栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 07日

210) タピオ 「レーベンス展」 ~6月16日(土)まで

○ REBENS・レーベンス「生命・人生」展 2

 会場:タピオ
    北2西2・中通り東向き・道特会館1F
    電話(011)251-6584
 会期:2oo7年6月4日(月)~6月16日(土) ・無休
 時間:11:00~19:00
    (6月10日・日曜日は13:00~18:00)

 グループ展です。
 参加作家:西条民治 斎藤邦彦 田村佳津子 竹田博 名畑美由紀 細木博子 林教司 横山隆 渡辺英四郎、の9名。

f0126829_13164110.jpg

f0126829_13185479.jpg
 いつもしているグループ展ですから、総合タイトルにこだわって見る必要はないかもしれません。しかし、タイトルがある以上、「生命・人生」という脈路は切り離せないでしょう。それが絵画の制度でしょう。個々のタイトルと総合タイトル、そして個々の作品と全体の作品構成、おそらく展示は早い者順で意図的ではないと思いますが、偶然による効果が生まれたかどうか、会場に行って確認してください。
 16日までと長い会期です。入って左回りに写真紹介をします。

f0126829_13261276.jpg
 ↑:田村佳津子。非常に見にくい写真ですいません。壁紙のようなさわやかな作品です。ピンクがかわいらしいです。キャンバスにアクリル、「つらら」40M、「昼の月」50F。ところで「s」は正方形と教わったのですが、「M」「F」は忘れてしまいました。どなたか教えてくださると助かるのですが・・・。

f0126829_1333311.jpgf0126829_13342870.jpg








 ↑:斎藤邦彦。「生命」、「人生」、「人生」。三点並びの右端は工夫が面白いですね。またまた写真ではわかりにくいのですが、ハート型をした女性器を赤い腰巻できゅっと縛って、微笑ましくあり綺麗な作品です。彼のパステルは魅せてくれます。

f0126829_1456542.jpg

f0126829_1512549.jpg













 ↑:林教司。赤い2点は油彩のサムホール。タイトルはあるのですがメモが判読不能です。引き込むような赤と黒。強い絵です。タイトルを確認にもう一度行かねばなりません。細長い作品は無題です。

f0126829_1582821.jpg
 ↑:右側は新道展の細木博子、「作品」。新道展の時にしか彼女の作品を見ませんが、青い時空の世界にメルヘン的な小道具をちりばめていたと思いました。物に捉われないで抽象画を描ききっています。タピオに出入りするとこういう方面にも開眼するのでしょう。秋の新道展が楽しみです。
 f0126829_15253867.jpg 
 左側は名畑美由紀。クラフト紙に何かを押し当てててわずかの凸凹が表面にできています。ただそれだけの作品です。竹田さんのキャンバスに一色だけ色付けした展示に着想を得たような作品です。ソーっと表面を撫でるのです、ジーっと表面を見つめるのです、紙のしだれ具合に気を止めるのです。

f0126829_15321226.jpg
 ↑:西城民治。キャンバス、油彩「わたし自身のみの希望」。壁にかかっているのが作品です。下の品々は希望者が自由に持ち帰っていっていい物です。結果的には全体がインスタレーション風になりました。作家の意図しないことだと思います。もし毎日見ることができたなら、品物が一つ一つなくなっていき、全体のムードも変わるかもしれません。

f0126829_15441440.jpg
 ↑:横山隆。段ボールのコラージュによる大作、「彼方へ」。横山さんの気力充実振りをうかがえます。

f0126829_1547957.jpg
 ↑:竹田博。左から「作品」、「作品」、「花」。得意の色付きのキャンバスをはさんでの展示。真ん中の作品、酒のラベルの下に診察券を貼り付けているのです。「人生のバラード」でしょう。竹田さんは最近体調不調で酒もあまり呑むことはできないと思います。せめては絵の中だけでも酒を飲んで、病院に行ってゆっくり休養しようということでしょう。「キャバレー・タピオ展」までには回復してもらいたいですね。

f0126829_15535038.jpgf0126829_15543466.jpg









 ↑:渡辺英四郎。写真です。ガラスが邪魔をして写真が上手く撮れませんでした。青い作品などは素晴らしいのに、残念なことです。

by sakaidoori | 2007-06-07 15:57 |    (たぴお) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/5555371
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 211) エントランスホール ...      209) さいとう 「渡辺貞之... >>