栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 11日

2594)「徳丸晋展 -minamo-」 新さっぽろg. 終了/9月5日(水)~9月10日(月)

  



徳丸晋展 
 -minamo-




 会場:新さっぽろギャラリー
      厚別区厚別中央2条5丁目6-3
      デュオ2の5階
      (デュオは地下鉄新札幌駅周辺にあるショッピング・ビル。
      地下鉄&JR新札幌駅と直結)
    

 会期:2018年9月5日(水)~9月10日(月)
 休み:
 時間:10:00~19:00 

※トークイベント→8日(土)、9日(日)、。14:00~14:30 

※問い合わせ:花田(アートプロデューサー)090ー9439ー7921 

ーーーーーーーーーーーーーー(9.9)

震災の影響で9月9日にやっとオープン!いろいろと大変だったことと思います。ご苦労様でした。


結果的には初日ということや、午後からトークがあるので会場は少し混み合い状況。会場風景が上手く撮れなかったです。



f0126829_1105290.jpg



以下、会場を左回りします。



f0126829_1165982.jpg




f0126829_1172247.jpg






f0126829_1183658.jpg



 この空間が圧巻だ。左壁、下三分の一は外光防止のために黒紙がびっしり、その黒と作品の緑と黒が一体して、この空間を綠深い森にしていた。



f0126829_1112754.jpg





f0126829_11131412.jpg



(以下、敬称は省略させていただきます。)


徳丸晋の制作スタイルは決まっている。羊蹄山麓にある半月湖の水面がシャッタースポットだ。シャッターチャンスは秋の紅葉の時期、陽が落ちる夕方時だ。山の紅葉色が半月湖の水面に映る、その色合い、湖面のたたずまい、仄かな波の移ろいを無造作に、手慣れた感覚でパチり、パチリ、またパチリ。風と光は刻々変化する。その軸の流れに身を任せて一所懸命に水面と向き合い、カメラにその美と不思議を収める。
(もっとも、今展のメインの綠作品は真夏です。「夏の綠」にチャレンジでした。)

見慣れた作品もある。しかし、会場の広さ照明などなどで会場毎に随分と印象が違うものだ。
今回は水面の奥の不思議さよりも、水面の表面の輝きが絵画のようで、分厚く眩しかった。塗り込める筆跡はないのだが、水面の波形が筆跡のようで、紅葉の色の重なりが、何層にも重ねられた絵具のようだった。逆に、絵画って何だろう?そんなことが気になってしまった。

どこまでも水面の表面の、見た目の世界の七色の輝き、輝きの中に身を置く喜び・・・そんな徳丸晋ワールドだった。



f0126829_14482649.jpg



f0126829_14492714.jpg



 上掲の2枚の写真、人のいる方が見てて楽しい。登場人物は若くはないが、着ている洋服が固定された作品の色を動かせて、会場全体が華やいで見える。作品が添え物か、人の服が添え物か、混じり合って良い感じ。



f0126829_14535857.jpg




f0126829_1458722.jpg



f0126829_145914.jpg



f0126829_14591982.jpg
   ↑:「minamo20170713_140034tr」・252.3㎝×475.2㎝ パネル分割展示。








f0126829_1513254.jpg


f0126829_152029.jpg
   ↑:左側、「minamo 20081012_150520」・118.㎝×84.1㎝(A0)パネル。
   ↑:右側、「minamo 20101028_144852」・A0 パネル。




トーク・タイムが予定されていた。
「徳丸晋・写真論」というものではなかった。シャッター・スッポト、パワー・スポットとしての半月湖を語る一時だった。



f0126829_1574068.jpg






f0126829_1581377.jpg

by sakaidoori | 2018-09-11 15:38 | 新さっぽろg. | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/30041990
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2595)①「群青 挨拶&『元...      2593)「植村宏木 (硝子造... >>