栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 08日

213) コンチネンタル 「少女論」・学生展 終了(5月27日まで)

○ 少女論

 会場:コンチネンタル・ギャラリー
    南1西11 コンチネンタルビルB1F・東向き
    電話(011)221-0488
 会期:5月22日~5月27日(日)
 時間:10:00~18:00

 教育大札幌校4年生9名の女学生の美術展。
 参加作家。
 佐藤あゆみ(木材造形専攻) 松浦実那実(情報デザイン) 竹内綾(油彩専攻) 稲船愛子(情報デザイン専攻) 中林亜沙子(視覚・映像専攻) 阿南沙織(視覚・映像デザイン専攻)  大石若菜(視覚・映像デザイン専攻)  宮川友維(視覚・映像デザイン専攻) 室田恵梨(視覚・映像デザイン専攻)

 紹介が遅くなってすいません。
 写真による参加作家を紹介します。誤記があると思います。連絡下さい。

f0126829_95041.jpg
 ↑:木材造形の佐藤あゆみさん。「うたたね」、『小さい頃、何度も同じ夢をみることがありました』。

f0126829_9513151.jpg
 ↑:松浦実那実(情報デザイン)さん。「5512とみてきたもの」、『パートナーとなって1年半。彼を通して映し出される思い出は、まだ私のものになりきれてないように感じます』。

f0126829_216962.jpg
 ↑:竹内綾(油彩専攻)さん。「あまいゆめのなかひとり」、『甘い物に溺れる少女の空想世界を描きました。甘い物が好きな人は、それによって得られる幸福感となにかを知っている。空想と人の想像力に興味があります』。

f0126829_21134952.jpg
 ↑:稲船愛子(情報デザイン専攻)さん。「ULTRA GLOW」、『極彩色の時間、時間が流れるのは早い』。

f0126829_21243843.jpg
 ↑:(頂いた目録から以下の方の作品と思いますが間違っているかもしれません。)中林亜沙子(視覚・映像専攻)さん。「おでかけみきちゃん」、『きょうはえみちゃんのとくべつなひだよ おしゃれしておでかけしなきゃ』。

f0126829_2144246.jpg
 ↑:阿南沙織(視覚・映像デザイン専攻)さん。「ウサギ穴に落ちて」、『昔繰り返し見た夢。もう見れなくなってしまった今では懐かしい。ウサギがこっちを見ている気がする』。

f0126829_21394933.jpg
 ↑:右上のぶら下がっている作品が 大石若菜(視覚・映像デザイン専攻)さん。「トラトラちゃん『しょ、しょく』」、『かわいいモノは大抵飛びだしているようないないような?いってるようないないような?』。

 大石さん、室田さん、佐藤さん、宮川さん達が映像作品を発表していました。金属の佐々木けいし氏が俳優として友情出演をしていました。


 目録には「この展覧会は9人の女子学生が 自分の過去であり 今でもどこかに存在している 少女について考え 様々な手法で表現したものです」と、あります。個々の学生がそれぞれの「少女」を美術と映像で表現しています。表現といっても、写真を見ればわかるようにあまり難しく考えることはありません。少し恥ずかしい感じです。彼女達もそんな気持ちはあるでしょう。皆さん、22歳になっているのですから。それでも過去性としての少女、現在性としての少女を見つめて視覚化・客観化することは大事なことだったのでしょう。軽くユーモアを交えてピンクに表現していました。次回は力の入った作品を見たいものです。







 

by sakaidoori | 2007-06-08 22:04 | コンチネンタル | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/5495100
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 214) CAI 「齋藤周展」...      212) テンポラリー 「有本... >>