栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 11月 01日

2285)「本間輝子 染色作品展」時計台 10月28日(月)~11月2日(土)

   



本間輝子染色作品展 



 会場:札幌時計台ギャラリー
    中央区北1条西3丁目・札幌時計台文化会館
    (東西に走る仲通りの北側のビル)
    電話(011)241ー1831

 会期:2013年10月28日(月)~11月2日(土)
 時間:10:00~18:00 
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーー(10.28)


 作家は帯広在住で、染色作品展です。
 染色との出会いは26年前ですが、札幌での個展は初めてのことです。
 展覧会は華やかで元気が良い、しかも札幌初個展です。是非とも掲載報告です。会期には遅れ気味になりましたが、何とか最終日には間に合いました。

 (以下、敬称は省略させていただきます。)



f0126829_2123022.jpg




f0126829_21233475.jpg




 会場左側は以下の作品群。



f0126829_2254616.jpg
   ↑:①。



f0126829_226574.jpg




 染めとの出会いは26年前。が、工芸ではなく、今展のような個性重視の美術作品になったのはいつ頃からか?10年前位の旧作があった。その頃からか?だとしたら、まだまだこれからの人だ。

 そんなことより、新作から載せていきます。


f0126829_2212297.jpg
   ↑:左側、「譜(ポピー)」・2011年 F100。
   ↑:右側、「譜'12」、2012年 F100。


 爛熟ポピーに、元気印のポピーだ。花の生命力に魅せられたんだ。もらった元気はきっちり姿にして、他の人にも与えねばならない、そんな使命感すら感じる作画(染め画)姿勢だ。

 だが、作家はまだまだ「求めている」のではないか?
 確かに花弁は満開乱れ花であり、胞子のような種子のようなツブツブは、明日の主役として天空に飛び立つ勢いだ。
 が、茎は意外にも遠慮がちだ。本当は、この茎にも妖艶な姿で画面上空に立ち上がらせる!うねりながらグイグイと伸ばしたかったのではなかろうか!それでは、花や種子が頑張っていて、あまりにも画面がうるさくなると思ったのではないか!僕には、茎が「オレにも主役の片割れにしてくれよ」と、心で訴えているように見える。

 確かに四角四面の領域がある絵画ではバランスも重要であろう。が、伸びきれない茎が不自由に見えるのは、まだまだ作家が元気200%を主張していない証だと思う。溢れる勢いを持っている本間輝子だ。一度は限界ギリギリまでのパワー染め画も悪くはないのでは。



f0126829_22354387.jpg
   ↑:「夏陽」、2012年 138×102㎝。


 この茎を見ていると、遠慮がちに作品を収める姿勢を感じる。実にもったいない。右側にもう一対、「乱れ茎」の衝立があれば完璧だ。怒濤のような女性パワー!格好いいと思う。



f0126829_22391452.jpg
   ↑:(①の作品群の中の部分図。一番左側。「清華」・1996年 165×114㎝。)


 7年前の作品。可憐に丁寧に、を基本にしながらも、溢れるエネルギーをどこで処理しようか?そんな勢いがある。






f0126829_22514730.jpg
   ↑:「清命(響)」・2010年 F100。





f0126829_22421974.jpg
   ↑:左側、「清命」、2002年 F100。
   ↑:右側、「清命燁燁」・2006年 F100。



f0126829_22591741.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)


f0126829_22593022.jpg
   ↑:(上掲作品の部分図。)





 今改めて制作年順に流れを見ると、チョー激しい時期から、若干激しさを押しとどめて、形をより決めようとしているみたい。だからといって、「消去」に進むわけではないだろう。こうして自作を一気に眺めて、作家自身もあれこれと確認しているのだろう。




f0126829_232773.jpg




f0126829_2365742.jpg



f0126829_237723.jpg



 草木染めです。化学染料とは違った柔らかい明るさです。草木染めはもっと重厚な色というイメージだったが、そこは染色家のさじ加減なのだろう。




 最後に小品を載せます。



f0126829_23103680.jpg
   ↑:「エゾカンゾウ」・1993年 49×51㎝。



 旧作。
 線に対する情熱を思う。作画の流れを見ると、主にボリューム感を追求してきたようだ。線への愛は薄れたのだろうか?



f0126829_23145123.jpg
   ↑:「白い花」・2008年 69×56㎝。




 迫力バンバン、命乱舞の楽しい個展だった。
 本間輝子は道展会員でもある。帯広在住だから、道展でその姿を見ることができる。が、やはり個展だ。他人の作品など気にせず、自分だけを晒すことになる。

 ここまで晒したのだ。もっともっと晒して、更なる生命賛歌を見たいものだ。個展だったら額装をはみ出ることもできる。コラージュだってあるだろう。
 一部屋をゆらりと揺れる生地模様が埋め尽くす。作家の名前のごとく、輝子の「輝きワールド」、色々何でもありの本間輝子・草木染め、染色ワールド・・・そんな妄想を勝手に描いてしまった。

by sakaidoori | 2013-11-01 23:55 |    (時計台) | Trackback | Comments(4)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/20741358
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2013-11-02 03:12 x
染色・・なかなかの色彩感覚と伝統の上に新しい挑戦。
意欲的ですね。
Commented by sakaidoori at 2013-11-03 00:25
> 根保さんへ

 本当にそうですね。

 コメントのない当ブログです。こうして反応があると励みになります。いったい、どこまで「栄通記」は読まれて(利用されて)いるのかと、一人相撲をとりかねません。

 いつもコメント、ありがたいです。
Commented by 根保孝栄・石塚邦男 at 2013-11-04 03:58 x
苫小牧市立美術博物館がオープンして、貴重な展示会を開くことのできる設備になり、胆振東部・日高の拠点美術館の機能を果たせる体制になりました。道立ではありませんが、富裕都市苫小牧ならではの機能強化です。
何かの折に、ぜひ取材してください。お知らせしますので・・。
Commented by sakaidoori at 2013-11-04 11:09
>根保孝栄・石塚邦男さんへ

 苫小牧市立美術博物館の新装開設、おめでとうございます。

 新しい美術館コーナーにはまだ行ってはいません。機会があれば是非行くつもりです。
 ただ、他のところでもそうですが、「取材」として見に行くことはないでしょう。美術の楽しみ、北海道を知る知的欲求としての訪問であり、美術鑑賞です。
 それと、当館では写真撮影はできないと思います。ですから、「栄通記」の対象からは遠い存在です。写真撮影不許可な美術展を掲載しないわけではありません。どうしても記録のために残したい時は、参考資料などを入れて印象を残す場合もあります。ですから、結果的には公立美術館は栄通記の対象外になりがちです。

 最近、有島記念館のギャラリー関係を多く載せています。公立ですが、掲載許可を頂けたので載せています。
 本郷新彫刻美術館は、最近、展覧会によっては積極的に一般鑑賞者の写真撮影を解放しています。
 苫小牧も、そういう機会があればと願っています。

 それはそれとして、当館の展覧会案内や資料等がありましたら郵送して下さい。積極的に「栄通記の案内板」などに掲載したいと思います。


<< 2286)「藤野千鶴子 展」時...      2284)②「第25回 有島武... >>