栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 13日

2597) 「大島龍版画展」 さいとう 終了/8月21日(火)~8月26日(日)


大島龍版画展



 会場:さいとうギャラリー
     中央区南1条西3丁目1
      ラ・ガレリア5階
      (北東角地。)
     電話(011)222-3698

 会期:2018年8月21日(火)~8月26日(日)
 休み:月曜日(定休日) 
 時間:10:30~18:30
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーー(8.24)


f0126829_10575786.jpg



会場を左回りします。「青」の世界です。会期中は夏、夏を思い浮かべ、海のような青、こころ模様のような青、川の青?・・・青青青を感じて下さい。



f0126829_116348.jpg
   ↑:右側、「カワノカタチ 二月ノ川」。
   ↑:左側、「カワノカタチ ケアラシ(河ノ三月」。




上の写真は始まりの作品です。
以下、左回りに会場を廻って下さい。タイトルはほとんど「カワノカタチ」です。


f0126829_119281.jpg



f0126829_1195414.jpg





f0126829_11104317.jpg





f0126829_2383935.jpg





f0126829_2391867.jpg




f0126829_2394529.jpg




f0126829_2310326.jpg




水彩画のような世界、でも水彩特有のにじみによる濃淡ではなく、ベタなインクと、その重ねによる青色表現。濃淡もさることながら強い!



f0126829_23221926.jpg
   ↑:「カワノカタチ スガワレ(川音)」。


上掲の作品、「重ね」が判ると思う。
輪郭線も特徴的だ。要するに強い!青色と余白の白、そして「カワノカタチ」、間違いなく日本的余情、情緒的ニュアンスがあるのだが、「情」におぼれない「個性美」と「強さ」を感じる。つまり、余白も色で塗りつぶしかねない作家の情念を思う。塗りつぶしたいのだが、そこはグッと我慢して、日本的伝統の「描かざる余韻」に身を任せる。
日本美は具象の中に抽象的リズム・情緒を宿している。だから、大島作品美学も、抽象作品に見えるが、常に具体的イメージが情念に引っ付いている。今回の作品は「川」であり、「海」であり、「空」であり、「宙」、そして「心」がガッチリ作品に抱き合っている。この抱き合いに版画に対する作家の信頼がある。ベタッと紙とインクと版と作家の信条が引っ付いている。



f0126829_23401341.jpg
   ↑:「カワノホトリデ カワノホトリデ(誕生の歌)」。


大島流、「自由の精神」です。楽しくなります。川の中には、こんな風にいろんな生きものがあるということか。「青」の中に命を託しているのでしょう。




f0126829_2345125.jpg




ところで、会場には不思議な音色が流れていた。太鼓だからリズムカルな響といえば簡単なんだが、リズムでもありメロディ0でもあり、叩くというよりも奏でる、はじく、なめる、滑らせる・・・そんな奏法であり音の居住まいだ。インドのバロック・通奏低音といいたい。
奏者は渡辺洋(ひろし)、楽器は「タブラ」!覚えて下さい。

by sakaidoori | 2018-09-13 23:52 | さいとう | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/30045724
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2598)③「群青 『元気展...      2596)②「群青 『元気展... >>