栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 05月 04日

2509)「北芳樹(美術家) [Around the Roadcones] 」JRタワーARTBOX 3月5日(土)~5月31日(月)

  
北芳樹(美術家)

Kit_A(a.k.a KITA Yoshiki)
Around the Roadcones
 
     
 会場:JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
      中央区JR札幌駅構内
      (地上東コンコースの西壁面。東改札口の南側)
      問合せ・JRタワー展望室アートチーム
          電話(011)209-5075

 日程:2016年3月5日(土)~5月31日(月)
     (会期中無休)
 時間:8:00~22:00
      (最終日は、~20:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(4.30)


 JP札幌駅、そこが作品の設置場所。

 駅の風景から始めよう。


f0126829_7213944.jpg




f0126829_7231485.jpg




f0126829_724421.jpg




f0126829_7252434.jpg




f0126829_7254649.jpg




f0126829_7284145.jpg






f0126829_7285212.jpg





f0126829_729646.jpg



 映像だ。せわしない。
 画面は二分割され、「ロードコーン」が流れている。
 右側、目にも止まらぬ早業で、何が何だか分からない。「注意」して見続けていると、それが「ロードコーン」と気付く。僕は美術鑑賞家だ、そしてここが「美術展」と知っているから見続けた。果たしてどれだけの人の足を止めることができたか?
 対する左側はゆっくりとコマ送り、「ロードコーンを撮っているんだな」。


 (何を焦っている、キタヨシキ)。

 北芳樹は涙ぐましい努力で、「ここを見れ」と叫んでいる。
 なんて寂しいロードコーン、北芳樹にひな壇に飾られ、「見られているのか無視されてるのか」、気ぜわしく「ボックス」の中で一人走り回っている。

 愛すべき「ロードコーン」、いや、愛すべき北芳樹と言うべきか。何が哀しくて「ロードコーン」を見せたいのだろう。ロードコーンの形が可愛いから?赤白黄色のチューリップ模様が素敵だから?だって美術家だから。  
 「その存在を浮き彫りにする」と作家は自作を語っている。何の為に?「ロードコーンを人に見立てて、人の有り様を問う」ということ?現代社会への切り口?

 それにしても凄まじい早送り。札幌駅の人混みに負けじと走っている!焦っている!アタフタしている!そんなにどたばたして何処に行く、ロードコーンよ!キタヨシキよ!


 目にも止まらぬ作品ですが、以下、目に止まる形で紹介します。


f0126829_1027541.jpg
 



f0126829_10271745.jpg
f0126829_10274318.jpg




f0126829_10285624.jpg



f0126829_10291159.jpg






f0126829_11165124.jpg



f0126829_11173316.jpg



f0126829_11174522.jpg






f0126829_111823100.jpg


by sakaidoori | 2016-05-04 11:19 | JRタワーARTBOX | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/25189523
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2510) 「第29回 札輝展...      2508)③「群青展『鉄の灰』... >>