栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 01月 07日

8)市民ギャラリー「北海道教職員美術展」

○ 第37回 北海道教職美術展ー絵画・彫刻・工芸・書道・写真
 場所:札幌市民ギャラリー
     南2東6
 期間:  ~1月9日(火)
 時間:10:00~17:00 最終日は15:00まで
f0126829_8472667.jpg

 正月明けの絵画鑑賞の楽しみの一つ。残念ながら今年は寂しい物でした。出品者の数が減って、見れない方が何人かいた。その関係か、絵画に与えられた壁の一面が無展示だった。教職員で絵を描いている人はかなりいるはずだし、その人たちの組織化というか、出品勧誘能力に減退をきたしているのだろう。作家たちもこの展覧会に魅力を感じないのだろう。関係者の工夫を期待したい。この何年間の配布目録を写真掲載した。昔は素晴らしい図録だった。招待作家作品、賞確保作品のカラー写真で豪華だった。これを見て作家と作品を覚えたものだ。40ページほどあった。今年は5ページで入選作品評のみである。てっきり、全作品目録であると思ったが、勘違いしてしまった。だから、今展の招待作家名と作品名はわからない。メモするのを忘れてしまった。

f0126829_9628.jpg
 
 左が竹津昇さんの水彩画。壁を得意とする作家である。右が鵜沼人士さん。プラトニック・ラブ的に女性画を描く。好きな作家が並んで見れてよかった。会場風景
f0126829_9122451.jpg

 
 

by sakaidoori | 2007-01-07 09:13 | 市民ギャラリー | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/4271340
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 川上@個展deスカイ at 2007-01-07 23:49 x
竹津さんはただいまスペインに旅立っている模様です。中旬帰国予定。想像ですが、図録の中止は予算カットが理由ではないでしょうか。どこの共済組合も赤字ですから。同様に作品輸送が個人負担に切り替わったのだったら地方からの出品は少なくなると思いますねえ。
Commented by sakaidoori at 2007-01-08 16:36
川上さんへ

 竹津さんの帰国ユリイカ展を楽しみにしています。

 図録は予算上の問題が大きいと思います。もっとも、多部門混成ですから、部外者にはわからない問題を抱えていると思います。

 作品輸送を主催者負担していたんですか?考えもしませんでした。新十津川の移動展は主催者負担でしょうね。というか、今回は例年よりも参加者が少ないのですが、もともと絵画、彫刻、工芸に携わる人の参加率は少ないと思います。職域、あるいは職場を基盤にした絵画展参加の魅力が減っているのではないでしょうか。書道は盛況ですね。写真も堅実な展覧会でした。

 輪島進一さんが見れなくて残念でした。伊藤光悦さんは停年退職されたのですかね。日本画の若手で西谷正士さん、高橋潤さんも見れなくて寂しいです。見てないといいましたが、僕のミスで参加していたかもしれません。


<< 9)市民ギャラリー第59回 北...      7)どらーる「佐々木けいし展」 >>