栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 02月 04日

41) 茶廊法邑 「卒業記念 三人展」(終了)

○ 三人展   浅井学園大学卒業記念 三つの自己表現
 
 場所:東区本町1条1丁目8-27
    電話(011)
 期間:1月24日~2月2日
 休み:火曜日
 時間:10:00~18:00(最終日は17:00まで)

f0126829_22272398.jpg
 先日まで時計台ギャラリーで同大学のグループ展をしていました。きっと気の合う仲間なのでしょう、その中の3人がより広い場所でより少ない人数でのグループ展。大作は各人の日頃の作品、小品は「花」などの共通テーマでまとめての展示。上の写真はピンボケですが全体の広さムードを確認してください。

f0126829_224415100.jpg
 一番気に入った作品です。宮下佳菜未さんの「悲哀」。宮下さんは先述の時計台でも人と、f0126829_094962.jpgからみつくアリ達を描いていました。見てのとおり、本作も同じモチーフです。宮下さんはアリが好きかどうか分りませんが、同じ物を几帳面に繰り返し繰り返し描くことが好きなのでしょう。そういう絵を見るのは好きです。今作、妊婦にからみつくアリは気持ち悪い物ですが、行儀良く並んでいて、几帳面さが災いしてそれほど不快感を与えません。どこか、おとなしく綺麗にまとめたいという意識があるのでしょう。アリを描いていて本人が夜叉になるということは無いのでしょう。右の写真は大作の部分図で自画像と思います。背景は水彩紙をちぎって綺麗に几帳面に張り詰めています。


f0126829_011255.jpg 左の写真は藤本絵里子さんの小品。なんとも品と落ち着きのある色合い、図柄でしょう。支持体から離れた円形物のリズムも心地良いです。タイトルは皆さんで想像して楽しんでください。大作良し、小品良し、新道展はどう彼女と関わっていくのでしょうか。色のことですが、本人はこの色にこだわってはいないと言っていました。少し驚きました。次はどんな色で来るのでしょう。







f0126829_233732100.jpg
 赤の好きな高橋美香子さん。「街角のアリス」。写真で見るより実物は油の材料が良く乗っています。イラスト・タッチの均一塗りではありません。問題は好きな赤の部分です。周りが油彩的なのに反して、抜けてぞんざいな感じです。意識的な工夫かもしれませんが、成功しているようには見えません。しかし、意識的な絵画上の問題でしたら作品のできに関係なく大胆な実験作だと思います。どういう意図なのか聞いてみたいです。

 最後に法邑について。
 すでに今年の予定は全て埋まっています。広さのわりに格安だからと思います。以前まではそれだけの認識でした。今回広くて立派な板カウンターに座ってオーナー法邑夫人を始めてお会いしました。とても気さくな人で驕ったところは一つもありません。関西のお好み焼きのおばちゃんという感じで(失礼)、四方山話をしてきました。この人柄で作家達が集まるのでしょうね。オーナーの活動に敬意を表して今年の予定表を下に掲載します。リンクから入れるようにしますので、利用してください。

 

by sakaidoori | 2007-02-04 23:56 | (茶廊)法邑 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/4520576
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by ふじもと at 2007-02-05 21:19 x
藤本絵里子です。

今回は時計台ギャラリー、茶廊法邑でのグループ展、鑑賞いただき、そしてこのようにブログで紹介していただき、本当にありがとうございました。
お礼が遅くなってしまって申し訳ありません。

グループ展が一段落し、早速次回作の構想を考えています。
あの色や丸いパーツにこだわることなく、新しい表現方法やスタイルを見つけていきたいと思っています。

・・・思ったからといっていい作品ができるわけではないですが・・・。

またどこかで私の作品を鑑賞していただけると嬉しいです。
Commented by 栄通 at 2007-02-05 23:09 x
 藤本さん、今晩は。

 卒業時の門立ち展、心踊る物があると思います。今後は激励、叱責に右往左往することなく、独立独歩、信じるわが道を歩んでください。まだまだ過渡期です。一喜一憂しながら、精進してください。

 次回を楽しみにしています。他の仲間にもよろしくお伝え下さい。


<< 42) お知らせ 平成19年度...      40) 茶廊法邑ギャラリー予定表 >>