栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 03月 23日

113) 時計台 「第6回 サッポロ未来展」 ~24日(土)まで

○ 第6回 サッポロ未来展
          北海道新世代作家達の現在

 会場:時計台ギャラリー 2階3階全室
    北1西3 札幌時計台文化会館・仲通り南向き
    電話(011)241-1831
 会期:3月19日~3月24日(土)
 時間:10:00~18:00 (最終日17:00まで)
    
 (追記:出品作家名)(25日中に作家と写真の関係を追記します。)

113) 時計台 「第6回 サッポロ未来展」 ~24日(土)まで_f0126829_15124632.jpg


 去年の未来展は面白くなかった。今年の未来展は面白い。

 去年に限らず過去の展覧会は会場をもてあそんでいた。「未来」とか「新世代」という冠に反して、はみ出さんばかりの意欲に欠けていたと思う。おそらく出品作家一人一人のこの会に対する取り組む姿勢ににばらつきがあったと思う。最初の頃は会も手探り状態だから仕方ないのかなと思っていたが、昨年はひどかった。波田君は5点も出しているのに谷地元さんは中品を1点だけ。齋藤麗さんは小品を広い壁に数点並べているだけ。僕はこの二人が大好きなのですよ。並み居る仲間たちの中で、「私の作品を見てくれ」という若き情熱がないではないですか。怒り心頭に来て、受付にいた渡辺和弘君に出品の熱気の無さに文句を言ってしまった。渡辺君も困ったことだろう。どこの誰だかわからん親父にいきなり文句を言われて。黙って聞いていた。いつも買う図録も買わないで帰った。
 馬鹿でかい作品を出したら、それで良いのかとおっしゃる人もいだろう。30人近くもいるグループ展だ。質は自分が上と思っていても、更に大きさで他を圧倒する人もいても良いではないか。それが若さというものではないか。

 非難ばかりした。今年の褒め言葉に移ろう。

113) 時計台 「第6回 サッポロ未来展」 ~24日(土)まで_f0126829_15145346.jpg113) 時計台 「第6回 サッポロ未来展」 ~24日(土)まで_f0126829_15161813.jpg










 代表の波田君もこれでは遺憾と思ったかどうかはわからないが、カンフル剤を用意した。金沢・北陸から泥臭い作風の4名の男性作家を招待した。

113) 時計台 「第6回 サッポロ未来展」 ~24日(土)まで_f0126829_13582047.jpg113) 時計台 「第6回 サッポロ未来展」 ~24日(土)まで_f0126829_13593298.jpg











 堀一浩君。1969年、富山県生まれ、38歳。独立準会員。写真左側、異形の生物体「引力」、162×582cm、アクリル、キャンバス。北本真隆君。1978年、石川県生まれ、29歳。国画会準会員。写真右側、3連作の1作「FACE]、162×194cm(F130)、油彩、キャンバス。他に大泉佳広君。1973年、三重県生まれ、34歳。独立準会員。京岡英樹君。1973年、奈良県生まれ、34歳。独立準会員。「独立」の方は充分に泥臭く迫力がある。国画会の北本君の画質感は彼らとは違うが、鉄パイプを絵から貫通させている。何とも大胆。

113) 時計台 「第6回 サッポロ未来展」 ~24日(土)まで_f0126829_15183178.jpg 有名中央公募展作家が招待されるとあって、道内勢も意気盛んなところを見せたのではないだろうか。さきほど非難した谷地元麗子さんも「北の日本画展」には出品せず、ここに照準を合わせたようだ。作品は裸婦と猫でいつものパターンではあるが、良いではないか。「泡泡」、182×227cm(F150)、日本画綿布。彼女にはムンムンとした異様なムード立ち込める作品を期待している。エロスや風俗という画題に関係なく、どろどろとした胸騒ぎする絵を個人的には待っている。図録のプロフィール写真は一見の値があります。

113) 時計台 「第6回 サッポロ未来展」 ~24日(土)まで_f0126829_15193826.jpg 年に1回しか見れない齋藤麗さん。なかなかセクシーで魅入られる世界だ。ロウケツ染め。「りぼん」などの雑誌をバラバラにして染めて、再びアコーディオンのように四方を糸でつなぎ合わせて上下に垂らしている。作品の黒と隙間からの光、空気の出入りがあやかしの世界をかもし出している。彼女の場合は1室あてがわせてあげたい。

 出品作家の32名は過去最高。招待作家は先程の4名。
 昨年よりも6名多く、インスタレーションとして半室使っている。かなりの作品が大作だ。いかに今までが壁や空間を有効利用していないかの証明にもなっている。
 
 ところでこの会は道内出身で首都圏の美術系大学関係作家と北海道教育大学関係作家を参加母体にしている。もともと、首都圏で在京の作家達がグループ展をしていた。道内在住者を糾合して40歳以下の「新世代作家達」と名をうって、札幌を発表の場として出発した。2002年春のことである。札幌に美大系画家の現在を見せよう、作家たちも互いに研鑽しあおう、北都から国都に進出しようという意気込みである。
 来年も期待しています。(余裕があれば続編を違う角度から書きたいと思っています。)

113) 時計台 「第6回 サッポロ未来展」 ~24日(土)まで_f0126829_15221248.jpg113) 時計台 「第6回 サッポロ未来展」 ~24日(土)まで_f0126829_1524127.jpg













※ 参加作家。32名。斜線は初回からの参加者。

佐直麻里子  1987年、函館生。金沢美術工芸大在籍。
稲實愛子   1985年、札幌生。多摩美大在籍。
平野可奈子  同上   倶知安町生。多摩美大在籍。
宮澤祐輔   同上    札幌市生。多摩美大在籍。 
明円 光    同上   滝川市生。武蔵野美大在籍。  
片山美季   1984年、苫小牧生。女子美大在籍。
小林愛美   同上   釧路生。女子美大在籍。 
菊池博江   同上   多摩美大在籍。
秋元美穂   1983年、函館生。武蔵野美大卒、教育大在籍。   
高村葉子    同上  士別生。武蔵野美大在籍。
長屋麻衣子  同上   斜里町生。多摩美大在籍。
こうの 紫   1981年、札幌生。女子美大修士課程修了。
青木美歌    同上   東京生。武蔵野美大卒。
西山直樹    同上   東神楽町生。京都造形大在籍。
藤井康子    同上   稚内市生。東京芸大大学院博士課程在籍。
渡辺元佳    同上   伊達市生。武蔵野美大卒。  
佐藤仁敬   1980年、滝川生。金沢美術工芸大修士課程修了。独立展会友。
谷地元麗子  同上   江別市生。教育大研究科修了。道展会友。
風間真悟   1979年、武蔵野美大大学院在籍。
齋藤 麗    1978年、多摩美大修士課程修了。
田中怜文   同上    旭川生。
三浦卓也    同上   函館市生。多摩美大卒。
宮地明人    1977年、岩見沢市生。武蔵野美大在籍。全道展会友。
渡辺和弘    1975年、札幌市生。教育大卒。道展会員。
河野 健    1973年、苫小牧生。愛知県立芸大在籍。
久津間律子  同上   江別生。 
佐藤正和   同上   函館生。東京芸大大学院終了。
竹居田圭子  1971年、東京生。教育大卒。
波田浩司   同上   江別市生。教育大卒。独立展会友、全道展会友。
水野智吉   1969年、函館市生。上智教育大大学院修了。全道展会員。    
村山之都   同上   旭川市生。武蔵野美大大学院修了。
戸山麻子   1967年、東京都生。武蔵野美大卒。



 

by sakaidoori | 2007-03-23 15:26 |    (時計台)


<< 114) たぴお 「高田稔個展...      112) 近々の展覧会の案内と... >>