栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2007年 01月 03日

3)年末年始のグループ展・タピオの場合  ~20日

○ 異形小空間26人展12th

 場所:タピオ
    北2西2・中通り東向き・道特会館1F
 期間:12月18日~1月20日
 休館日:毎日曜&12月31日~1月3日 
 時間:11:00~19:00

 タピオの開館時間について。
 正式には午前11時からですが、警備員の関係で10時半から空いていたりします。夜は居酒屋タピオになります。雰囲気を臆しない人は遅く行っても構わないです。お酒もご馳走になれると思います。

f0126829_21575095.jpg
 26名とありますが、2名欠席。
 うるさく展示していますが、いつものことで見慣れています。当然、タピオ支援グループ展でもあります。

 異形展と言っても深い意味は無いと思う。何でもいいから年末年始にここに作品を並べて、一年を振り返り、一年を始めようということです。異形とは作家自身であり、この時期に来るという「なまはげ」のような異界のマレビト(訪人)のことでしょうか。

 今展、一押しは花田和治さんの「インドの王子」。タイトルの意味は不明。背景の青と、なんとも茫洋とした画中の形がいろんなイメージを膨らませてくれます。

 なかなか楽しませてくれたのが、阿部有未さんの裸体の版画。離れて見たほうが良かった。骨太な線、曲線、画面一杯を使っていて、若さと力強さを感じました。家内がしきりに画法を気にしていたが、単に銅板腐食画法と思った。あまりに突っ込むので自信が無い。
 腕から腰のラインが中年男性の目には不満でした。タイトルはアルファベットを引っくり返したような字で書けません。当然、意味不明。

 福地秀樹君。タピオでは初参加ではないでしょうか。先月札幌資料館で個展をしました。挑発的失言をしたので、お詫びを込めて後日その紹介をしたいと思います。江別在住、版画家、30歳前後?

 期間が長いです。ちょと立ち寄ってください。

 (ほぼ、ミクシィーよりの再掲)

by sakaidoori | 2007-01-03 22:09 |    (たぴお)


<< 4)(資料①)ギャラリー案内      2) 白石区民センター 「謹賀... >>