栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 02月 03日

2334)③「帯広小旅行 ②『防風林アートプロジェクト2013-14』」 (帯広市)防風林 2月1日(土)~2月16日(日)

f0126829_951984.jpg
f0126829_953361.jpg




防風林アートプロジェクト2013-14    





◯ 防風林アート 野外展示  
 
 会場:(帯広)空港線沿い防風林 及び 雪原 
      帯広市愛国町東1線9番
     電話:

 会期:2014年2月1日(土)~2月16日(日)
 時間:10:00~15:00
 入場:無料



◯ 関連企画:防風林アート参加作家展 

 会場:帯広市民ギャラリー A1-2 
     帯広市西2条南12 JR帯広駅地下1階
     電話:

 会期:2014年2月1日(土)~2月16日(日)
 時間:10:00~18:00
 入場:無料

※  防風林アートオープニング ⇒ 2/1 10:00~ 於・帯広市民ギャラリー
  アーティスト一言トーク  ⇒ 2/1 10:30~11:30 
  防風林アート見学会    ⇒ 2/1 13:00~15:00
  ミニシンポジウム     ⇒ 2/1 16:00~ テーマ「極限の寒さの中のアートと美学」
                 於・帯広市図書館視聴覚室
  


 主催:帯広テンポラリーアート2013実行委員会

 【参加作家】
  多数。(パンフを拡大して確認して下さい。)

 
ーーーーーーーーーー(1.31)


 2333)②に続く。




f0126829_1110369.jpg





f0126829_13502084.jpg
   ↑:16番 加藤哲(神奈川)、「ゆらぎの風景」・ブルーの農業用ポール約300本。



 青い線が印象的。








f0126829_11191822.jpg







f0126829_11194469.jpg
   ↑:28番 武井和典(音更)、「風土馬鈴」。




f0126829_11212215.jpg 何だか妙にリアルだった。「風土と馬」という関係の力か?シッポに絡んでいる箱は何なんだろう?荷台には違いないのだが、棺桶にも見える。
 それにしても北海道開拓期における馬の仕事ぶり、農家酪農家や林業運搬業と数え切れない活躍をした。今ではただただバンバレースに名残を留めるばかりだ。











f0126829_11312350.jpg
   ↑:45番 吉野隆幸(帯広)、「心象覚」・りんご箱。




 「りんご箱の人・吉野隆幸」だ。これはもう「りんご箱」の勝利だ。空箱りんご箱張り子の要塞だ。

 今展でも大作の部類に入る。人が昇り降りできないのだ残念だが、それは仕方がない。作家の大きな気分にひとまずは満足しよう。






f0126829_13534488.jpg





f0126829_1354132.jpg




f0126829_13541533.jpg
   ↑:39番 前田育子(白老)、「(ノンタイトル)」・信楽白粘土 釉薬。



 雪玉をかがり火台に、一直線に並べて白く燃えて雪の火の玉、陶景色。






f0126829_1443648.jpg





f0126829_1444922.jpg
   ↑:13番 伽井丹彌(帯広)、「雪霊(プシュケ)の系譜」・張り子人形 着物 他。



 これは抜群に面白かった。
 プシュケには違いないが、白痴怨霊美人のようで凄みがあった。この日の晴天の青空でも、風たなびく吹雪でも、闇夜でのスポットライトでも、樹上の七変化美女の見がいがある。こうして写真で見れば有り体のバージョンかもしれないが、冷ややかな現場の臨場感とはグッド・マッチングだった。人形師・伽井丹彌の隠れた晴れ舞台であった。 





 伽井人形の木立は丘の縁だ。その縁から眼下の景色が次の写真--。



f0126829_14233212.jpg




 写真中央に茶色に見えるのが作品だと思います。



f0126829_142420100.jpg
   ↑:17番 唐牛幸史(札幌)、「アンカー(原始の森に)」・陶。



 作品がどうのこうのといものではないでしょう。「この風景を見よ!」ということだろう。
 そうなんだけど、一瞬、フクロウを表現しているのではと思ったりした。






f0126829_14311788.jpg
   ↑:(子供たちの合作。)




f0126829_1432669.jpg




 草原を走る月列車のよう。キリリとした爽快感。





 ③に続く。

by sakaidoori | 2014-02-03 14:42 | [帯広]


<< 2335)③「第17回 多摩美...      2333)②「帯広小旅行 ①『... >>