人気ブログランキング | 話題のタグを見る

栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ
2007年 04月 03日

127) 時計台 「外山欽平油絵個展」 ~4月7日(土)まで

○ 外山欽平油絵個展  作品Jシリーズ

 会場:時計台ギャラリー 2階A・C室
    北1西3 札幌時計台文化会館・中通り南向き
    電話(011)241-1831
 会期:4月2日~4月7日(土)
 時間:10:00~18:00 (最終日17:00まで)

127) 時計台 「外山欽平油絵個展」 ~4月7日(土)まで_f0126829_22325646.jpg


127) 時計台 「外山欽平油絵個展」 ~4月7日(土)まで_f0126829_22345075.jpg


 抽象画です。
 外山さんは毎年アルファベットを画題にして、「A」から始まり今年は「J」です。だいたい描くパターンは決まっています。文字を大きく描いて、デザイン的な機能美というより、見る人に適当に連想させる図柄です。文字面はフリーハンドのラインで分割され、ピンクがあでやかに走り、色合いを変えています。背景はだいたい緑で、文字の周りは薄めで暫時しっかりした色になります。緑の部分の画質感がセールス・ポイントの一つで「油絵だなー」とうなずきます。雨だれ風の模様が入っている場合が多いです。長々書きましたが、写真を見ればだいたいわかると思います。

127) 時計台 「外山欽平油絵個展」 ~4月7日(土)まで_f0126829_223639.jpg 一目見るなり優しくなった感じがしました。 薄い青色が目立ったからでしょうか。文字の中のピンクも、ショッキング・ピンクというわけではないのですが新鮮な感じです。「J」の字がお辞儀をしたり、ゆったりと居座っていたり、どうしても何かを連想して見がちです。作家はそういう目的を持って描いてはいないと思います。鑑賞者がいろいろ思うことは楽しんでいるかもしれません。抽象画といっても何かを描かなければ絵になりません。外山さんはアルファベットを描くと決める事によって、安心して絵を描けるのでしょう。

 何の意味のない文字と色と形とその組み合わせの世界、不思議に毎年見るのを楽しみにしています。なぜでしょうね。劇的変化も無く繰り返される外山ワールド、「絵とは何だろう」と知的探求をしたくなります。

 大部屋のC室がメイン会場です。向かいのC室に小さな小さな作品を並べてあります。作品の大きさ・意義から言ったら広すぎる部屋だと思いますが、気晴らし気分で覗いてみてください。落書き的な感じで、親しみがもてるかもしれません。


○ 外山さんも参加している、「第34回北海道抽象派作家協会展」の日程です。
 
 札幌市民ギャラリー、4月17日~4月22日、10:30~18:00  15名出品
 

by sakaidoori | 2007-04-03 22:42 | 時計台


<< 127) 時計台 「グループ ...      130) 近々の展覧会の案内と... >>