栄通記

sakaidoori.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2013年 08月 28日

2171)「デジタル絵画研究室展 (北海道教育大学デジタル絵画研究生展)」 時計台 8月26日(月)~8月31日(土)

  


デジタル絵画研究室展 


北海道教育大学デジタル絵画研究生による展覧会 
      
        


 会場:時計台ギャラリー 2階 C室
      中央区北1条西3丁目 
       札幌時計台文化会館
      (中通り南向き)
     電話(011)241-1831

 会期:2013年8月26日(月)~8月31日(土)
 時間: 10:00~18:00 
      (最終日は~17:00まで。)   

ーーーーーーーーーーーーーーーーー(8.27)


 北海道教育大学美術研究室展が続く。案内も頂いたことだ。失礼かも知らないが、載せ続けよう。
 これからも形を変えて教育大グループ展は続くだろう。そうそう全部は掲載不能だろう。続けれる時は続けよう。



 当ブログ定型の全体風景から載せます。


f0126829_10152311.jpg



f0126829_10153712.jpg




 もう少し小割にして載せます。クリックすれば大きくなります。それだけで今展の概要はわかるでしょう。
 それから、駄文が続きます。



f0126829_1144358.jpg




f0126829_114566.jpg




f0126829_1165236.jpg




f0126829_117833.jpg




f0126829_1172661.jpg





 2年生から4年生の参加、ほぼ全員集合でしょう。


 写真を見てもわかると思うが、発表姿勢がコンパクトで、新人2年生に会わせている感じだ。どう転んでも4年生の方が発表経験も技術も上だ。圧倒的に2年制を四隅に追いやる、そんな勢いではない。地元である岩見沢の狭い会場でなら仕方がない。ここは腐っても東京以北では最大級の街札幌だ。しかも時計台には一般的絵画ファンが沢山来る。もっと、2年生らしさ、3年生らしさ、4年生らしさを発揮して、自分の名前を、制作姿勢をアピールすればと思う。要するに、「オレだ、オレだ、ワタシだワタシだ!」だ。
 以上はデジタル研究室展だけではない。総じて全ての研究室展にある程度いえることだと思う。


 さて、当デジ研の特徴は、新絵画展といった感じだ。肉筆絵画を相対化し、デジタルを応用して絵画の可能性を広げようといている。その意味では、個々の作品の出来映えとは違って充分楽しんだ。写真を応用した作品が少ないのは残念だが、それは学生自身が「絵画」を主な動機として当大学に入ったからだろう。写真も自在にこなす、そうなればデジ研としてはバッチ・グーだ。
 それと、キャプションの自己紹介が面白かった。字も大きく見やすかった。

 やっぱり、各自2点は見たい。上下に組んだりして可能だと思う。どうしても無理だっら減らす・・・。





f0126829_11323287.jpg
   ↑:2年・松原将隆、「French Night」・Photoshop マット紙。


 写真のことを書いたが、いきなり写真のようなリアルな作品だ。いわゆるスーパ-・リアリズムだ。直描きしてパソコンに取り込み、そこで適当に加工してプリントしたのだろう。あるいはパソコンで描いたのかもしれない。写真はパソコンに取り込むのではなく、描く資料だろう。

 本人の説明書きによると、2歳から車を描き始めたらしい。車なら何でも描けるのだ。
 それほどのカ-キチならぬ、カ-描きだ。
 「車の松原」で覚えておこう。







f0126829_11324449.jpg
   ↑:2年・高橋一矢、「海溝」・Photoshop マット紙。


 抽象画が好きな学生が、とりあえず抽象に可愛くチャレンジ、でしょう。特に作品に言うべき言葉はない。

 本人とモジャモジャ会話をした。日ハムの糸井選手のようなワイルドでイケメンな男だ。そのパワフルさを生かして、「壁一杯抽象画運動」をしたらいいのに。
 聞けば、研究室には立派な複写機があるという。かなりの大きさがプリント可能だ。紙代は仕方がない。出来映えは問わない。「オレの抽象画とはどんなのだろう?」日頃感じている高橋・抽象ワールド、その試みを大きく見せて欲しい。




f0126829_1521015.jpg
   ↑:3年・白馬茉実、「ぐにゃり」・アクリルガッシュ モデリングペースト 水彩紙。


 なんぞで分厚く下地を作り、色を塗って、「ぐにゃり」だ。平面作品というよりも立体さながらの壁画みたい。というか、学生自身の自己改革のためのチャレンジ作品のようだ。深い意味はない。絵画と工作を同時の取り扱い、そこから再出発という意志だ。




f0126829_15141934.jpg
   ↑:2年・太田歩夢、「エスターテ」・SAI Photoshop 光沢紙。


 名前と同様に、淡い夢気分です。




f0126829_17283932.jpg
   ↑:2年・天野なつみ、「201308」・Photoshop 光沢紙。


 完全パソコン制作。普通の水彩みたいで驚く。
 画題的にも雰囲気的にもちょっと普通になりすぎたのが欠点。
 「爽やかさ」を求めていたはずなんだが、橋の「壁」が強調されて、主題とは別になったのも欠点。
 上の自然はあまりにも普通すぎたが、下の川と影は面白い。上部の三分の一は少しだけ空を入れて削りたいな。
 そんな会話を学生と交わした。絵に冒険心を、と思った。




f0126829_1746480.jpg
   ↑:4年 酒井安莉沙、「dreamin'」、Photoshop マット紙。


 さすがは4年生だ。色出しや雰囲気は上手いもんだ。
 自分と風景との隙間に焦点を合わせているのだろう。一種の心象風景みたい。真ん中の輝きは印象的だが、僕的には、目立つ輝きよりも、抜ける窓のよう部分があった方が不思議さが増すのではと感じた。
 学生は、見つめ直す風景よりも、自分を震いだたせる風景に感じ入ったのだろう。



f0126829_17541240.jpg
   ↑:(全作)4年 竹島亜実。左側、「exchange」・ペン画 インク つけペン 水彩紙。
   ↑:中央、「glass tank」・線描画をデジタル加工 ペン SAI Photoshop 光沢紙。
   ↑:右側、「spider web」・ペン画 インク つけペン 水彩紙。



f0126829_1831517.jpg



 線描画に拘っているから記録しておかねば。
 機械仕掛けで全面を覆うタイプみたい。描いている凄みは伝わる。が、描かれた世界の自己主張となると弱い。描く強い情念意欲意志と、作品としての結果に断絶があるようだ。画面を絵画としてまとめるからだろうか?これほど描くという行為をむき出しにしているのに、結果は何かを隠すかたちになっている。何故だろう?



f0126829_18183933.jpg
   ↑:4年 小島小夜、「言わない気持ち」・Photoshop インクジェット 顔彩等 画用紙 光沢紙。



f0126829_18232560.jpg



 先日、ギャラリーたぴおで個展を終えたばかりだ。実に格好良く焦点を絞っての展開だ。「言わない気持ち」と言うけれど、随分とちゃんと言っている。もっとも、その理解は誤解だろうが。
 朦朧として物言わぬ風情だが、大きな外の世界とチャンと向き合っている。自分の心の中のロマンスの世界から、自分と外との対話の始まりだ。



f0126829_18282812.jpg
   ↑:3年 佐藤菜摘


 当ブログではお馴染みの佐藤菜摘だ。これからも登場するでしょう。

 今回は感想省略。代わりに簡単なプロフィールを載せます。

     1992年 夏生まれ
          秋田県湯沢市出身、岩見沢市在住。

  「・・・、言葉も視線も難しいな、と思ってかいてます。



     ~~~~~~~~~~~


 この日はひどい土砂降りだった。

 時計台ギャラリーからの雨風景。左側の階段に注意して下さい。滝になっちゃった。



f0126829_18335571.jpg


by sakaidoori | 2013-08-28 19:05 |    (時計台) | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://sakaidoori.exblog.jp/tb/20286519
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]


<< 2172) 「(古館章個展 ~...      2170)「私大合同展 (4大... >>