栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 03月 04日

87) 江別・ども 「佐藤久美子(しちふく)個展」 ~3月16日まで 

f0126829_18454157.jpg○ 佐藤久美子(しちふく)小作品展覧会  

 場所:ギャラリー・ども
    江別市2条2丁目7-1 ドラマシアターども
    電話(011)384-4011
 期間:2月27日~3月16日(金)
 休み:月曜定休
 時間:10:00~19:00

f0126829_18441035.jpg
 佐藤久美子さん、昨年羽ばたいた一人であろう。

 昨春の当別駅近くの個展以来、札幌市内の料理店、レストランの常設展示、書籍の表装作品、今春からの道新文化教室の絵画教室講師と本人にとっては喜びの連続であろう。作品としてのこの一年間は新たな展開をみせるというよりも、技法や表現ジャンルの幅の拡がりの修得の年であったようだ。ギリヤーク尼崎との踊りと自作絵画との競演、CAIのFIX・MIX・MAX関連展の参加など交流面でも広がったことと思う。おそらく今後も仕事は増えるだろう、仕事と絵画研鑽・自己表現の両立に励むことであろう。

f0126829_18481891.jpg
 場所はJR江別駅を降りて右側、交番横を通り50mほど石狩川方面に進みます。幅広い道路の向こう側、バス停脇のレンガ造りの建物の2階。市民有志の演劇公演も可能な広くて大きい建物。喫茶店が隣にあるがそこを通らなくても観覧は自由にできます。こざっぱりとした空間。以前記事にした「ホワイト ルーム」が女の子の遊び場として例えましたが、「若い女性の宝箱」のような空間です。備え付けの椅子もテーブルも古めかしいのですが、不思議と合っています。展示してある高校時代の怖い顔のトイレの中の自画像の世界が7,8年の年月の流れでこういう部屋になりましたという感じです。冒険に挑む部屋というより、プライベート・ルーム、自己確認の空間のようです。

f0126829_18495813.jpg 作品は最近修行している陶板の小品や本人のブログにも紹介している写真などもあります。彼女の作風は賑やかでうるさくて楽しいということでしょう。銅版作品の上から手彩色を得意としているようです。
 僕はあるとき彼女の作品を平等主義と言ったことがあります。どういうことかというと、焦点が沢山合って、その一つ一つの焦点が小も大もみんな僕の目に平等に飛び込んでくるのです。音楽でいうところの強弱やメリハリはあまり意にしないようです。後から平等に付け足し付け足しで描いていると言い換えてもいいかもしれません。そして「私を見て」といって皆が同時に僕に迫ってくるのです。だから、見にくい作品に出会うこともあれば、普通の作品には味わえないような視覚体験をするときもあるのです。そんな所に注意しながら彼女の作品を楽しんでいます。

f0126829_1855469.jpgf0126829_18521287.jpg 
















f0126829_20224550.jpg
 《道新文化センターの講座案内から》

 「水彩絵の具を中心にパステルや鉛筆など好きな画材を使って描く、固定観念にとらわれない自由な絵画教室です。・・・・初めて絵を描く方でも大丈夫、一人一人に合ったアドバイスをします。・・・失敗を恐らず楽しく描いていきましょう。」
 ○ 定員 15名
 ◎ 土曜日 13:00~15:00
 ○ 4月~6月(12回)12600円、 7月~9月(12回)12600円
 ◎ 中央区大通3丁目6道新ビル大通館7階
   電話(011)241-0123

by sakaidoori | 2007-03-04 20:37 | [江別] | Trackback(2) | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/4750328
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Tracked from わたくし、こんな絵をかい.. at 2007-03-05 12:29
タイトル : タイル作品その1&ラジオ出演しちゃうんですよ
タイル作品も少し紹介します。 左: 破水剤(水気をはじく液体)ではじめに線を描いてしまってから 絵の具を乗せていきました。破水の掛かっているところにも、 無理やり絵の具を塗ってみる。タイル絵を描く時って、 不思議なくらい何にも考えずにサササと進めてしまいます。 一発勝負だと思うからでしょうかねぇー 訳の分からぬ物体が… 気がついたらヘンな顔が出てきた。 右: こっちは土が乾かないうちにニードルで引っかいたもの。 こっちだとはっきり線が出てくれます。 ...... more
Tracked from シリウス通信 at 2007-03-12 06:38
タイトル : 「sichihuku Exhibition'07」 佐藤..
〜sichihuku EXHIBITION'07〜  エネルギッシュで賑やかな画風の、当別町在住の新進イラストレーター、佐藤久美子さん(HP、ブログ)の個展。最近は本の装丁や書道でも活躍中。「(前回、同じ会場で展示した)ギリヤークさんの作品とは違って、いつもどおりの騒がしい作品....... more
Commented by sichihuku at 2007-03-05 01:10
丁重かつ懇切丁寧なレビューをありがとうございます。しかも道新の講座案内まで!!助かるっ!!
元々置いてあったテーブルはもっと大きなものだったのですけれど
初日にいらしたお客様と、ギャラリーオーナーの“がまさん”が、「こっちにしなよ」って
あの椅子とテーブルを出してくださったんですよね。
あれ、どもさんが20年以上前若くて苦しかった時の、ご友人の手作りなんですって。
『自己確認の空間のようです』の言葉、なるほどなぁと思いながら拝読しました。
急に決まった展示でしたが、まさにそんな感じが自分でもしないでもありません。
色んなことをいろんな人に経験させてもらい幸せです。まだ型にはまりたくないのです。
一つの絵から発展してゆくことが、結果私の可能性の一つになるんですね。
これからはまたさらに一つ深みを増すような作品を生み出せるようになりたいな。
それはきっと精神面の向上って意味になるんじゃないでしょうか。
Commented by sakaidoori at 2007-03-07 18:07
>しちふくさんへ

 返事を書いたつもりでいましたが、心の中に書いてばかりで、文字にするのを忘れていました。

 不ぞろいの椅子たちが似合っていましたね。しちふくさんの写真を載せれたら良かったのですが、次の楽しみにしましょう。この記事からほんの少しですが綺麗な写真を心掛けるようにしています。しちふくさんもそうですが、他の方のブログの写真は綺麗ですね。

 札幌でも良い機会があれば個展をされるといいですね。きっと、ファンも増えると思います。個展時には連絡下さい。


<< 88) 芸森 「ドラマティック...      86) ②夕張市美術館 「Fi... >>