栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 01月 21日

2485)「経塚真代造形作家)[見ているのか 見られているのか]」JRタワーARTBOX 12月1日(火)~2月29日(月

  
経塚真代(造形作家) 

見ているのか 
    見られているのか
 
     
 
 

 会場:JR札幌駅東コンコース・JRタワーARTBOX
      中央区JR札幌駅構内
      (地上東コンコースの西壁面。東改札口の南側)
      問合せ・JRタワー展望室アートチーム
          電話(011)209-5075

 日程:2015年12月1日(火)~2016年2月29日(月)
     (会期中無休)
 時間:8:00~22:00
      (最終日は、~20:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(1.16)


f0126829_0323062.jpg




 ご存じ、駅前アートだ。ここでの魅力は通りすがりの人たちだ。楽しき通行人だ。
 しかも今回のタイトルは「見ているのか 見られているのか」だ。道行く人々を見ようではないか。幸い僕のカメラは彼等をピンボケでのショットだ。足早な彼等を見つめることにしよう。



f0126829_0202530.jpg




f0126829_0204210.jpg




f0126829_0213097.jpg




f0126829_0214737.jpg







f0126829_023390.jpg




 通行人を何とはなしに見つめてしまった。
 次はお人形さんを見つめることにしよう。




f0126829_036471.jpg

f0126829_036205.jpg




f0126829_03733.jpg

f0126829_0372087.jpg





 単純明快な作品だ。透明な箱の中で少年少女がいる・・・立っている・・・こちらを見ている。無表情で。
 大きな姿だ。大きいから、「私たちを見てよ!私たちもあなたたちを見ているから」と、強い存在感を示している。果たして道行く人々はどれほど彼等に関心があるか?そこは人形の哀しさ、ただ立ちすくむばかりだ。その姿は作家・経塚真代という存在の象徴かもしれない。

 二人の人形の頭には月と土星がのっかている。周りにはチカチカ星だ。頭の中は宇宙気分?ここは宇宙?

 それにこの二人、同じ顔に見える。きっと、男とか女とか区別したくないのだろう。子供気分だけがあればいい。もしかしたら男とか女とかを作家は考え過ぎているのかもしれない。だって、タイトルも「見る、見られる」と同じ事を言っているから。おそらく、自分への拘りだ。自分という存在の有り様を強く問うているのだろ。

 だが、大きい作品で勝負した。経塚真代の自立宣言みたいだ。



f0126829_13252840.jpg





f0126829_13254725.jpg


by sakaidoori | 2016-01-21 15:17 | JRタワーARTBOX | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/24877503
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2486)①「ドローイングマン...      2483)②「こここここここ(... >>