栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 09月 02日

2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)

  

  

宮地明人小品展 

  -それぞれの情景
 
        



 会場:カフェ&ケーキ&ギャラリー・北都館
     西区琴似1条3丁目1-14
      (地下鉄琴似駅5番出口。
       第一病院向い)
     電話(011)643-5051 
 
 会期:2013年8月26日(土)~9月1日(日)
 休み:年中無休
 時間:10:00~22:00
     (土・日曜日は、~19:00まで。最終日は、~17:00まで)

ーーーーーーーーーーーーーーー(8.31)


2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_1012924.jpg



 
 宮地雰囲気、宮地カラーをしんみりと浸ってきた。

 持ち味は描写力と独自の雰囲気。セピアとは言わないのだろうが、一気に別の世界に運び込んで、美と詩情を醸し出す。

 今展は小品ばかりだ。
 いつもの大作は若い美人が主役だ。どうしても男のロマンとして見てしまう。もちろんそれは、画家の異質の一つだから仕方がない。だが、それと同時に「何か」を追い求めているはずだ。
 そういう意味で、若い乙女に引っ張られずに、画家の世界を楽しめた。




2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_10285536.jpg




2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_1029936.jpg
   ↑:「ポプラのある風景」・F6。



 自然な緊張感があった。



2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_10311265.jpg
   ↑:(キャプションなし)。


 豆腐と皿と闇、あまりない画題だ。ロマン派画家としては豆腐はそんなに描いていないだろう。質感と、豆腐自体の重みの動きを表現したかったのか。そこに闇だ。高橋由一を思い出した。

 間違いなく試みだろう。小品ばかりの個展にはこういう例外的な作品があるから面白い。やっぱり、小なりとも個展だ。



2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_10361597.jpg
   ↑:「柳葉魚」・SM。


 魚も珍しい。無理な動きがないだけ宮地・ワールドだ。
 「生きる」という「生命力」に詩情を織り込む画家だ。「生」には「死」がつきものだし、そういう生命観をモチーフにしているのだろう。
 ただ、僕自身が「生死」とか「命」を語るタイプではない。それに画家は限りなく若い。やはり静かな中にある「健全な生命力」に魅力を感じる。




2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_1044725.jpg




2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_10473316.jpg
   ↑:「マルメロ」・F6。



2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_10484448.jpg
   ↑:「sense」・M10。



 今展では唯一大きめで本格的女性(美人)画だ。
 若い美人を描く人だが、可愛くとか、笑顔はあまりない。ややこわばったきつい表情が多い。
 外面より内面を表現したいからだろう。視線、頬の貼り具合、髪型の勢いなどで、微妙な感情の起伏を、一色に近い宮地カラーで惹きだす。しかも詩情を綾なして。




2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_10581072.jpg




2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_10585018.jpg
   ↑:「ラズベリー」・SM。



 物の集積・群集も珍しい。同じものが密集すると、画家はマジシャンになる。表向きの美と同時に醜も現れる。美醜、明滅、清濁、そして生死・・この作品はそこまで書くとオーバーになるが、その余韻を感じる。



2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_1192810.jpg
   ↑:「窓」・F0。




2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_11114012.jpg




2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_11115718.jpg
   ↑:「向こう側」・F3 。



 画題をタイトルにすることなく、「窓」、「向こう側」というあらぬ命名だ。窓の向こうの見えそうで見えない、無さそうで在る世界を絵にしたいのだ。



2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_1117633.jpg
 




2183) 「宮地明人 小品展 -それぞれの情景-」 (カフェ)北都館 終了・8月26日(土)~9月1日(日)  _f0126829_11171531.jpg


by sakaidoori | 2013-09-02 11:40 | (カフェ)北都館


<< 2184)「中橋修 展 -内包...      2182)②「第58回展 新道... >>