栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 12月 05日

2323)「果澄 個展」大丸藤井セントラル 12月3日(火)~12月8日(日)

       
  


果澄 個展     



 会場:大丸藤井セントラル・7Fスカイホール
      中央区南1条西3丁目
       (東西に走る道路の南側)
      電話(011)231-1131

 会期:2013年12月3日(火)~12月8日(日)
 時間:10:00~19:00
      (最終日は、~17:00まで。)  

ーーーーーーーーーーーーーーーー(12.4)



 小柄な少女が丸い顔を膨らませ、太い目の玉でギラギラと暗い森を見る。そこのパワーを内に内に溜め込む・・絵画にエネルギッシュに重たく発散する。若いから明るくあどけなく・・・そういう果澄ワールドだ。
 
 会場風景を見て下さい。栄通氏言うところの、エネルギッシュさと重たさに着目して下さい。



 入口は--


f0126829_10395578.jpg





 入口からの右側--


f0126829_10405948.jpg






 入口からの左側--


f0126829_10414216.jpg





 衝立で仕切られた入口側と奥の部屋--


f0126829_10423668.jpg





 メインの奥の部屋です--


f0126829_10531213.jpg





f0126829_1044396.jpg




 

f0126829_1103632.jpg
   ↑:「鯨森」。





f0126829_1104764.jpg
   ↑:「トムラウシ」。



 青の好きな画家だ。澄み渡る空色、ではなくて宇宙的な黒い青。沖縄の珊瑚の海色、ではなくて日本海的というか深海的な黒い青だ。

 北海道の人間は比較的淡泊だ。が、絵画となるとなぜかしら淡泊は飛んでいき、べったり感が強い。果澄もそうだ。

 果澄絵画はべったり感というか重いのだが、若き新鮮なエネルギ-を隠さない。マグマ溜まりの中で生き物がピチピチしている。「あ~、若さだな~」と、うっとり見とれてしまった。


 やはり圧巻は上の2点だ。

 大きい。
 大きいことが好きだから画題も「鯨」で大きい。
 もっとも「鯨森」は大通公園の8、9丁目辺りを指す言葉だ。なぜかしらそこだけが鬱そうとした自然の相を残し、「鯨の森」と呼ばれていた。今は完全公園化で、その面影はない。
 果澄はその地形近くの美系専門学校を卒業した。1987年生まれの人だ。現在26歳か?森の好きな画家の卵が、今は無き森の跡地に夢を膨らませていたわけだ。
 そして、鯨だか森だかへんてこりんな「鯨森」が誕生した。


 もう一つの大作は「トムラウシ」。大雪山系の名山・トムラウシは有名だが、その山の意味ではない。
 画家は「トムラウシ=花が沢山咲くところ」と語っていた。素晴らしい解釈だ。果澄版「銀の滴ふるふる」だ。北海道の大地に花を見て、咲き乱れ舞う姿を夢見ているのだろう。「トムラウシ」は理想郷なのだろう。それはまさしく彼岸花だ。

 (地名研究家の山田秀三氏は、自信なく「トンラ・ウシ [tonra-ush-i] トンラ(一種の水草)・が生えている・もの(川)」と解釈している。)


 人物は皆無だ。果澄ドリームには男女の綾など吹っ飛ぶのだろう。基本は八百万的な山川草木、生きとし生きるものへの愛だ。ただ、柔な愛は欲しない。小さな愛と夢物語をドドーンと絵画で花開かせて、みんなでを大きく抱きしめ合うのだろう。




f0126829_13443395.jpg
   ↑:「背美鯨と空」。




f0126829_13452855.jpg
   ↑:「羆と森」。




f0126829_13481784.jpg
   ↑:「きぼうの樹 -ハミングバード-」。




f0126829_13501281.jpg
   ↑:左から、「名もなき花」、「向日葵」。


 この両点は異色だ。「明るさ」全開だから。間違いなく暗さを好む画家だ。ただただ明るいだけでは不満だろう。でも描く。世界を拡げるために。




f0126829_1358735.jpg



 ブックス・アートのような、ボックス・アートのような作品がある。大きい心を描く人だが、根っ子はこういう宝物ような小さな世界で遊んでいるのだろう。使い切った感じの古物が好きなのだろう。だから箱だ。気持ちが一杯になって言葉も生まれる。だから本だ。



f0126829_1424174.jpg




f0126829_143255.jpg




f0126829_1432847.jpg
f0126829_1433990.jpg




f0126829_144914.jpg









f0126829_146697.jpg


by sakaidoori | 2013-12-05 14:15 | 大丸藤井スカイホール | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/21026366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2014-01-04 18:04 x
今年も楽しませてください。
それにしても、札幌にはギャラリー増えましたね。
でも、パリには八百ほどの有名ギャラリーがあるのに比べ、東京なででもまだまだです。これから札幌も北海道の中心として、多くの画家が生活できる場になるといいですね。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2014-01-21 09:33 x
冬は会場開いていても、展覧会は少ないですね。
寒いと会場の暖房費もバカになりませんし・・。
あったかくなるまで辛抱ですか・・。


<< 2324)「森迫暁夫個展 ~ぜ...      2322)②「『Timeles... >>