栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 01月 10日

12)時計台「野口裕司展」 

○ 野口裕司展  「二つの風景」

 場所:時計台ギャラリー 3階EF室
    北1西3 電話(011)241-1831
 期間:1月8日~1月13日(土)
 時間:10:00~18:00 最終日17:00まで

12)時計台「野口裕司展」 _f0126829_1340137.jpg

 今年初めての個展鑑賞。面白い。
 「皮膚の人・野口」あるいは「レシーバー・野口」と呼んでいる。

 1994年から毎年ここで個展をしている。仕事上(中学校教諭)この時期がベストなのだろう。今展もこの場所を熟知している男の芸だ。仕切られた二つの空間(部屋)表現、タイトルにある「二つの風景」である。
 正面の部屋。暗く陰鬱だ。壁一面にコピーされた変な描写物が張られている。作品だから近づいて見るが意味不明。その状態で振り向くと同じ景色が一望に見える。赤いざくろのような物は乳首に、その辺りがふっくらとして乳房に、全体が女体の皮膚に見える。縦横に走る線はサド的で痛々しくエロチックだ。床に光源を蔽っている白い物。まるで女性の下着のようにコレクションとして3点置かれている。大事な宝とも言える。比喩的に言えば、野口君のプライベート・ルーム、陰にして心の中の闇の部分である。めぐらされたコピー物はまさしく皮膚であり細胞膜である。体内回帰のように部屋にうずくまり己自信の皮膚と対話し、内に帰り外に出ようとしている。野口君は赤い斑点は核だという。それが細胞核を意味するなら、癌という悪性腫瘍になろうとしているのか、無害な良性腫瘍になろうとしているのか、ぎりぎりのせめぎあい、緊張を感じる。

12)時計台「野口裕司展」 _f0126829_14172025.jpg
 
 別の入り口から第二室へ。前室が洋室ならば、ここは和室だ。畳もあり襖風に障子風に仕切られ香まで焚かれている。野口君の公的な書斎ともいえる。この部屋で初めて彼の作品そのものに逢う事ができる。それにしても彼はそんなに表現主義的な作品を作っていただろうか。何を作っても「美」が強かった。皮膚。それは内と外をさえぎり、生命体の輪郭・占有範囲を確定する。皮膚はレシーバーのように外の情報を受け取り自分の物にする。彼の作品、感覚はそういう皮膚的健全さしなやかさ美しさを基本にしていた。今展は皮膚そのものが主張しだした。美醜を越えて直接的に鑑賞者に訴えている。
12)時計台「野口裕司展」 _f0126829_14403369.jpg


 野口君は能弁だ。作品だけでは言い足りないかのように、配布資料にも多く文章化している。訪ねる客人にも真剣に語りかける。

 1968年、札幌生まれ。1993年、教育大学札幌校日本画研究室卒業。現在38歳。1992年に仲嶋貴将君と二人展、さもありなん。同世代の作家たちとの共鳴を見たいものだ。

 ☆ 好み度 4.5

by sakaidoori | 2007-01-10 16:12 |    (時計台)


<< 13)af「絵画の場合」 ~20日      11)時計台「にかわえ展」 >>