栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 02月 22日

70) テンポラリー 「藤谷康晴個展と酒井博史ライブ」 ~23(金)明日まで

○ 藤谷康晴個展  CONCRETE FICTION

 場所:テンポラリー スペース
     北16西5 斜め通・東向き
 期間:2月13日~2月23日(金)
    電話(011)737-5503
 時間:11:00~19:00
 
☆ 酒井博史ソロ・ライブ  ライブ『刻歌生唱』5
       ~The game will be a fi-x-ion.~

 場所: 同上
 日時: 2月17日 19:30~
 料金:1000円

 15日のジャズライブに続いてのライブだ。

f0126829_1241423.jpg
 酒井君は弾き語りのフォークだ。オリジナルは全て処分して一から出直し、歌謡曲、ポップなど全てカバーだ。昨年の10月からテンポラリーと隣のテーラー岩澤宅で月一でソロライブをしている。だから5回目だ。9月にたまたま彼の歌を聴いて余りに感激した。思わず「月一で千円ライブをしようよ」と発言したのがキッカケで始まった。f0126829_125432.jpg 彼の歌は激しい。余りに激しく情熱的に歌う。この日は弦を2度切った。弾くのに邪魔なので、い合い抜きのように切れた弦を引きむしっていた。素人の耳でも音からボリューム感が消えたのは分った。その分、腹の底から歌っていた。彼の声は綺麗だ。地底からのうなるような声と、哀切に満ちた透明な声と・・・・彼は自分を鼓舞するように、恨みを吐き出すように、誰かに訴えるようにして歌う。芸術は好みだ。万人が彼を好きになるとは思わない。はまった人にとっては健全な薬(ヤク)のようなものだ。すっきりしてしまう。昨年12月に30歳になったばかりだ。判子屋さんでもある。名刺を含めた印刷屋さんでもある。

 藤谷君のD.M.を酒井君が作った。このD.M.はとてもマニアックだ。手に触れて触ってもらいたい。手にへこみが伝わってくる。凸版・活版印刷なのだ。(僕も名刺を1300円で作ってもらった。)触って楽しいD.M.だ。更に泣けてくるのだ、このD.M.は。「CONCRETE FICTION」と印刷された部分に絵が描かれている。何と何と全て手描きなのだ。呆れるほどのこの情熱。
 芸術を日常と別つ二つの筋目があると思う。たとえ他を圧する技術に支えられていても、自己否定という克己心にもとずく無目的表現力。静かであっても激しくても「呆れる」ような情熱、持続力、意志。

f0126829_127348.jpg
 背景のマンホールのある作品に、上から修正液による白で落書きライブを明日します。11時から始まり、きっちり19時で止めます。終了後興奮冷めやらず遅くまで残っていると思います。19時にこだわらないで見に来て欲しいです。

 この日の酒井君は藤谷君に対抗するようなサブ・タイトルを付けた。未完成なオリジナルを含めてハイテンションに進行した。全部で20曲。最後は「コンクリートにぶつける」という歌詞のある歌で終わった。余りに充実して終わったのでアンコールの意味がなくなった。余韻がぶち壊しになってしまう。お客は残念だが4人だった。いつもは10人以上来てくれるのだが端境期のようだった。共に楽しめる人間を増やしたい。 (後で曲目を記します。)

by sakaidoori | 2007-02-22 12:47 | テンポラリー | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/4665534
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by kakiten at 2007-02-22 17:50 x
栄通りさんの溢れるようなふたりへのメッセージが読んでいてひしひし
と伝わります。人数はともかくとして濃い密度のあるふたりのライブ!
でした。聞き手もまた栄通さんの文に象徴される熱い濃いものでした。
そのキヤッチボールがあって会場はくっきりと深い時間を保ったので
す。そうある事じゃないそう思います。いい文章有り難う御座いました。
Commented by ありもとゆかり at 2007-02-22 21:42 x
私も薬にはまったひとりです
曲をひとつひとつとても大切にしていて…
愛しているのですね
そんな酒井くんの真摯なきもちと曲の美しさが
声にギターにひとつになって届けられます
こういう時間てうれしい!
音楽ってすばらしい!
栄通さん、また幸せな時間を共にしましょうね
Commented by sakaidoori at 2007-02-23 01:40
>kakitenさんへ

 情熱的なコメント、有難うございます。そんなに良い文章とは思えませんが、気に入ってもらえて嬉しいです。ライブは良かったですね。酒井君も藤谷君の作品に囲まれて気負いが歌に乗り移っていましたね。

>ありもとさんへ

 まさか此処に来てくれるとは驚きです。
 そうですそうです、ありもとさんの言うとうりです。僕も貴女のように優しく語れればいいのですが、硬い文章になりました。また一緒に聞きましょう。仲間を増やして聞きましょう。
 彼は煙草を吸いすぎるのです。健康は害してもいいのですが、良い声を出すのにはダメなのです。ありもとさんからもきつく注意をして下さい。僕が言うよりも、女性が言う方が効果があると思います。禁煙2ヵ月後の声を想像してください。しびれると思います。
Commented at 2007-03-26 10:28 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。


<< 71) タピオ 「寒桜忌展」 ...      69) さいとう 「内海真治個... >>