栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 10月 22日

2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)




  

久山春美 日本画展
    「日々の彩り 2」
 
        


 会場:カフェ&ケーキ&ギャラリー・北都館
     西区琴似1条3丁目1-14
      (地下鉄琴似駅5番出口。
       第一病院向い)
     電話(011)643-5051 
 
 会期:2013年10月14日(月)~10月20日(日)
 休み:年中無休
 時間:10:00~22:00
     (最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(10.19)


2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_11141654.jpg



2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_11144343.jpg





2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_1118592.jpg




2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_1119914.jpg





 店内には作品が一杯一杯!明るく、可愛く、健康的、ちょっと未完成もあるかな?ちょっと不思議空間もあるかな?古風で正直な小娘気分の、素直な個展だった。

 こういう作品をゴチャゴチャ言っても始まらないのだろう。
 本日22日は秋晴れで爽快な日だ。そんな天気に負けないような、若い日本画家の良い気分を載せていきます。
 「えっ?」
 「普通の静物画じゃん」
 そうです。でも、そう仰らずに、普通に爽やかに楽しんで下さい。




2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_1252129.jpg
   ↑:左から、「夏の華」、「紫(ぶどう)」。


 入り口で、真っ先に見る作品だ。このまるまるとした大きさ、画家の気持ち良さがそのまま膨らんで伝わってくる。それにしても、こんな風に大きく描く画家だったのか?実際、この2点は他とは違う感じだ。特に左側の花の作品。小品だから可能だったのか?きっと、彼女の画風の一側面が他に邪魔されずに強く表にでたのだろう。




2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_12152329.jpg
2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_12153556.jpg
   ↑:左から、「小さな春」、「夏の庭」。



 まるまるした作品の次は、線描というか、点描というか、コロン描というか、湧き出る湧き出る夏気分だ。もっと正直に言えば、「小さい幸せ発見」だ。




2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_1225374.jpg
   ↑:「りんごふたつ」。


2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_1226838.jpg
   ↑:「きいろい花」。



 いろいろと表現するものだ。

 彼女は昨年もここで個展を開いた。テーマは四季だ。
 今回は「夏」。随分と明るい絵が多い。夏気分だから明るいともいえるが、そればかりではないだろう。ようやく、社会人として描くことと、働くこととを、上手い具合に両立し始めたみたいだ。





2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_1127994.jpg




2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_17134230.jpg




2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_179321.jpg





2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_17191346.jpg
   ↑:「紫陽花」。



2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_17195871.jpg
   ↑:「湖」。



 入り口から奥へと、いろいろとムードを代えながらの展示だ。楽しき夏心百景だ。





2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_17212521.jpg
2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_17214117.jpg
   ↑:左から、「青い池」、「(?)」。



 一番奥に鎮座する2点。こんな気分で50号位を描きたいのかもしれない。「明るく爽やか、でもそればかりではないよ」、そんなチラリズムがチラチラ輝いていて、自分の心をどんな風に膨らますかを確認しているみたい。




2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_1728781.jpg
   ↑:「台北」。


 台湾台北は不夜城だ。夜市と呼んでいたか、深夜0時でも健康的に酒を飲み交わし、食事をしている。そんな賑々しさは絵画からは伝わらない。日本人にはいたって好意的な街だから、異空間とリラックスムードが混在した絵になったのだろう。「台北」と呼ぶには迫力不足だが、久山春美という真面目な女性が、台北に取り組んだ姿勢が良い。外国に行って、普段とは違う感覚を絵に残す、画家らしい。



2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_17412077.jpg
   ↑:「ワルツ」・紙本彩色 57×57㎝ 2008年。


 DM作品。ちょっと旧作。愛着があるのだろう。果たして今回の新作はこの絵に勝ったか?どんな変化が生まれたか?作家自身がしげしげとあれこれ感じていることだろう。勝負や変化よりも、今も描き続けている姿にうっとりしているかもしれない。それが一番だ。



2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_17461559.jpg
   ↑:「サークル」。


 この作品も旧作の部類とのことだ。確かに、以前はこんな感じがあった。何となくクエッションがあって、そこが好きだった。




2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_17494433.jpg







2273) 「久山春美 日本画展 『日々の彩り 2』」 (カフェ)北都館 終了/10月14日(月)~10月20日(日)_f0126829_1835596.jpg


 「夏の次は秋ですよ」と、言いたいのだろう。確かに、憂いを感じる空気になった。でも、絵は楽しそうだ。


 

by sakaidoori | 2013-10-22 18:21 | (カフェ)北都館


<< 2274)「松田郁美 作品展」...      2272)「第2回 食とアート... >>