栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 06月 25日

232) アバウト欄の写真 3回目

f0126829_9101537.jpg


 澤口紗智子さんの写真作品(3月25日撮影)。(後でもう少し写りのいいのに交換します。)

 黒板に澤口さんがドローイングしたものを自転車を配して撮ったもの。
 夕張美術館の市直営としては最後の展覧会、「Finish and Begin 企画、夕張応援作家展」に出品された作品、「Line of Sight in旧夕張市立清陵小学校」。

 「少年時代」を思い出すような道具立てで、ありふれた写真に見えますが、若い澤口さんが「黒板」に自由に振舞っている姿が見えて、とても新鮮です。単純な線、単純な写真、過去ー現在ー未来、これからの夕張が涸れた病人の時代になるか、青春の光ある悩める時代になるか、澤口さんという個人の行く末と重ねて見てしまいました。


 (6月25日記) 夕張には2月18日と、企画最終日の3月25日に行った。ある程度の報告記は書いた。もう少し報告すべきだったが、時間だけがすぎてしまった。これはこれで良しとしておきたい。
 最終日に野口裕司さんに作品・「淡跡(あわあと)」紹介の許可を頂いた。遅くなりましたが載せたいと思います。皮膚に貝殻模様のような淡い刻印です。野口さんらしい繊細で綺麗な作品です。

f0126829_8522816.jpg



 去る6月18日に美術作家の門馬よ宇子さんがお亡くなりになりました。
 女史の作品も応援作家展に出品されていました。掲載許可の電話でお話ししたのが最後の交わりになりました。もう少し時間が過ぎてから、個人的な思い出を書きたいと思います。
 謹んでご冥福をお祈りします。
                     丸島 均

by sakaidoori | 2007-06-25 09:11 | ★アバウトの写真について


<< 233) アバウトの写真 4回...      231) 花  「昼顔」 >>