにあっさりとして、作品だけを楽しむことができます。青と緑を基調にして、強い外光がカーテンから差し込み、「あー、モネではないが、白壁に太い点描のように青を局部に埋めて、絵画を見ているようだ」と、軽い溜息をついてしまいました。「自然の模写」と言っていいかもしれません。海、空、森、宙(そら)・・きっと作家は好きなのでしょう。テキスタイルのことを詳しく語れませんから、言葉はこれくらいで止めておきましょう。写真もクリアー過ぎて、布地感が伝わりにくいですが、ご想像してください。
 作品は四面全部を使っています。この3年ほどの間に製作されたものです。ですから、また3年後個展をされることをお願いしてきました。
 下村好子(こうこ)、1964年東京生まれ、札幌在住。

by sakaidoori | 2007-07-01 23:00 | 資料館


<< 243) 訪問客数の報告      241) 短歌 菱川善夫選「物... >>