栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 07日

212) テンポラリー 「有本ゆかり展」・水彩 ~6月10日まで

○ 有本ゆかり展  「ヤシンカの森ーインドからの風」

  会場:テンポラリー スペース
     北16西5 北大斜め通り・西向き 隣はテーラー岩澤
     電話(011)737-5503
 会期:2007年6月5日~6月10日(日)
 時間:11:00~19:00

 「ヤシンカってどういう意味?」
 「それは反対から読めば分ると思うの」 
 「あー、感謝ね、『うなかがめーゆ』と同じだね」
 「それと、今日、お客さんが言っていたんですけど、野心家ともとれますね」

 彼女の絵は野心にはほど遠い作風である。だが、その言葉を屈託なく受け入れている。野心家ー「その人に分不相応な望みを抱く人。新しいことに大胆に取り組もうとする人」、そんな意味であろうか。この場合は絵である。絵を描こうという姿勢の中に、野心を認めているのだろう。2階には昨年発表したという旧作を展示してある。部屋の構造上、以前の作品群を下から見上げて見ることになる。かわいらしい女性が優しく浮き出てくるように表現している。残念なのは輪郭を鮮明に描いて、表情もメルヘン的であれこれ感じるまでもなく主張がはっきりしているのである。絵が一人立ちする以前に彼女の願望、理想を投影しているのだ。野心があまりにも素直に出ているのだ。彼女の画風は心の状態を自然に紙に映し出すことだと思う。例え心象であっても何かを描こうというものではない。色と形が心を映し出したようにすることだと思う。画材の絵具もなるべく対象としてでなく、自分の分身の様な物として扱おうとしている。彼女の絵具は自然にあるものを選び取って、色にしているとのことだ。筆で描いていると思うのだが、優しく指先につけて、自分の体から滲み出た物のように色づけしている。部屋には山葡萄が新聞の上におかれていた。葡萄色を使うとき、その葡萄がなっていた自然を感じながら描いているのだろう。十色の自然の絵具は十の世界を旅することができる。絵具で自然の中を旅をして、呼吸をして風を感じているのだろう。描くことによって心の旅をしているのだろう。何かを口ずさみながら奏でながら。

 冬のテンポラリーのコンサートで初めてお会いした。着物姿で寒さのせいか、顔だけを出して、本郷新の「雪ん子」のような装いだった。季節は初夏に近づいている。「太陽と北風」のように服を一枚一枚脱いで、白いスカートと紫がかった上着とショールという服装。紫の好きな女性だ。難しい色だ。
 感謝と野心の有本ゆかり展だった。

f0126829_23434955.jpg

f0126829_2345527.jpg

f0126829_23485885.jpg

f0126829_235110100.jpg











f0126829_23524510.jpg

f0126829_23543540.jpg













f0126829_23555095.jpg


by sakaidoori | 2007-06-07 23:57 | テンポラリー | Trackback(1) | Comments(6)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/5558610
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from ~風の吹くままに~ at 2007-06-21 00:42
タイトル : 有本ゆかり展「ヤシンカの森ーインドからの風」】
会 場 : テンポラリースペース           札幌市北区北16条西5丁目1-8        tel/fax011-737-5503       会 期 :2007年6月5日(火)-10日(日) 時 間 : 11:00~19:00 【作品に使われている天然えのぐの見本。】 ←上より ・すおう ・茜(あかね) ・南フランスの土 ・山ぶどう  (2006.秋、伏見稲荷          神社にて) ・イタリアの土 ・インドの藍 ...... more
Commented by ありもとゆかり at 2007-06-10 09:49 x
率直なお言葉をありがとうございます!
私の名前は本名が「紫」(ゆかり)なので
そのせいかどうしても手にとってしまう色です
これからも私の「野心家」の面をおしえてくだいね
Commented by sakaidoori at 2007-06-11 00:15
>ありもと さんへ

 「野心家」といえない作家・作品に対して、この言葉をきっかかりにして印象記を書いてみました。あまりに貴女がまぶしく輝いていたので、極力冷静に振舞おうとして、誤解を生む言葉になったかもしれません。
 次は酒井ライブで、またお会いしましょう。
Commented by sakaidoori at 2007-06-22 11:18
>美翠さんへ

 トラックバック、どうもです。
 だんだんとエキサイトも不具合が解消されはじめましたね。他の方でトラックバックしたいと思うサイトもあるのですが、逆送されないので、送るのは失礼と思い止めました。数少ないトラックバック先ですので、今後とも宜しく。
Commented by bi_sui at 2007-06-23 11:21
送れるかどうか試してみました。無事着いてよかったです。
いつも記事のUPが遅くて、忘れられた頃に送ってたりしていますが、
これからも宜しくお願いします。
Commented by sakaidoori at 2007-06-23 13:27
>美翠さんへ

 樫見菜々子個展のトラックバック、どうもです。

 エキサイトの不調は僕の方はほぼ回復しました。写真の写りも早いです。そちらの方はどうですか?

 そちらの記事を読んでいると、「今、お勧めのギャラリーは?」という文章に出会いました。明日までですが、ユリイカの井上まさじ展が僕の好みですね。コンチネンタルの渡会さんの版画もベテランの味わいがあってよかったですね。坂本さんのホーム・ページに詳しいです。全道展は修行と思って見にいかれては?
Commented by bi_sui at 2007-06-25 16:09
お薦め、ありがとうございます。
週末は予定がびっちりで、どのお薦め頂いたものも観に行けませんでした。
あっ、修行ですかぁ~私は修行するつもりは全くありませんので・・・。
私は自分が観たいと思ったもの観に行く、また偶然に何か感じさせてくれる、
感動を与えてくれるものたちとの出会いを楽しみしているだけですから。
でも、自分が知っていることって極限られたものなので、
アートに関してはアートを知っている方の情報が大切なんですよね。
ですから、栄通さんのような趣旨でギャラリー巡りをされている方が
作品、作家を紹介して下さるのはとても参考になります。
と、言うことでこれからもお世話になりますので宜しくお願いします。


<< 213) コンチネンタル 「少...      211) エントランスホール ... >>