栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 22日

2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   

徳丸滋個展
 
All Kinds of Insects
SHIGELU TOKUMARU
          


 会場:時計台ギャラリー 3階G室
      中央区北1西3 
       札幌時計台文化会館
      (中通り南向き)
     電話(011)241-1831

 会期:2016年5月9日(月)~5月14日(土)
 時間: 10:00~18:00 
      (最終日は~17:00まで。)
 
ーーーーーーーーーーーーーーーーー(5.14)

2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_9433260.jpg




2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_9434512.jpg



 
 部屋は虫だらけだ。見慣れた虫ばかりだ。画家の好きな羊蹄山や、得意とする風景作品は一つもない。「虫だらけ」といっても、虫の標本展示とは全く別物で、まさしく「徳丸・虫」だ。
 それでは、「徳丸・虫」とはどんな特徴か。虫の形がかわいい、ググッと迫る細密描写、そして、「この虫は生きているんだ」という生命観だ。この三拍子、可愛くて、細かくて、生きている、を堪能していただきたい。








2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_10195754.jpg



 今展は、かなりの過去作(20年ほど以前)と最新作で構成されている。

 上掲の作品群は最新作だ。氏はそれなりの高齢だ。しかし、衰えることない緊張感がある。




2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_10233718.jpg
   ↑:「コガネムシ」・46×121㎝。



 どこか「かわいい」。2匹のコガネムシが大きなメンタマに見えてしまった。それは徳丸滋・眼球だ。
 リアルなんだけど、リアリズムではない。虫たちは「かわいい」。
 真善美を追求する徳丸ワールドにあって、こういう「かわいい」という人畜無害な日本女の子言葉は失礼かもしれない。

 氏の絵画追求は見えるものをトコトンまでリアルに追求して・・だからどうしても細密描写になる・・・見えない彼岸に迫るというものだ。だが、そればかりでは精神が「生真面目」という鎖に縛られる。そこで「虫」という良き画題の発見だ。虫はかわいくて、細かく見たくなるし、だからこそ生きている。そこに「徳丸・かわいさ」を注いで再生させよう。





2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_1026106.jpg
   ↑:「ヨツモンカメムシ」・44×88㎝。



2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_10274434.jpg
   ↑:(上掲の部分図。)





2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_10313972.jpg




 上掲のシリーズは20年前ぐらいに発表したもので構成されている。




2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_10424889.jpg
   ↑:「ヘラオオバコ」・30×70㎝。



2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_10501978.jpg
   ↑:(上掲の部分図。)



 虫の世界とは言え、いや、虫の世界ゆえに微に入り細に入り生きている場を見つめている。
 そして、このピンク!日本の画家はなかなかピンクを使おうとはしない。ピンクがあまりに狭いイメージしかあたえないからだ。いわく、「女の子っぽい」。「それでは本格絵画にはなじまない」と、生真面目な日本男子絵画作家は決めつけがちだ。昔は「貧乏」というのが身近だったから、「ピンク」では気合いが入らなかったのだろう。
 徳丸ワールドも徹底真面目ワールドなんだが、「遊び心」も旺盛だ。自由に取り組んでいる。色に対しては「ブルー」への禁欲的拘りと、それ故に百花繚乱のパラダイスを自由に往き来している。
 (今展では、本格的大作絵画のブルーへの徹底作は見ることができない。近美に闇夜の中で樹の這い回る根っこを描いた作品があります。いつの日にかご覧になって下さい。)



2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_1058064.jpg
   ↑:「アサツキ」・31×21㎝。



2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_1122544.jpg




 
 以下、適当に個別作品を載せます。


2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_1131452.jpg
2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_1133935.jpg
   ↑:左側、「ハエ」・20×14㎝。
   ↑:右側、「ゾウムシ」。




2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_117428.jpg






2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_1171313.jpg
   ↑:「クジクチョウ」。




2529)「徳丸滋個展 『All Kinds of Insects』」 時計台 終了/5月9日(月)~5月14日(土)   _f0126829_1192939.jpg
   ↑:「トンボ」・18×11㎝。




[#IMAGE|f0126829_11281549.jpg|201605/22/29/|right|   →:「ハンノアオ」・31×21㎝。

by sakaidoori | 2016-05-22 11:29 |    (時計台)


<< 2530)「(徳丸晋写真展)『...      2528)「丸島均と100枚の... >>